グローカル、心理、福祉の観点から幅広い視点で「人間理解を」。 東北文教大学の新学科「人間関係学科」が挑戦を始めます。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

グローカル、心理、福祉の観点から幅広い視点で「人間理解を」。
東北文教大学の新学科「人間関係学科」が挑戦を始めます。

2021.03.01

提供:東北文教大学

メイン
テーマ

グローカル、心理、福祉の観点から幅広い視点で「人間理解を」。
東北文教大学の新学科「人間関係学科」が挑戦を始めます。

SNSの発展により、人のつながりは国境を超えて広がっていく一方、極端に孤立する人々の存在も問題になっています。孤立する人々が増え、人間関係そのものを「わずらわしい」ととらえる風潮がある昨今、「人間理解」の重要性が再び見直されています。東北文教大学 人間科学部は2021年4月に「人間関係学科」をスタート。「グローカルコミュニケーション」「心理総合」「福祉マネジメント」の3コースを設定し、アクティブラーニングやグループワークを取り入れながら、実践的な対人スキルを持った人材を育成します。

この記事をまとめると

  • SNSの発展は人間のつながりを広げる反面、逆に孤立させてもいる。
  • 人付き合いでストレスを溜めない人はみんな、「人間理解」の達人?
  • 東北文教大学の新学科「人間関係学科」が行う、人間理解のための学び。

ネットやSNSによって人はより広く、他者とつながっているか? こうした時代には新たなストレスが生まれていることも現実。

近年の社会では人と人とのつながりが希薄化している、と言われます。

SNSの発達により、言語の壁を超えれば誰もが世界中の人々とつながりを持つことも可能です。インターネットが普及しはじめた頃は、こうした個人レベルでのコミュニケーションが無限に拡大する、という楽観的な意見も数多く見られました。
確かにこれはSNS時代のポジティブな側面です。

しかしその反面、インターネットおよびSNSは個人を孤立させてもいます。
疎外感を抱えた人々がネットのなかでつながり、ときに極端な排他性をむきだしにすることもあります。SNSの炎上やネットでのいじめ、いやがらせ、差別的な言説やデマの拡散は、インターネット社会のネガティブ面です。

人間は一人では生きていけません。
インターネット・SNSの普及は、一面では人と人の交流を広げ、もう一つの側面では新たな対人ストレスを生み出しているのが現状です。

人付き合いは「わずらわしい」?それとも「ストレス」? 人間関係を築くために必要なのは総合的な「人間理解」が必要。

また、地域社会における子育てする母親の孤立、社会的引きこもり、高齢者の孤独や子供の貧困なども大きな社会問題となっています。
学校や職場の人間関係から心のバランスを崩す人も多く見られます。

人間関係を構築したり、人と付き合うことを「わずらわしい」と感じたりする人も増加しているようです。
これらの背景には前述したようにSNSなどのオンライン上におけるコミュニケーションの発達が悪影響を及ぼしている可能性もあります。

しかしその一方、人とのコミュニケーションを上手にとりながら、ストレスを溜め込むことなく暮らしている人もいます。

そういう人々は基本的に、「人間」というものをよく理解しています。
相手の立場や状況について思いをめぐらせ、どんな気分なのかを想像し、相手にも自分にも負担のない距離感で接することができる…自然とそんな「人間理解」ができるのは一種の才能です。

しかし、この社会全体の問題を考えたとき、「人間理解」に基づく対人スキルの有効性は大きなヒントだと言えます。

複雑化する現代社会で、多様な視点から「人間理解」を。 東北文教大学「人間関係学科」が2021年4月からスタート!

人と人がふれあい、理解しあい、協調していく社会を作り出すためには何をすればいいのか…そんな課題に応えるべく、山形県の東北文教大学は2021年4月「人間科学部 人間関係学科」をスタートさせます。

同学科では地域社会から国際社会へ、人と人のコミュニティのありかたを考える「グローカルコミュニケーション」、心理学のアプローチから人間の理解を深める「心理総合」、社会的な援助の方策から人とのつながりを探る「福祉マネジメント」の3コースを用意。

それぞれの方向性から学びを進めながら、他のコースの分野の学修も柔軟に選択できるようにし、専門に閉じこもらない複眼的・多角的観点を育みます。

少人数制教育を基本とし、アクティブラーニングを中心とした授業を展開。グループワークやディスカッションなどから、学生の主体性やコミュニケーション力を育成。

この学科で学ぶことで、社会福祉士国家受験資格や図書館司書といった国家資格、認定心理士や準デジタルアーキビストといった民間資格などが取得可能です。

企業や行政、医療機関・福祉施設など、多様な現場で活躍できる人材を養成していきます。

【広告企画】提供 : 東北文教大学

この記事のテーマ
人間・心理」を解説

人間科学は、人間の存在や関係性を研究し、学習範囲は広範囲にわたります。心理学は、人間の心や行動の特徴を分析・解明します。中でも臨床心理学は、ストレスの多い現代社会において注目される分野。いずれも、人間の存在意義をひもとく基礎となる学問です。

「人間・心理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「人間科学」
はこんな学問です

人間とは何者なのかという根本的な問い掛けから始まったのが人間科学。人間について研究するには生物学や医学だけではなく、心理学や社会学、哲学、教育学などの知識も必要になる。環境汚染や遺伝子組み換えの問題は、自然科学の価値観だけでは解決できない。ここでは人間の持つ倫理観や社会性が問題になってくるからである。人文・社会科学的な考え方を、自然科学における合理的判断と対話させることで、やっと人間らしい解決法を見出すことができる。

「人間科学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける