ゲーム制作の中核となるプログラマーとは?仕事内容にせまる!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

ゲーム制作の中核となるプログラマーとは?仕事内容にせまる!

2021.04.01

提供:HAL名古屋

ゲーム制作の中核となるプログラマーとは?仕事内容にせまる!

ゲームの開発現場では、企画やシナリオ、デザイン担当など、多くのスタッフが作業を進めていきます。そのなかでゲームプログラマーは、プロデューサーが作成した企画書や仕様書に合わせ、ゲームが意図した通りに動くようにプログラムを組んでいく仕事です。

この記事をまとめると

  • ゲームの明暗を分ける!? プログラマーの重要性
  • 企業と連携しながらHALでゲームクリエイターとしてのすべてを学ぶ!
  • 日本ゲーム大賞 受賞実績No.1!(※)

これぞゲームを作る人! プログラマーの分野はさまざま

実際にゲームを動かす役目となるゲームプログラマー。最近では開発規模が肥大化してきたことでいくつもの分野に分かれていますが、ゲームクリエイターになりたいと考えている人が一番に想像するのが、サウンドやグラフィックといった素材をひとつのゲームとして作り上げるゲームプログラマーではないでしょうか。
企画の内容が面白かったとしても、正しくプログラミングされなければゲームは完成しないため、とても重要な仕事です。ほかには、ゲームを作る上で基盤となる部分を作るシステムプログラマー、ゲームの印象にダイレクトに関わる描写プログラマー、サウンドプログラマーなど、多岐にわたります。また最近ではグラフィックデザイナーとプログラマーの両方の知識をもっている人は「テクニカルデザイナー」と呼ばれています。
このようにプログラマーには色々な仕事や分野がありますが、出来ることが多い職種な分だけやりがいは大きいでしょう。

業界のプロからゲームクリエイターとしてすべてを学ぶ

どれだけ素晴らしいサウンドやグラフィックが完成しても、プログラマーがいないとゲームは動きません。HAL名古屋のゲーム4年制学科では、3Dを含む高度な技術を身につけ、ゲーム制作の中核を担う「ゲームプログラマー」 を育成します。
ゲーム制作コースでは、3DプログラミングやVRについての知識・技術が身につく「VR・3Dゲームプログラマー」、総合的なゲーム技術に加えネットワークやサーバ構築・管理を学ぶ「オンラインゲームプログラマー」、スマートフォン端末に対応したプログラミング技術、アプリケーション開発技術を学ぶ「スマートフォンゲームプログラマー」の3つの専攻が用意されています。
経験豊富な教官や現役プロから学べるのはもちろん、世界的ゲームプロデューサーの任天堂・宮本茂氏や、さまざまなノウハウに精通した業界のトッププロも「スペシャルゼミ」で直接指導。また、企業から依頼を受け、他学科とチームを組んでゲーム作品を制作する産学直結ケーススタディも用意されています。プロ用開発機材で学べるのでクオリティの高いゲームを創り上げるクリエイターが生み出されているのです。

HALが誇る圧倒的なコンテスト&就職実績!

総合的に学べる本学だからこそ実現できた実績も多々あります。国内最大級のゲーム作品コンテスト『日本ゲーム大賞』にて、「最多7回の大賞」&「創設以来14年連続受賞」は、No.1の受賞実績です(※)。

2020年は総応募数427作品の中から、HALの学生2チームが優秀賞、3チームが佳作を受賞!今回受賞作品に選ばれたのは11作品でしたが、そのうち最多となる5作品がHALの学生チームによるものとなり、圧倒的な実力を示しました。

『日本ゲーム大賞』の中でもアマチュア部門は、全国の大学・専門学校などの“アマチュア”クリエイターたちがオリジナル作品で競い合う、ゲームクリエイターの登竜門。応募作品はプロのクリエイターや業界誌編集長によって“コンセプト”、“完成度”、“技術力”の3つの評価軸で審査されます。HALは直近10年で300人以上の受賞者を誇る実績校です。学生たちの実力は、任天堂、スクウェア・エニックス、カプコン、バンダイナムコなど大手ゲーム会社への就職実績に表れています。

◆HAL名古屋・HAL東京・HAL大阪の3校実績

※日本ゲーム大賞2007~2020年アマチュア部門 大賞受賞実績より。2007~2020年毎年9月開催

【広告企画】提供 : HAL名古屋

この記事のテーマ
コンピュータ・Web・ゲーム」を解説

デジタル情報をつなぐシステム構築をはじめ、Webやゲーム、アニメーション、映画など、メディアやコンテンツを創り出す仕事です。コンピュータの設計・開発などを学ぶ情報処理系、アニメ・ゲームなどの制作を学ぶコンテンツ系の学問があります。ビジネスの現場で使われるアプリケーションスキルを身につける授業も役立ちます。

「コンピュータ・Web・ゲーム」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける