「吉野家の顧客拡大」を、「経営学」で解決!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

「吉野家の顧客拡大」を、「経営学」で解決!

2021.05.06

提供:中村学園大学

メイン
テーマ

「吉野家の顧客拡大」を、「経営学」で解決!

中村学園大学の流通科学部は、産学官連携による実践的な学びを積極的に取り入れています。学生のうちから企業の現場を体験でき、消費者としてだけでなく、生産者や販売者として経営に携わる機会も豊富です。数年前には手嶋ゼミの学生6名が、大手牛丼チェーン「吉野家(株式会社西日本吉野家)」とコラボ。2つの新メニューが期間限定・店舗限定で発売されました。商品開発やマーケティングを学ぶ学生たちと企業が協力しながら、消費者も企業も共に笑顔になれる解決策を見つけていく。そんな活動の⼀例をご紹介します。

この記事をまとめると

  • 吉野家と学生がコラボして、女性や若者、ファミリー層の顧客を拡大。
  • 市場調査・分析、コンセプト立案など、1年がかりの新メニュー開発。
  • 商品企画力が磨かれるとともに、生産者・販売者の視点から経営を理解。

⽜丼は好きだけど…、というお客様の声。

大手牛丼チェーン「吉野家(株式会社西日本吉野家)」は、女性や若者、ファミリー層の顧客拡大という課題を抱えていました。背景には、少子高齢化や家族規模の縮小化をはじめ、ライフスタイル・消費者ニーズの変化、食の多様化、市場構造の激化など、「食」をめぐる環境の変化がありました。お客様の声には「牛丼は好きだけど、一人では店に入りづらい」「料理が苦手・手抜きと思われそうで利用をためらう」「茶色の見た目が地味で、ワクワクしない」という厳しいものもありました。
そこで吉野家は、マーケティングや商品開発を学ぶ中村学園大学流通科学部の手嶋ゼミに協力を依頼。ゼミの有志学生6名が約1年かけて市場の調査・分析、新メニューの企画、プレゼン、商品設計、販売促進に取り組みました。新メニューに求められたのは「新規性」(おいしそう・食べてみたい)と「実現性」(店内ですばやく調理できること、気軽に食べられる価格設定)でした。

調査・分析を行い、コンセプトを基に商品開発。

これまで利用が少なかった女性、若者、ファミリー層のお客様のニーズは何か。企画にあたり学生たちはまず、今後の吉野家に求められるメニューについて調査・分析を行いました。家庭での食事や外食に期待すること、競合となるコンビニやファミレス、スーパーなどのメニューや食材も調査。店内キッチンでの調理工程やコストも踏まえ使う食材を検討し、メニューを考えました。
そして、2つの商品コンセプトを立案します。一つ目は「自分(家庭)では作らないもの(手間がかかる、食材・調味料が余る、好みが分かれるなど)」であること。二つ目は「コミュニケーションのきっかけになるもの(楽しく食べられる、誰かに伝えたくなるなど)」。これらのコンセプトを基に開発に取り組み、吉野家に新商品を提案。「5種のきのこ狩り牛鍋膳」と「しょうがと根菜のぽかぽかポーク鍋膳」が採用され、期間限定・店舗限定(福岡市内・近郊の10店舗)で発売されました。

産学官連携による学びで、実社会の即戦力をめざす。

「5種のきのこ狩り牛鍋膳」は、味や香り、食感の異なる5種類のきのこの“食べ比べ”が楽しい牛鍋膳です。「しょうがと根菜のぽかぽかポーク鍋膳」は、女性や若者、中高年にも多い“体の冷え”に注目した、体を温める効果があるといわれる生姜や根菜(れんこん、ごぼう、にんじん)入りの豚鍋膳です。新メニュー販売の期間は、新規層の来店も見られ売り上げは上昇。学生たちは企業が抱えるリアルな課題に対して全力で取り組むことで、商品企画力が磨かれるとともに、消費者・生産者・販売者それぞれの視点から経営について理解を深めました。
中村学園大学の流通科学部では、流通業、マーケティング、ロジスティクス関連の知識や企業経営について理論と実践から学ぶことができます。なかでも手嶋ゼミでは、企業における商品開発の重要性や新商品の企画プロセスを研究テーマに、産学官連携によって実践的な商品開発・マーケティング活動に取り組んでいます。

【広告企画】提供 : 中村学園大学

この記事のテーマ
経済・経営・商学」を解説

「どうすればお互いにとって必要な物資が手に入れられるか」という単純な動機から始まった商取引。今後いっそう高度化する中で、どうすれば現状を正確に把握し最適な選択ができるかを探る学問です。単純に取引価格だけでなく、国家間の争いや異常気象などさまざまな要素を加味して考え、学んでいきます。

「経済・経営・商学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「経営学」
はこんな学問です

主に企業の経営管理について研究する学問。企業は、働く人、設備や機械、資金などで構成されているが、さらに人に役割を与えて配置した組織、資金をどういう配分で使うかという戦略、顧客ニーズをどうつかむかという情報なども重要である。また、企業活動を方向付ける経営理念の研究は欠かせない。それぞれの企業が設定した理念が、意思決定の基準となるからである。そして、株主や取引先、地域社会との関係をどう管理していくかも研究の対象となる。

「経営学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける