スポーツ栄養の基本は「正しい栄養学」。 基礎を磨き、実践へと活かす

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

スポーツ栄養の基本は「正しい栄養学」。
基礎を磨き、実践へと活かす

2021.05.01

提供:女子栄養大学

メイン
テーマ

スポーツ栄養の基本は「正しい栄養学」。
基礎を磨き、実践へと活かす

みなさんは「管理栄養士」という専門職を知っていますか?
健康な人への食事や栄養についてのアドバイスだけでなく、ケガや病気に苦しむ人にも栄養指導ができる“食と栄養のプロフェッショナル”です。高度な専門知識と技術を活かし、トップアスリートに帯同する管理栄養士など、スポーツ分野における活躍も注目されています。
女子栄養大学教授 上西一弘先生の「栄養生理学研究室」は、大学駅伝やバレー部、ラグビー部など数々の強豪チームを栄養面からサポートしています。その取り組みについてお話を伺いました。

この記事をまとめると

  • 基礎なくして実践なし!正しい栄養学を修得
  • 強豪チームでアスリートをサポート
  • 高校生のうちに豊かな食体験を積もう!

スポーツ愛好家からアスリートまで。幅広く支えるスポーツ栄養

栄養学の対象は、子どもから高齢者、傷病者など幅広く、食・栄養・健康の専門職である管理栄養士は、学校、高齢者施設、病院、企業など多種多様な分野で活躍しています。
アスリートも対象のひとつであり、スポーツ愛好家から部活動で運動する子どもたちや学生、プロスポーツ選手、トップアスリートなど多岐にわたります。対象者を理解し、対象者に合わせたサポートを行うことが重要です。
スポーツ栄養の基本は「正しい栄養学」であり、これはすべての対象者に当てはまります。
最適な栄養サポートの実践には、根幹となる栄養学の基本をきちんと身につけなければいけません。現代はメディアやSNSからの情報があふれ、なかには誤ったダイエットや筋肉に関する情報が出回っています。スポーツ分野の管理栄養士には、正しい栄養学を基盤に、選手の食事調査や身体計測についての知識と実践力、血液検査や体組成のデータを読み取る力が求められます。

強豪スポーツチームでの実践。個々に合わせた栄養管理・栄養指導

女子栄養大学「栄養生理学研究室」では、主に高校や大学の競技スポーツを対象に栄養サポートを実践しています。現在の提携校スポーツは、野球・サッカー・ラグビー・陸上・バレーボール・ボート部など多種多様。学生は、4-5人のグループで数十人の選手が所属するチームを担当し、増量や減量など競技特性にあった身体づくりをサポートします。
各チームからサポートのご依頼を受けた際は、まず選手たちの健康状態や食事を把握する調査を行います。「プロテインを使ったほうがいいですか?」という質問を受けることもありますが、その答えは今の食事次第。食事調査から朝食抜きとわかると、まずは朝食をとることから栄養指導が始まります。
家庭で食事を作る保護者の方の協力を得るため、食事指導の講義やレシピ発表会を行うことも。学生たちは、例えばレバーが嫌いでも美味しく食べられるレシピなどを考え、保護者の方たちと一緒に調理する会を企画、実施しました。

管理栄養士に求められるコミュニケーション力とチームワーク

女子栄養大学 上西 和弘 教授

女子栄養大学 上西 和弘 教授

管理栄養士はコミュニケーション力やチームワークが求められる仕事です。チームの監督やコーチ、トレーナーとの連携は欠かせません。始めは自信がなく上手く伝えられない学生も、現場での実践を通してコミュニケーション力が育まれています。

また選手の身体状況という「究極の個人情報」を扱うため、口が堅いことが必須です。研究室ではSNSを禁止。学生たちは高校生の選手に対して「◯◯さん」と呼び、上から目線の指導にならないようサポーターとしての役割を意識しています。

管理栄養士をめざすみなさんは、ぜひ今のうちにいろいろな食体験を積んでください。健康的な身体づくりの基本は、さまざまな食品から必要な栄養素をとることです。そしてさまざまな食べ方を体験してほしい。生キャベツが苦手な人もロールキャベツだったら美味しく食べられるかもしれない。みなさんの美味しく楽しい食体験が、アスリートのパフォーマンス向上につながります。

【広告企画】提供 : 女子栄養大学

この記事のテーマ
栄養・食物」を解説

生きるためだけではなく、よりよく健やかな毎日を支えることが、栄養・食物を学ぶ目的です。栄養学は食物に含まれる栄養素や、生理学の知識をふまえた栄養指導法を学びます。食物学では人によって摂取しにくい食材を食べやすくしたり、よりおいしく食べるための調理方法の研究なども行います。

「栄養・食物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「栄養学」
はこんな学問です

栄養と健康との関わりや調理・加工方法などについて研究する学問。食を通じて人々の健康維持や医療分野に役立てることを主な目的としている。学ぶ分野には、解剖学や病理学を用いて研究を行う「医学・科学分野」、医療現場での栄養指導など臨床的な視点から栄養を学ぶ「臨床栄養学分野」、公衆衛生学など社会と栄養との関わりを学ぶ「社会環境分野」、材料化学や調理学、加工学などを学ぶ「食品品質分野」などがある。

「栄養学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける