保育・幼児教育を目指す人に短大はメリット大? 幼児教育・保育のスキルを楽しく獲得しよう。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

保育・幼児教育を目指す人に短大はメリット大?
幼児教育・保育のスキルを楽しく獲得しよう。

2021.03.08

提供:ユマニテク短期大学

保育・幼児教育を目指す人に短大はメリット大?
幼児教育・保育のスキルを楽しく獲得しよう。

将来、保育・幼児教育の世界で活躍すると決めている人には、社会人としてより早くスタートでき、現場での実践経験を積むことができる短期大学がおすすめです。ユマニテク短期大学では、音楽や図画工作実技のような、即戦力を養う授業が豊富であることはもちろん、1年次から資格取得支援や就職指導のカリキュラムも充実しています。児童施設などでコンサートを上演し、学習した音楽の技法を実践できる機会も。教員と学生との距離が近い少人数制ゼミナールとキャリア支援体制で、一人ひとりの個性に応じた学習と就職を応援しています。

この記事をまとめると

  • 短期大学は保育の世界で活躍すると決めている人におすすめ。
  • 幼児教育・保育の確かなスキルを楽しく獲得。
  • 在校生に聞いてみました!ユマニテク短期大学を選んで思うこと。

保育・幼児教育の世界での活躍を決めている人に魅力的な短期大学。 教養を育み、就職を見据えたバランスのよいカリキュラム。

一人ひとりにあわせた指導を基本に、ゼミナール、地域との連携、最大8つの資格取得に向けたカリキュラムなどを実施

一人ひとりにあわせた指導を基本に、ゼミナール、地域との連携、最大8つの資格取得に向けたカリキュラムなどを実施

保育士資格が取得できる「指定保育士養成施設」は、4年制大学・短期大学・専門学校の3つです。

それぞれに特長がありますが、保育の世界で働くという目標がはっきりしている人にとって、短期大学への進学はとても魅力的な選択であるといえます。

まず、短期集中で学び、より早く社会人としての一歩を踏み出せるのは大きなメリット。
また、短大では幼児教育の学びと実習、そして外国語などの教養科目と、バランスのよいカリキュラムが組まれているのにも注目です。音楽や図画工作の実技といった現場で役立つ技術を修得する機会が豊富で、資格取得支援や就職指導も充実しています。

ユマニテク短期大学では1年次前期から、各専任教員による10名前後の少人数制ゼミナールで学習。1年次後期から教育実習・保育実習が始まります。

豊富な実習を通して「幼稚園教諭」と「保育士」の2つの国家資格だけでなく、「児童厚生2級指導員」「社会福祉主事任用資格」などの資格取得も目指すことが可能。公立の幼稚園・保育所への就業を希望する学生のために、1年次後期より無料の公務員採用試験に向けた対策講座を設けています。

幼児教育・保育の確かな技術を楽しく身につけられる。 ピアノは個別レッスンを基本に基礎から習得。

個別レッスンの様子。ていねいな指導で学生は安心します。

個別レッスンの様子。ていねいな指導で学生は安心します。

「幼児の音楽表現」の学習では、個別レッスンを基本として、ピアノを基礎から学ぶことができます。ピアノが苦手な学生の相談に応じ、人前で弾く機会を設けるなど、一人ひとりの得手不得手を踏まえた実技試験対策を行っています。
また、ピアノ教育だけでなく、大型マリンバをはじめとする様々な打楽器を揃えており、打楽合奏や器楽合奏の取り組みも積極的にしています。マリンバのプロ演奏者でもある桂山たかみ先生の指導のもと、ピアノやリトミック、打楽実技、幼児歌曲の弾き歌いなど、保育者に必要とされる音楽スキルや、幼児の身近な事柄をテーマにし、音楽を通して身体表現していくことを学びます。また、地域連携の授業では、本学の音楽表現の授業を活用し、近隣の児童施設などへコンサートに行く取り組みを行っています。

在校生インタビュー~私の大学選び~ 幼児保育学科 1年生 川口 浩代 さん(四日市商業高校出身)

今度は自分が高校生に勧める役に!学校の魅力をオープンキャンパスで伝えます。

今度は自分が高校生に勧める役に!学校の魅力をオープンキャンパスで伝えます。

中学校の頃から保育士か幼稚園の先生を目指していました。子どもが好きで街で子どもの姿を見かけるたびにほほえましく感じていて。ユマニテク短期大学を選んだのは、説明会やオープンキャンパスで温かい雰囲気を感じたからです。

実際、入学してみると先生との距離が近く、なんでもすぐに相談できる環境があり、毎日有意義な学生生活を送っています。また、勉強・プライベート・アルバイトとメリハリのある生活を送ることができ、最適な学習環境だと思います。

卒業後、就職したいと思っている保育園が地元にあります。通学途中に眺める園の雰囲気が暖かくて素敵だなと思っていて。もともとは、キャリア支援室の先生が、「あなただったらここがあっているんじゃない?」と、勧めてくれたのがきっかけです。

進学先を選ぶのってとても大事ですよね。みなさん、ぜひ、いろいろな学校の説明会やオープンキャンパスに行って、悔いのない進路を選んでください。私はユマニテク短大を選んで、ほんとに正解だったと思っています。

【広告企画】提供 : ユマニテク短期大学

この記事のテーマ
教育・保育」を解説

子どもの成長段階に応じたさまざまな保育・教育施設(保育園・幼稚園・小中高等学校・大学など)で、子どもたちを健康に成長させ、学習能力を高めるための教育方法を学びます。教育の歴史や教育理論、教育や保育に携わる専門職(教員や保育士など)になるための指導や手法を、実習を通して学びます。

「教育・保育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「保育・幼児教育」
はこんな学問です

児童・幼児の発達・発育を促す保育者、教育者としての知識と技能を専門的に学ぶ。主に保育士や幼稚園教諭、小学校教諭の資格取得をめざすことが目的。保育学や心理学、教育学、保健・体育学などの理論と、教育・保育実習を通して身に付けられる実践力のどちらも大切な学問である。教育系の学校のほか、健康・体育系の一部の学校でも学ぶことができる。実習は、学校附属の幼稚園、保育園などで行われるケースが多い。

「保育・幼児教育」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける