「業界就職率」100%※を達成!医療・薬業業界を目指すなら「けいせん医療!」

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

「業界就職率」100%※を達成!医療・薬業業界を目指すなら「けいせん医療!」

2021.03.01

提供:経専医療事務薬業専門学校

「業界就職率」100%※を達成!医療・薬業業界を目指すなら「けいせん医療!」

北海道内初の医療事務養成校として1981年に医療秘書コース開設以来、39年間で2,600名以上の卒業生を輩出しています。病院・クリニック・調剤薬局・ドラッグストアなど安定して働ける医療・薬業業界で、医療事務・医療秘書・調剤事務・医師事務・クラーク・看護アシスタント・薬剤師アシスタント・登録販売者などの幅広い職種で活躍できる人を育てる学校です。 
※業界就職率100%:2020年3月卒業生実績(就職希望者64名/業界就職者64名)

この記事をまとめると

  • 医療事務を学びながら4つの専門コースから1つを選択できる。
  • 薬剤師アシスタント、もしくは登録販売者コースから選択可能。
  • 特別集中授業で資格取得を、丁寧な指導で就職内定をしっかりサポート。

「医療事務学科」(2年制・男女、定員70名)

医療事務の知識・技術を基礎から応用(医療費の算定、医療事務コンピューターの操作や診療報酬請求までの実務)を2年間全員が継続して学ぶとともに、1年次後期からは多彩な医療の仕事に対応した4つの専門コースから1コースを選択、医療事務を学びながらコース別授業でもうひとつの職種の知識・技術も深く学び、各職種に関連した資格も取得することで、安定して働ける病院・クリニック・調剤薬局など医療・薬業業界への就職を目指します。

「薬業学科」(2年制・男女、定員30名)

薬に関する知識・技術を基礎から応用(薬の名称・成分・効能から、薬事法、薬剤師のサポートができる実務)を2年間全員が継続して学びつつ、1年次後期より薬剤師アシスタント・調剤事務・登録販売者の3職種を深く学ぶ「薬剤師アシスタントコース」か、登録販売者の知識に加え、ドラッグストア店舗運営・美容・中国語の3つの専門知識も深く学ぶ「登録販売者コース」かを選択し、ドラッグストアや調剤薬局など薬業業界への就職を目指します。

試験直前の特別授業体制によって資格取得をサポート。 また丁寧な就職指導で、希望の業界への就職を実現します。

学生たちが資格取得試験に集中して取り組めるよう、検定対策強化週間となる「資格OneWeek制度」を導入しています。これは、検定試験直前の1週間の時間割を検定対策用の特別時間割に変更するもの。たとえば医療事務系・登録販売者の検定試験直前の一週間は、30コマあるすべての時間割が検定対策の授業となります。過去問題の傾向分析や、同校オリジナルの対策問題を使用した授業を行い、学生たちの検定合格に向けて学校全体でサポートします。実際に同校の学生は各種検定試験で高い合格率をマーク。取得を目指せる資格も多く、すべての学科で1人12種類以上の資格を目指せます。また就職指導では、1年次の4月から就職対策授業を開始。個人面談での就職希望調査や履歴書の記入方法の指導、面接練習など、希望の業界への就職に向けた丁寧な支援を実施。クラス担任が学生をサポートするほか、就職担当からも企業情報の提供や面接練習などの支援を受けられるダブルサポートを受けられるのも特長です。その結果、同校は100%の就職率(2020年3月卒業生実績)を誇っています。

【広告企画】提供 : 経専医療事務薬業専門学校

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医療の高度化に伴い、呼吸器や透析装置、放射線治療などを取り扱う医療・検査機器の技師がますます求められています。この分野の仕事は、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリスト。めざすには、基礎知識から医療現場での実践能力に至る段階的学びが必要となります。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「医療事務員」
はこんな仕事です

医療事務員の主要な仕事は、診療費を算出して請求するレセプト業務である。個人負担分以外の診療費を病院が健康保険組合などへ請求するのに必要で、病院経営の基盤になる。この業務は、医師のカルテを基に処置名や薬名を健康保険の点数に換算。診療報酬請求明細書を作成する。レセプト業務以外にも、受付や会計、入退院などの手続き、患者の呼び出しなど仕事は多岐にわたる。特に資格は必要ないが、知識や経験を積んでいる人が就業しやすい。勤務形態は、正規社員や派遣社員、パート、アルバイトとさまざまである。

「医療事務員」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「登録販売者(薬局・薬店スタッフ)」
はこんな仕事です

登録販売者とは、医薬品の中でも、第2・3類の医薬品の販売を行う仕事。2009年、薬事法(現・薬機法)の改正により、コンビニエンスストアやスーパーで一般医薬品を扱うことが可能になり、それらの販売資格を持つ登録販売者という職業が誕生。これまで薬剤師にのみ販売が認められていた一般医薬品だが、比較的リスクの低い健康食品や第2・3類の医薬品であれば、登録販売者が常駐することで取り扱いが可能となった。薬局やドラッグストア以外でも医薬品を購入できる場所が増え続けているため、注目されている仕事である。

「登録販売者(薬局・薬店スタッフ)」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける