「コロナ禍によるホテル宿泊客の減少」を「観光学」で解決!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

「コロナ禍によるホテル宿泊客の減少」を「観光学」で解決!

2021.05.06

提供:大阪ウェディング&ホテル・IR専門学校

「コロナ禍によるホテル宿泊客の減少」を「観光学」で解決!

コロナ禍による外出自粛の影響で、観光業やホテル業界は非常に厳しい経営状況を余儀なくされています。と同時に、お客様も自由に旅行に行けない我慢の日々。そんな現状を打開すべく、大阪ウェディング&ホテル・IR専門学校の2年生と、徳島県鳴門市にあるアオアヲナルトリゾートが連携。コロナ疲れを癒す特別宿泊プランを考案しました。若い視点をふんだんに盛り込んだこのプランは、ホテルのメインターゲットである女性客の集客を狙っています。このプロジェクトは、学生にとっても日頃学んでいるマーケティング理論を実践する機会となりました。

この記事をまとめると

  • 外出自粛の影響で、ホテル業界は利用客の減少という課題に直面している。
  • 若い視点ならではの魅力発信で、メインターゲットである女性客にアピールしたい。
  • コロナ対策を盛り込みつつ、女性に嬉しい限定プランを学生が企画、そして実際に販売!

コロナ禍で苦境に立たされるホテル業界にお客様を呼び戻したい!

コロナ禍による外出・移動制限の影響を受け、国内旅行や出張ニーズ、さらには海外からの旅行客が減少し、ホテル業界は全体的に厳しい状況となっています。大阪ウェディング&ホテル・IR専門学校の学生は、将来の夢を叶えるために勉学に励んでいるものの、予定されていた海外留学がコロナ禍によって延期。それに伴い学校側は、学生たちに刺激的な新しいプロジェクトを企画できないかと思案しました。そうして、徳島県鳴門市のアオアヲナルトリゾートとの産学協働プロジェクトが実現。これはホテル側の課題に対して学生独自の目線やアイディアを駆使し、新しい宿泊プランを提案するプロジェクトです。現在ホテル側で問題になっているのは、客層の多くを占める『女性客』がコロナ禍によって減少していること。そのお客様をいかに呼び戻すかが課題です。学校としては現在の状況に向き合うことで、学生たちが時代に応じた企画力を養う機会にもなると捉えたのです。

日頃の学びを実践、鳴門の魅力を学生視点でアレンジ&アピール

プロジェクトはコンペ形式で、ホテルワールドのクラス24名を8つのチームに分けてスタートしました。課題に取り組むにあたり、まずはホテルの魅力、鳴門の魅力を知らなくては始まりません。そこで、周辺の観光資源の調査と情報収集から着手。ホテルスタッフの方からは、ホテルの特徴や地元に関するアドバイスをいだきました。それを元に、チームごとにメインターゲットである女性客にアピールするプランを考えていきます。日頃、学生たちはマーケティング理論などを学んでいますが、社会でどう役に立って行くのか想像しづらいのが現状。こうした取り組みを行うことにより、学校での学びと現地取材が相互に繋がっていくのです。そして荒削りなアイディアをどんどん磨き上げ、ユニークなプランに発展していきました。こうして4ヶ月の試行錯誤の末、最終的にコンペでは8チームで合計21商品がエントリーしました。

コロナ疲れの女性を癒す個性的な宿泊プランが実現!

コンペ当日、学生たちは自分たちが考えたプランを教員やホテルスタッフの前でプレゼンテーションしました。商品化されたのは、コロナ疲れを癒やすことをコンセプトに据えた「あいが溢れる愛だらけプラン」。また、その他のプランの「いいとこ取り」を集約したプランも商品化されました。商品化されたこれら2つのプランは「じゃらんnet」などで販売、さらにインバウンド需要も取り込むため英語でのSNS発信も行いました。そして、実際にどんな方が予約をしたのか、また結果はどうだったのかまで一通り経験。学生たちはこのプロジェクトを通じて、企画立案と発信、販売までのプロセスを学ぶことができたのです。このようにIR・ホテル&リゾート科では、マーケティング理論を学習することで客観的なニーズの把握やアイディアの出し方といった企画立案力を身につけ、提案とプレゼンテーションについて学ぶ機会も得られます。

【広告企画】提供 : 大阪ウェディング&ホテル・IR専門学校

この記事のテーマ
社会学・マスコミ・観光」を解説

この3分野、実は密接な関係があります。観光業界にとってマスコミは広報活動そのもの。そしてマスコミは、社会の動きを探り伝えるために社会学を重視しています。社会が求めるニーズをマスコミが精査し、それを地域活性化のために活用する。社会学・マスコミ・観光の関わりは今後ますます大きくなるでしょう。

「社会学・マスコミ・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「観光学」
はこんな学問です

観光学とは旅行業の実務を学ぶだけではなく、観光を通して地域と観光客の交流を生み、地域の活性化にもつなげるための学問である。その目的を達成するために、新しい観光事業の開発プロジェクトを成功させる手法や、観光企業の経営ノウハウ、事業計画の作成方法を研究する。また、観光客として見てまわるだけの観光から、積極的に参加して体験できる観光へと旅行者のニーズは変化している。ニーズを先取りする商品開発も重要である。

「観光学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける