デジタル化が急速に進むアートの世界。デザイン力とコンピュータスキルを磨き、時代の先頭を走るクリエイターに!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

デジタル化が急速に進むアートの世界。デザイン力とコンピュータスキルを磨き、時代の先頭を走るクリエイターに!

2021.03.23

提供:京都コンピュータ学院

デジタル化が急速に進むアートの世界。デザイン力とコンピュータスキルを磨き、時代の先頭を走るクリエイターに!

新型コロナウイルスの流行によって社会が急激に変⾰しています。アートの世界ではイベントの中⽌や営業時間短縮などを余儀なくされ、急きょオンラインへシフトする事例が増加。再び同じような事例が起きたときに対応できるよう、今後もデジタル化が進んでいくと予想されています。事態を乗り切り、さらに進歩・発展していくには、ITの活用がカギを握っているといえるでしょう。京都コンピュータ学院のアート・デザイン学系では、デザインの知識に加えて、⾼度なコンピュータスキルを修得することが可能。時代の先頭を走るクリエイターを目指します!

この記事をまとめると

  • 第一線で活躍する企業と協同することで、より実践的な学びを実現
  • デジタル技術を兼ね備えたアートディレクターを育成する芸術情報学科(4年制)と、 クライアントの要望に合わせて交渉・提案ができる能⼒を持った⼈材を育成するアート・デザイン学科(3年制)
  • 制作現場や流通分野で活躍できる⼈を育成するマンガ・アニメ学科(3年制) と、アートの基礎⼒と制作ソフトを使いこなすスキルを⾝に付けることができるアート・デザイン基礎科(2年制)

最新のIT知識に加えて⾼度なデザイン⼒を修得できる︕

京都コンピュータ学院では、常に進化し続けるIT社会に求められ、活躍できる人材を育成しようと、アートの知識や技術とコンピュータの最新スキルを修得する「芸術情報学科」「アート・デザイン学科」「マンガ・アニメ学科」「アート・デザイン基礎科」の4学科からなる「アート・デザイン学系」を設置しています。全ての学科で、デッサンや⾊彩などデザインの基礎を固め、IllustratorやPhotoshopをはじめとするさまざまなデザイン制作ソフトの使い⽅、また、プロジェクトを進⾏する際に必要となるプランニングのノウハウやマネジメントについて学びます。アート・デザイン学系の魅⼒の⼀つは『企業との産学連携』。アニメ制作会社「株式会社ガイナックス」の創⽴者のひとりで、グループ校・京都情報⼤学院⼤学(KCGI)の武⽥康廣教授は、京都コンピュータ学院 鴨川校内に株式会社 GAINAX京都を設⽴しました。実習室をマンガ・アニメ関連の研究室・ゼミ室と位置付け、そこを拠点とするアニメ企画、TV作品や映画等の制作、また、原作やキャラクターの開発などの活動が2017年から続けられています。第⼀線の現場で、学んだ知識や技術をアウトプットすることができるので、より実践的な学びを得ることができます。

業界を導くアートディレクターやデジタルのマンガ・アニメ制作技術を備えた漫画家やアニメーターになる

芸術情報学科は、「芸術情報コース」「マンガ・アニメコース」を擁する4年制(全⽇制)です。
「芸術情報コース」は、Web・CG・映像・広告など、制作物の考案から完成までを系統⽴てて描くことで、プロジェクトを成功に導くプランニング能⼒やマネジメントスキルをバランスよく兼ね備えたアートディレクターを育成します。制作のみならず、マーケティングの観点からも多⾓的にWebを研究する「Web実習」、あらゆる撮影環境に応じたデジタルカメラの調整法を学ぶ「写真学」など、実践に役⽴つ多様なカリキュラムが選択できます。
「マンガ・アニメコース」では、⾊彩レイアウトやドローイングといった、さまざまな制作ソフトの使い⽅を基礎から学び、⽴体物を平⾯上の情報に変換する⼿法「3DCG」の技術も⾝につけます。アニメーター、イラストレーターなど、マンガ・アニメ関連のプロフェッショナルを⽬指します。いずれのコースも、卒業時には「⾼度専⾨⼠」の称号を得ることができます。
アート・デザイン学科は3年間(全⽇制)で、独創⼒・提案⼒を備えたクリエイター、デザイナーを⽬指す学科です。Web・CG・映像・広告など、⾼度な制作技術を修得、またクライアントの要望を把握し反映させながら、さらにユニークな発想で提案・交渉が進められるコンセプトメイキング⼒、プレゼンテーション能⼒を備えた⼈材を育成します。
粘⼟や⽊材、⾦属など、⾝近にあるさまざまな素材を⽤いてオリジナル作品を作り上げてゆく「⽴体デザイン演習」、⼿描きのイラスト・粘⼟などアナログな素材を⽤いてコツコツと制作する「コマアニメーション⼊⾨」など、楽しいカリキュラムも選択できます。

デジタルでのマンガ・アニメ制作技術を備えた漫画家やアニメーター、独創⼒・提案⼒を備えたクリエイター、デザイナーになる

マンガ・アニメ学科は、3年間(全⽇制)で漫画家・アニメーターなど、マンガ・アニメ関連のプロフェッショナルを⽬指す学科です。
アナログのマンガ・アニメ制作の⼿法や歴史を基礎とし、デジタル作品の制作に取り組みます。制作現場や出版業界、流通分野等、実践で活躍できる⼈材を育成します。
⾊彩レイアウトやデッサンといった表現の基礎から、制作・加⼯に必要なソフトウェアの使い⽅を基礎から最新技術の「3DCG」を使いこなせるスキルを⾝につけ、アニメーター、イラストレーターなどを⽬指します。
アート・デザイン基礎科は、「アート・デザイン基礎コース」と「マンガ・アニメコース」を擁する2年制(全⽇制)の学科です。
「アート・デザイン基礎コース」では、デッサンや⾊彩感覚などアートの基礎や、制作ソフトの知識など実践で活かせるスキルをしっかり⾝につけ、コンセプトに基づきWeb・CG・映像・広告などの創作活動を独⾃に展開できる⼈材を育成します。
芸術表現には必須の基本となるデッサン⼒をつける「ドローイング演習」や、雑誌、CDジャケット、ポスターなど意匠の設計、制作をする「広告デザイン」などの授業で、技術をしっかりと⾝につけます。
「マンガ・アニメコース」は、⾊彩レイアウトやドローイング、さまざまなソフトウェアの使い⽅の基礎を学び、3DCGの技術も⾝につけ、アニメーター、イラストレーターなどマンガ・アニメ関連のプロフェッショナルを⽬指します。
国内外のマンガの歴史や⼿法、技術を幅広く学ぶ「マンガ概論」や「アニメ概論」、「キャラクターイラスト実習」・「絵コンテ制作」まで、種々の知識と技術を⾝につけます。
⼀⼈ひとりの将来の夢が実現できるよう、京都コンピュータ学院では多くの学科・コースをそろえ、あなたの夢を応援しています。

【広告企画】提供 : 京都コンピュータ学院

この記事のテーマ
デザイン・芸術・写真」を解説

デザインは、雑誌や広告など印刷物を制作する「グラフィックデザイン」、雑貨やパッケージなどの「プロダクトデザイン」、工芸や日用品などの「装飾デザイン」といった職業分野に分かれます。アートや写真を仕事にする場合、学校で基礎的な知識や技術を身につけ、学外での実践を通して経験やセンスを磨きます。

「デザイン・芸術・写真」について詳しく見る

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

新しい感性やアイデアを常に発揮して、人を感動させたり驚かせたりする仕事です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種は多岐にわたります。声優やタレントをめざすには、在学しながら自分を磨きオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が大切です。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける