大館から世界へ!可能性は無限大。 「ものづくり」で新しい時代の大きな波をつくるのは、あなたかもしれません!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

大館から世界へ!可能性は無限大。
「ものづくり」で新しい時代の大きな波をつくるのは、あなたかもしれません!

2021.03.01

提供:秋田職業能力開発短期大学校

大館から世界へ!可能性は無限大。 
「ものづくり」で新しい時代の大きな波をつくるのは、あなたかもしれません!

世の中の役に立つモノを作りたい。自分で作ったモノが世の中の役に立ち、人々に喜んでもらえる体感、それが「ものづくり」の力です。この数十年で技術は大きく進歩しましたが、日本の経済・産業を発展させたのは、「ものづくり」の技術者たちに他なりません。日本が誇る技術力、自動車、家電、工作機械、ありとあらゆる分野へ、今後もその力はますます強く高度になっていくことでしょう。 高度な技術や知識を備えて、柔軟な発想力で、企画遂行する能力…この力を高め、仕事を推し進めていく能力を養うことを目的として設立されているのが当校です。

この記事をまとめると

  • 豊富な実習量と充実した機器・設備で即戦力となれる技術を学べる!
  • 学生寮があるので遠方からでも安心して通える!
  • 秋田職能短大には3つの学科がある!

実験・実習は授業の50%以上!最新鋭の機器を完備

近年の技術革新は日進月歩。あらゆる業界において、高いレベルで対応していける技術者が求められています。当校ではこうした時代に即応し、単に教育だけではなく、実社会で即戦力となっていけるよう実際の仕事の現場を意識した教育訓練を行っています。各科では技能や技術を習得する『実技(実験・実習)』と理論を学ぶ『学科』の一体化した独自のカリキュラムを展開。実習割合が50%以上と実践を重視したものとなっています。

また、当校の教育現場を支える設備・機器は県内随一。様々な実験機器、計測機器、加工機、コンピュータなどの最新鋭機器などを導入し、充実した実験・実習が行える環境が整っています。

学校から徒歩約1~2分の学生寮。遠方からの通学でも安心!

秋田県外出身の学生も多く、遠方からの学生のために学生寮『カレッジハウス杉風(さんぷう)』があります。全室個室で、暖房完備、光ファイバーによるインターネット接続可能。平日はもちろん、土日祝日も朝・昼・夕と3食提供されます(年末年始を除く)。

また、寮の玄関と女子寮入口はカードキーとなっており女性でも安心して住めます。少ない負担で勉学に専念できる体制で学生生活をサポートします。(参考:学生寮の寮費は一ヶ月あたり44,000円(2020年実績))

機械操作からプログラミング、建築技術まで!ものづくりが学べる3つの学科

【生産技術科(機械系)】
生産技術はあらゆる産業において不可欠な分野です。生産技術科では、ものづくりの基本となる機械・電気・制御などの基礎的な理論と加工技術を学びます。
3次元CAD/CAMなどを活用した設計情報の処理やコンピュータを駆使した加工機械の操作などの実習を通し、様々な製品づくりを中心としたカリキュラムで即戦力を養います。 2年次に行う技能照査に合格すると、技能検定2級の学科試験が(実務経験1年後)免除となります。在校中には技能検定(旋盤・フライス盤・機械検査・CAD)やJIS検定(溶接)等の資格取得を目指し、有利な就職活動の体制を整えバックアップします。

【電子情報技術科】
昨今のディジタル家電、自動車などには高度な機能を実現するための膨大なソフトウェアが組み込まれています。そのため、産業界からはソフトウェア技術とハードウェア技術の両方を理解できるバランスのとれた技術者が求められています。電子情報技術科では、最近の携帯情報端末やディジタル家電に使用されているエレクトロニクスの基礎と応用、プログラミング技術を学びます。最先端の設備と実験実習によって次世代を担う実践的な技能者を目指します。

【住居環境科(建築系)】
今、住まいに求められている豊かさには、安全で安心して暮らせる工法及び構造、空間設計などが含まれています。住居環境科では“商業施設や一般住宅など様々な建築物の住環境をどのように創り出していくのか”といった、建築物の計画・設計そして建築工事全般についての知識や工事管理・施工技術にいたる幅広い知識と技術を学びます。修了と同時に1、2級建築士の受験資格を有し、進学の場合は、応用課程在学中の資格取得を目指すことが可能となり就職にも有利です。

【広告企画】提供 : 秋田職業能力開発短期大学校

この記事のテーマ
工学・建築」を解説

工業技術や建築技術の発達は、私たちの生活を快適で安全なものに変えてきました。先人たちが生み出した知恵に新しい技術をプラスすることで、技術はいまも進歩し続けています。インフラの整備や災害に強い街作り、エネルギー効率の高い動力機械やロボット開発など、暮らしを豊かにする先端技術を学びます。

「工学・建築」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「機械工学」
はこんな学問です

生活と産業に使われる機械類の仕組みを研究し、新しい機械を創造するための学問。目的に適した原理を力学的に研究する「設計工学」のほか、機械の安全・安定性を研究する「計測・制御工学」、空気や水の中で働く力について研究する「流体力学」、材料加工をテーマに研究する「加工工学」「材料工学」など研究分野はさまざま。このほかにも「精密工学」「熱力学」など、機械工学といっても、その研究範囲は多岐にわたっている。

「機械工学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「建築学・意匠」
はこんな学問です

「建築学」は、建築について総合的に学ぶ学問。学ぶ領域は広く、住宅、ビル、超高層建築の生産、建築資材の研究開発、災害時の安全対策など現代建築の建築工学分野と、団地や道路の造成、都市計画などの都市工学に加え、歴史的な建築物、集落の保存や復元についても研究する。「意匠」は、建築物を美学的に捉えて芸術的意義を追究する学問。建築物や街並み、自然環境、構造や材料についても美学的に追究して評価する。

「建築学・意匠」について詳しく見る

この記事のテーマ
情報学・通信」を解説

情報通信産業には、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の5分野があります。中でも注目されているのが、インターネットに代表される情報通信工学。政治や経済、日常生活など、情報化社会のあらゆる面でますます必要とされる、活躍の場の広い学問です。

「情報学・通信」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「情報工学」
はこんな学問です

情報工学の研究対象は、コンピュータ端末のハードとソフトに始まり、情報通信を数学的に考察する情報理論、さらにさまざまな通信技術、マルチメディア技術に及ぶ。研究する分野も幅広く、コンピュータを設計してコンピュータシステムを構築する「計算機工学」、情報システムの設計・プログラミング・データベースなどを扱う「ソフトウェア」、現実の問題をコンピュータと数学を用いて解決する「数理情報工学」などがある。

「情報工学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける