被災時でもいつも通りの生活を…… 災害看護で地域社会に安心をつくりだす

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

被災時でもいつも通りの生活を……
災害看護で地域社会に安心をつくりだす

2021.05.01

提供:神奈川工科大学 奈良研究室

被災時でもいつも通りの生活を……
災害看護で地域社会に安心をつくりだす

地震や台風など、日本は世界屈指の災害大国。いつ、何が起こるか、予測できない中で、いかに柔軟に対応できる医療体制が整っているかが重要になってきます。そこで注目されているのが、災害看護学。非常事態の中で適切な行動を取り、いかに市民の安全を守れるかを学びます。

この記事をまとめると

  • 災害大国・日本において、非常事態にも柔軟に対応できる看護師が求められている。
  • 限られた医療資源の中で搬送や治療の優先順位を決めなくてはいけないという倫理的な問題にも向き合う。
  • 地域の自主防災組織や大学など、さまざまな組織と連携して防災・減災することが重要になる。

自然災害大国 日本における看護師の重要性

日本は自然災害が多い国。体感として感じない地震も含めると、毎日日本のどこかで地震が起きていると言っても過言ではありません。明日にでも大きな地震が起きて、人々に被害を与える可能性もあります。そのようにいつ起こるか分からない災害に対して、被災者を受け入れる役割を担うのが病院です。そして、その際には病人や傷病者と向き合う看護師の存在が重要となってきます。「予測できない災害に対して日頃から備えておく」「被災した病院の中で患者の安全を守るため状況に合わせた行動をとる」「避難所に救護班として入っていき災害看護活動をする」……不測の事態に陥っても被災者の方にできる限り日常と変わらない生活を送ってもらうために、上記のような高い危機意識と柔軟性を併せ持った看護人材を養成することが、世の中に求められているのです。

被災時の状況を細かくシミュレーション。災害看護の視点を身につける。

研究室では、災害発生時の応急処置や、避難所の運営体験、病院での傷病者受け入れの訓練など実践的な内容の授業を展開しています。また、被災時には医療スタッフや医薬品などの医療資源が制約される中で、最善の治療を行うため傷病者の緊急度に応じて、搬送や治療の優先順位を決めなくてはならない場面も出てきます。「トリアージ」と呼ばれる、このような難しい問題も取り扱う領域のひとつです。
2年次には災害時の看護の基礎知識を学び、3年次にはその基礎知識を元に実践的な体験を通して災害看護に必要な視点と技術を学びます。どのような環境が適切か、必要な応急処置は何か、命を脅かす状態ではないか……学習や病院実習での経験を元に、地域の災害看護において必要な能力を身につけていきます。

厳しい状況にも立ち向かっていく、看護人材の育成を目指して

この研究室で目指しているのは、多くの看護職が災害看護学への関心を持ち、いつ、いかなる状況において災害に遭遇しても、適切な看護活動ができる状態をつくること。災害直後の現場では、医療施設や設備・機器、物資などが不足し、非常に厳しい状況の中で医療サービスを提供しなければなりません。看護師が十分に役割を全うするためには、災害直後から迅速に支援できる看護の基礎知識や技術を身につけていく必要があります。そのような過酷な現場でも立ち向かっていく強い意志をもった人材の育成を心がけています。 
また、医療機関だけでなく、地域の自主防災組織や大学など、防災に対して異なる専門的な知恵や技術を持った三者が一体になり、協働することによって、防災・減災につながる動きを看護の観点からつくりだすことも目指していることのひとつです。

【広告企画】提供 : 神奈川工科大学 奈良研究室

この記事のテーマ
医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」を解説

高齢化社会では、長生きするだけでなく健康でいることが何よりも重要です。病気やけがなどによる身体・生理機能の変化を探り、元気に生活できるように治療するのが、医師、薬剤師、看護師、理学療法士などの専門家の役割。専門的知識と技術を身につけ、チームとして連携することで医療の質を向上させる方法を学びます。

「医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「看護学」
はこんな学問です

看護学は、看護師などを養成するための学問である。具体的には、専門科目は「基礎看護学」「臨床看護学」「地域看護学」の3つの科目から構成されている。「基礎看護学」はすべての学習の基本となる看護理論と看護技術を学ぶ。「臨床看護学」では実際に患者と接する臨床という場を視野に入れた看護理論を扱う。「地域看護学」はさまざまな生活スタイルや病状の患者が混在する地域社会の中で患者の生活の質を上げていく看護理論を学ぶ。

「看護学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける