包丁を使った後に気を付けたいこと~基本的な知識が味や安心安全の向上への近道⁉

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

包丁を使った後に気を付けたいこと~基本的な知識が味や安心安全の向上への近道⁉

2021.03.19

提供:ニチエイ調理専門学校

包丁を使った後に気を付けたいこと~基本的な知識が味や安心安全の向上への近道⁉

すべての学⽣を調理のプロに育てる、効率の良いカリキュラムがニチエイの特徴です。
カリキュラムの充実はもちろん、学ぶ環境そのものにも気を配ることで、すべての基礎となる感性を⼤切に育てたいと考えています。
加えて、食品衛生の重要さは基本の実践により守られます。その精神を育むために大きな影響を与えるのが「環境」です。ニチエイでは学⽣たちの創作意欲を⾼める最新の設備や施設を⽤意しています。
⼀⽫の料理に感動や幸せな気持ちを与えることのできるプロフェッショナルを育てるために、わたしたちは全⼒でサポートします。

この記事をまとめると

  • 「食品衛生」の大切さを、専門学校でしっかり学ぶ。
  • 現場に近い環境で、時代のニーズに対応する「プロフェッショナル」を育てます。
  • シミュレーション・スタディで、即戦力として通用する「現場力」を磨く。

「食品衛生」の大切さを、専門学校でしっかり学ぶ。

「現場に近い環境」で基礎を学ぶ。

「現場に近い環境」で基礎を学ぶ。

一般的に包丁は料理に使用する道具の中でも、使用頻度の高いアイテムです。野菜を切ったり、肉を切ったり、食材を選ばず使い回すことも多いため、頻繁な手入れが必要不可欠になります。
たとえば連続して異なる食材に使用した場合、においが移ってしまったり、時には菌を媒介してしまうこともあります。他の食材のにおいが移るだけで、料理の品質は損なわれてしまいますし、特に夏場などは食中毒の危険も伴います。
切るものを変える度に洗う習慣をつけることはもちろん、料理の種類によって包丁の種類を変えるなど、最善の注意を払う必要があります。使い終わった後も、菌が増殖したり錆びができないように、洗浄後の消毒はもちろん、殺菌庫を使って消毒することや、収納の方法にも気を付ける必要があります。
お客様に笑顔で「美味しい」と言って喜んでもらえるように、料理はつねに安全でなければなりません。そのためには徹底した管理と手入れが不可欠です。
料理の品質や完成度に大きく影響する包丁のメンテナンス。何よりお客様に安心して料理を提供できるように常に心がける事が、調理に携わる者の使命です。このように、プロの現場では当たり前とされる食の安全を守るための基本の実践を、専門学校でしっかり学ぶことが何より重要だと考えています。

現場に近い環境で、時代のニーズに対応する「プロフェッショナル」を育てます。

食品衛生の基本を育む環境。

食品衛生の基本を育む環境。

「本番」でしか学べないものがあります。
食品衛生や感染対策など、これからの時代への対応を強化し、すべての学⽣を調理のプロに育てる効率の良いカリキュラムを実践しています。
学ぶ環境そのものにも気を配ることで、すべての基礎となる感性を⼤切に育てたいと考えています。
現場での気づきや工夫など、プロの現場に極めて近い環境での実習は、即戦力としての現場での対応力を大きく養います。
実習では「⾒て、確かめ、⼿を動かし、味わう」というプロセスを繰り返し⾏うことで、技術とセンスを養います。意欲を刺激し、感性を育む環境で「最⾼の⼀⽫」を⽣み出す技術を学び、⼀⽫の料理に感動や幸せな気持ちを与えることのできる「プロフェッショナル」を育てます。

シミュレーション・スタディで、即戦力として通用する「現場力」を磨く。

本物同様のレストラン「ラ・メール」での実習。

本物同様のレストラン「ラ・メール」での実習。

レストラン教室「ラ・メール」を使ったシミュレーション・スタディは、ニチエイの⼤きな特⾊であり強みです。
「La Mer=海」の名前通り、明るく伸びやかな雰囲気の学内レストラン。徹底的に「本物」にこだわった設計で、そのまま営業できる質の⾼さが特⾊です。
班ごとに調理・サービス・ゲストの役割を交代しながら、ほぼ毎⽇、レシピ作成からコスト管理、調理、サービスまでの全てを学⽣たちの⼿で⾏っています。質の高い環境ですべてを体験できるのが、ニチエイの強みでもあります。
また、ニチエイのCREDO(信条)を、そのまま体現しているのがこの授業です。最高の一皿を届けるために、必要な三要素を実習体験の中に凝縮した貴重な機会です。
フロアとキッチンの連携。料理を提供する最良のタイミングなど、現場でしか培えない実践的な授業により即戦力として通用する現場力を身につけます。
ニチエイ料理専門学校は50年以上にわたり、多くの卒業生を送り出してきました。先輩たちがホテルや料理店など様々なプロの現場で活躍しています。長い歴史と伝統に培われた業界との太いパイプや情報網も、ニチエイの強い味方です。また生徒の希望に合わせて、先生一人ひとりが親身に相談に乗ってくれるのもニチエイの特色です。

【広告企画】提供 : ニチエイ調理専門学校

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術を生かしてサービスを提供したり、栄養に関する知識を生かして豊かな食生活を提供したりする仕事です。栄養に関する知識はもちろん、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、食材や飲料に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「シェフ・調理師」
はこんな仕事です

飲食店をはじめとするさまざまな施設で、料理をつくる仕事。ジャンルによってフレンチ、イタリアン、中華、和食などに分けられる。また、仕事場も飲食店だけでなくホテル・旅館、さらに学校や企業・官公庁の食堂や病院など、非常に多岐にわたる。「食の安全」が重視されている昨今、調理師においても食材の品質に気を配ったり、衛生管理に細心の注意を払うことが、これまで以上に求められるようになってきた。責任も大きい半面、どの分野・職場でも大きなやりがいを得られる仕事である

「シェフ・調理師」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「フードコーディネーター」
はこんな仕事です

フードビジネスのあらゆる分野でプロデューサー的な役割を果たす仕事。主な仕事内容は、テレビや雑誌などのマスコミ媒体で料理のスタイリングを行う職種として、料理の製作とともに食器やテーブルウエアも含めてトータルコーディネートし、撮影内容をどうするか考える。しかし近年ではそれにとどまらず、食品・飲料メーカーで食の商品開発を担当したり、店舗設計やテーブルコーディネートも含めたレストランのプロデュースを行うなど、活躍の場が広がっている。

「フードコーディネーター」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「クッキングアドバイザー」
はこんな仕事です

デパートやスーパーなどで調理実演を通じて商品をアピールする仕事。食品メーカー、調理器具メーカーなどに所属し、販売促進として店頭や料理講習会で調理実演を行い、自社商品の使い方や特徴を顧客に伝えていく。また、フリーランスとして企業の依頼を受けたり料理教室の講師を務めるなどの活躍をする人もいる。自社商品に関してはもちろんのこと、調理方法や栄養についてもアドバイスできるだけの知識が求められる他、その場の人々を引き付けるだけの話術や人当たりのよさも必要となる。

「クッキングアドバイザー」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける