保育現場の大きな課題、「食物アレルギー」に詳しくなろう。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

保育現場の大きな課題、「食物アレルギー」に詳しくなろう。

2021.05.06

提供:愛知文教女子短期大学

メイン
テーマ

保育現場の大きな課題、「食物アレルギー」に詳しくなろう。

社会やまちをつくるものは、なんでしょう。制度、仕組み、先端技術、すべて正解ですが、そこには「ひと」という答えもあると思います。ひとの思いやりや工夫が、ひとを支え、社会や未来をつくります。たとえば、幼稚園の先生や保育士。これから保育者を目指すひとは、コミュニケーションや音楽のスキルはもちろん、「子どもの食物アレルギー」について学んでおくべきかもしれません。保育現場には今、食物アレルギーに関する事故が後を絶たない現状があります。みんなで一緒に食べる、そんな喜びと安心を叶える方法とは?

この記事をまとめると

  • 「子どもの食物アレルギー」に関する保育現場の現状。
  • ひとを育てる、愛知文教女子短期大学の実践的な学び。
  • 食物アレルギーの知識はどのように役立てられるのか。

食物アレルギーを持つ園児は、約5%から10%とも。

近年、「子どもの食物アレルギー」は、大きな社会問題となっています。就園児の約5%から10%に食物アレルギーがあると言われ、その割合は増加傾向です。そのような状況のなか、保育所の約5割が誤配や誤食による危険事態を経験しているというデータもあります。保育現場ではこれまで以上に、食物アレルギーの知識や園内での多職種連携が求められています。

子どもの発達段階や体質、家庭環境や興味は、一人ひとりで異なります。保育者として、さまざまな個性を持つ子どもたちの、それぞれの健やかな成長を支えるためには、多くの引出しが必要となります。給食とは、子どもたちの心と体を育む大切な存在です。食物アレルギーを持つ子も、そうでない子も、みんなで一緒にテーブルを囲み、楽しんで食べられるように。そして、成長に必要な栄養を、安心して、しっかり摂取できるように。調理師や栄養士だけでなく、保育者だからできることがあります。

食物アレルギーの子どもを守る、ひとを育てる学び。

愛知文教女子短期大学は、食物アレルギーに関する教育を重視。授業のなかに多職種連携を導入するなど、「ひとを育てる学び」を重視しています。幼児教育学科では、食物アレルギーの基礎知識や食物アレルギー疾患対応を、具体的事例とともに学習。さらに実践を交えながら、代替食品を使った食物アレルギー対応食の調理、エピペン注射の練習、誤配・誤食事故の防止、アレルギー症状を発症した時の対応、災害時保護者対応などの知識・技術を身に付けます。

同学には「食物アレルギー教育研究トレーニングルーム」が完備され、調理実習やアクティブラーニングを通して、現場で不可欠な他職種連携を学ぶこともできます。また、学食でのクリスマスイベントでは、食物アレルギーのある子どもとその家族を招き、「食物アレルギー対応のフルコース料理」を提供。献立考案から調理、メニュー表作成、歌や演奏のおもてなしまで、すべて学生が行っています。

通常食との違いが理解できるから、戸惑うこともない。

「食物アレルギーの知識や対応食について学んだおかげで、通常食とどの食材がどう違うのかが理解でき、戸惑うことなく配膳できています」。そう話すのは、保育園で働く愛知文教女子短期大学の卒業生です。「食物アレルギーを持つ園児は多く、担当する1歳児クラスにも2人います。授業での学びは、安全な配膳はもちろん、危険予測にもつながるなど、さまざまな場面で役立っています」。保育者として大切なのは、すべての子どもとその家族のために、どんな支援ができるかを常に考え、新しい情報を積極的に収集する姿勢。食物アレルギーの子どもを守るための学びは、笑顔あふれる社会や未来をつくっていく上で欠かせません。

なお、愛知文教女子短期大学の食物アレルギーに関する活動は、「特色ある大学教育支援プログラム」や「私立大学研究ブランディング事業」といった、文部科学省の事業採択プログラムに選ばれた実績もある、本学独自の学びです。

【広告企画】提供 : 愛知文教女子短期大学

この記事のテーマ
栄養・食物」を解説

生きるためだけではなく、よりよく健やかな毎日を支えることが、栄養・食物を学ぶ目的です。栄養学は食物に含まれる栄養素や、生理学の知識をふまえた栄養指導法を学びます。食物学では人によって摂取しにくい食材を食べやすくしたり、よりおいしく食べるための調理方法の研究なども行います。

「栄養・食物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「栄養学」
はこんな学問です

栄養と健康との関わりや調理・加工方法などについて研究する学問。食を通じて人々の健康維持や医療分野に役立てることを主な目的としている。学ぶ分野には、解剖学や病理学を用いて研究を行う「医学・科学分野」、医療現場での栄養指導など臨床的な視点から栄養を学ぶ「臨床栄養学分野」、公衆衛生学など社会と栄養との関わりを学ぶ「社会環境分野」、材料化学や調理学、加工学などを学ぶ「食品品質分野」などがある。

「栄養学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける