筋肉痛の原因や予防法を研究し、 アスリートやスポーツ好きの人をサポート

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

筋肉痛の原因や予防法を研究し、
アスリートやスポーツ好きの人をサポート

2021.05.01

提供:静岡産業大学

筋肉痛の原因や予防法を研究し、
アスリートやスポーツ好きの人をサポート

激しい運動のあとにやってくる筋肉痛。スポーツに取り組んでいる人も、そうでない人も、経験したことがある身近な症状です。実は運動が原因の筋肉痛についてまだよくわかっていないことが多く、世界中の研究者がその解明に取り組んでいます。ここでは、スポーツ科学や運動生理学といった視点から筋肉痛を捉え、学生たちが疑問に思うナゾを解き明かす研究についてご紹介します。

この記事をまとめると

  • 学生自身が自らの身体を使って、科学的に筋肉痛を分析する
  • 国内・海外の研究者と連携して筋肉痛の解消に取り組む
  • アスリートにも、そうでない人にも有効な研究

身近なのに、分からないことばかり。だから、筋肉痛の研究は面白い

筋肉痛は、運動によって筋肉が損傷したときに起こる症状の一つですが、激しい運動で必ず生じるわけではありません。ダンベルを下ろすときや、階段や坂道を下るときなど、物や身体を下ろす運動によって生じやすいことが分かっています。このような運動を「伸張性運動またはエキセントリック運動」と呼び、筋肉は引き伸ばされながら力を出して筋が損傷し、痛みが出やすくなります。一方で、筋肉痛にはよくわからないことも多いのです。静岡産業大学スポーツ科学部の江間諒一研究室では、筋肉痛の実態に迫るため、仮説を立てて実際に試してみることに取り組んでいます。学内に設置された超音波診断装置を使うと、肉眼では見えない筋肉の様子をリアルタイムで捉えることができます。学生自身が実験台となり、筋肉痛を起こし身体を動かして機器を使って試してみることで、新しい発見が生まれ、次の疑問に結びついていくところに、この学びの面白さがあると思います。

国内外の研究者と連携して筋肉痛の予防策への取り組み

スポーツ科学部 江間諒一 准教授

スポーツ科学部 江間諒一 准教授

筋肉痛になると、ジャンプ力や走力など、身体機能の低下も同時に生じることが多いです。これらへの対抗策には、大きく分けて運動前に取り組む予防策と、運動後のアフターケアの2つの方向性があります。例えば、アフターケアとしてマッサージをすると、筋肉痛に多少の効果がみられたものの、身体機能の回復には至らなかったという報告があります。様々な研究を総合すると、アフターケアよりも予防策のほうが効果的であり、予防策として「何らかの」運動を行うことが良いと考えられています。では、どのような運動をどのタイミングで実施すると良いのか。それを明らかにするための研究が世界各地で実施されており、江間諒一研究室でも国内外の研究者と情報交換しながら適切な対抗策の検討を進めています。「この記事を読んだ方が興味を持ち、本学で私と一緒にこの研究を進めることになれば、これほど嬉しいことはありません」と江間准教授は語っています。

筋肉痛にかかわる研究成果を、より多くの人たちに

筋肉痛を抑制できる効果的な手段が分かれば、スポーツや運動することが趣味の人たちは筋肉痛から解放されるでしょう。アスリートにとって筋肉痛の予防は大切です。良いコンディションでトレーニングや競技に打ち込めれば、パフォーマンス向上につながります。また、筋肉痛を誘発する伸張性運動・エキセントリック運動が、脂肪燃焼効果を持つことや認知機能の向上にも良いのではないかという研究も発表されています。江間諒一研究室では、筋肉痛を抑えつつも運動の効果は享受できないか、検討を進めています。スポーツ科学では、スポーツ・運動を「する」ことが必ずしも好きである必要はなく、「みるのは好き」「サポートに携わりたい」という人なら十分学ぶ資質を有していると言えます。スポーツ科学は、キーワードとして「スポーツ」を据えた様々な学問領域の集合体です。理系・文系は関係なく自分の興味関心を見つけることができるでしょう。

【広告企画】提供 : 静岡産業大学

この記事のテーマ
体育・健康・スポーツ」を解説

病気やけがの予防、治療後のケアを通して、人々が健やかに暮らせるようにするのが健康学の考え方です。食生活や運動、心理状態、検査やリハビリテーションなど、学ぶ内容は多岐にわたります。体育やスポーツは、健康維持の身近な方法を学ぶとともに、競技技術の向上、メンタルや栄養、指導者としてのスキルも学びます。

「体育・健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スポーツ学」
はこんな学問です

スポーツが身体にもたらす影響を中心に、コーチング理論やスポーツを取り巻く環境まで科学的に考察、研究する学問。身体活動との関わりについては、医学、生理学、栄養学など、さまざまな観点から科学的に研究する。コーチングの理論や手法については、心理学など関連諸学も交えて学習。スポーツ環境については、施設経営などのマネジメントやマーケティング論も学ぶ。競技指導者の育成については専門のコースを設置している場合もある。

「スポーツ学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける