自宅にいながらグローバル体験!? オンラインを使った新しい国際交流のカタチとは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

自宅にいながらグローバル体験!?
オンラインを使った新しい国際交流のカタチとは?

2021.03.01

提供:東洋学園大学

自宅にいながらグローバル体験!?
オンラインを使った新しい国際交流のカタチとは?

海外留学の良さは、直接触れ合うことでしか気づけない微妙なニュアンスや価値観などを学びとれること。「留学という貴重な経験をしたい」「将来は、語学を活かした仕事に就きたい」と考え、留学を夢見ている人もいると思います。
でも、今の状況では、海外に行くことはなかなか難しく、『海外留学は無理かもしれない・・・』と、不安を抱えている人もいるかもしれませんね。
でも大丈夫。日本にいながらグローバルな体験ができる、新しい国際交流のカタチも誕生しているんです。

この記事をまとめると

  • 東洋学園大学は、グローバル世界で生きていくためのスキルが身につく教育プログラムが充実
  • 日本にいながら、スマホ・PCで世界各国の大学生たちとオンラインで交流できる
  • ネイティブスピーカーと会話を楽しめるバーチャル空間も登場!

「体験」を通じてグローバル・コミュニケーション力を身につける!

東洋学園大学グローバル・コミュニケーション学部は、「グローバル世界」を豊かに生きていくために必要な「コミュニケーション力」を身に着けることを目的とし、「言語」「知識」「体験」の3つを柱にした学びを展開。さらに、ビジネスや国際機関で活躍するための実践的な学びができる特別プログラム『国際キャリアプログラム(ICP)』も用意。海外への長期留学が必須で、卒業後に国際的キャリアを目指すことを目的にしています。ほかにも短期留学・長期留学・インターンシップなど多彩なプログラムを用意しています。

また、奨学金制度をはじめとする留学支援制度も充実。長期留学制度を利用する場合、授業料の約9割が免除されます。国際交流センター特別留学には奨学金が、協定校留学の場合は助成金が支給されます。

1年間を限度として留学期間を在学年数として算入したり、単位互換もできるため、4年間で卒業することも可能。費用面もしっかり配慮されています。

残念ながら2020年度は中止となりましたが、その代わりに、オンラインによる国際交流を積極的に展開しています。

自宅にいながら、スマホやパソコンでオンライン国際交流を!

東洋学園大学は、オンラインによる、アメリカのサム・ヒューストン州立大学(SHSU)との交流イベント“Virtual SHSUxTOGAKU”を企画、実施しました。
2020年6月のイベントには、卒業生を含めて延べ37名が参加。各大学の代表者によるビジネスプレゼンテーションや、少人数でフリートークを楽しむ"Breakout Session"などを行いました。当初、"Breakout Session”は15分の予定でしたが、話が盛り上がって「延長したい」という声が相次ぎ、最終的には40分まで延長。「授業でしか英語を使う機会がなかったので、とても貴重な時間でした」と、参加者に大好評でした。ほかにも、韓国や中国の大学生だけでなく、イギリス、カナダ、オーストラリア、スペインといった留学先とのオンライン交流イベントも検討中です。

さらに、長期留学希望者向けのオンライン英語学習の機会を増やし、留学希望者や国際交流に関心のある学生のバックアップ体制も整備。ICPについては、ネイティブ・スピーカー教員による科目の追加など、留学相応の教育を提供できる環境づくりを進めています。

自宅がラウンジに変身? ネイティブ・スピーカーと気軽に会話を楽しめるバーチャル空間

さまざまな国のネイティブ・スピーカーの教員やインターンたちと、ランチをしながら英会話を楽しんだり、季節ごとのイベントを通して異文化に触れられる“English Lounge”。そんな国際交流の場をオンライン上にオープンしています。その名も“Virtual English Lounge(VEL)”。

VELには“Book Club”や“Togaku Abroad”といったテーマごとのチャネルがあり、英語のチャットでコミュニケーションが可能です。授業では学べない生きた英語に触れられる貴重な機会として多数の在学生が利用し、スマホでも気軽に参加できます。
イベントも開催しており、“Food Day Event”は、お勧め料理の紹介や、和風オムレツづくりの英語での実況ライブ配信を実施。“Welcome Back Halloween event”では、教員やインターンが仮装姿で登場。Halloweenの歴史を学びつつ、ゲームも楽しんで大盛り上がり。
VELは、楽しみながら英語を学べる機会として在学生に人気です。

日本にいながらもリアルなグローバル体験ができるプログラムを多数用意している東洋学園大学。最近では、スポーツボランティアに携わる学生も増えてきました。日本で開催された野球のアジア大会にて、各国のスタッフが集まる運営ミーティングでの通訳や運営補助などのスポーツボランティアに携わった学生もいます。
国内にいながら国際交流ができる機会と、留学準備を整えている本学で、世界に向かって第一歩を踏み出してみませんか?

【広告企画】提供 : 東洋学園大学

この記事のテーマ
語学・外国語」を解説

言語は思考の原点です。世界中の言語の数だけ異なる考え方や文化が存在し、幸福に暮らすには相互理解が欠かせません。その架け橋となるのが語学です。言語の成り立ちや文法、発音などの特徴を研究し、外国語によるコミュニケーション能力を高めることで、国際人としてのグローバルな視野を養います。

「語学・外国語」について詳しく見る

この記事のテーマ
国際・国際関係」を解説

貧困問題や民族間紛争、資源や食料、環境問題、経済的な競争や協調など、さまざまな問題を抱える国際社会。そこで活躍するには、言葉はもちろん、世界各地の文化や経済、政治、法律なども知る必要があります。 留学を経験したり、来日する留学生と交流したりしながら、異文化を理解する国際感覚を養っていく学問です。

「国際・国際関係」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける