知って役立つ、美容や健康のツボ! これで今日からあなたも小顔!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

知って役立つ、美容や健康のツボ!
これで今日からあなたも小顔!?

2021.03.01

提供:新宿医療専門学校

知って役立つ、美容や健康のツボ!
これで今日からあなたも小顔!?

朝起きて鏡を見ると、顔がむくんでる! 肌色がくすんでツヤがない…なんて思って気分が落ち込んだことはありませんか? そんなときに効果があると注目を浴びているのが美容鍼灸です。顔中に鍼を刺す美容鍼灸ですが、そもそもどうして顔のむくみや美白に効果が期待できるのでしょう? その理由について調べてみました。

この記事をまとめると

  • 人の体にある10数本のエネルギーの通り道が「気」。ツボは、その流れを調整する大事なポイント。
  • ツボは顔だけでも60個あまり存在する。そのツボを押すことで小顔効果も!?
  • 美容や医療、アスリートの体をもサポートする鍼灸師は幅広い分野で活躍できる仕事。目指すなら新宿医療専門学校へ。

美容鍼灸ってどうして効果があるの?

まず鍼とは何かを考える際に、知っておきたいのが東洋医学の「気」というものについてです。よく「あの人は元気だ」と言いますよね? その「気」です。つまり人が活動するために使うエネルギーの元のようなもの。人の体には、そのエネルギーの通り道が10数本あると言われています。道路の渋滞のように、その通り道をエネルギーがスムーズに通ることができないと、人の体は不調を感じてしまうのです。
では、気がすっきりと通るようにするには、どうしたらいいのでしょう? それはその通り道と体の表面をつないでいる場所を刺激してあげること。それがツボです。肩が凝ったときは、このツボを押すと良い、などと聞いたことがある人も多いでしょう。ツボは体の内部のさまざまな部分がつながっているので、胃の調子が悪いときは背中の左側が張ってくるなどということが起こるのです。
人の体にはツボが361個あると言われていて、そのうち60個近いツボが集まっているのが顔。しかもそれは顔だけではなく体全体に関わるため、顔に鍼を刺してそのツボを刺激するとさまざまな効果が期待できるのです。

顔のツボを押せば、あなたも小顔に!?

顔にはこれだけたくさんのツボがあります

顔にはこれだけたくさんのツボがあります

顔の印象を変える効果が期待されるツボについて、少しだけご紹介します。
口元がたるんでいると、ボンヤリとして老けて見えてしまうことがあります。そこで、下唇の少し下の凹んだところにある「承漿(しょうしょう)」というツボ。ここに人差し指の腹をあて、垂直に押します。また、口の両端にある「地倉(ちそう)」というツボは、これも両手の人差し指の腹で押しながら1cmほど上に引き上げて、そのままの状態で5秒ほど押し続けます。その後ゆるめるという動作を5~10回繰り返します。
フェイスラインをすっきりさせ、小顔効果が期待できるのが「下関(げかん)」。耳の穴から頰に向かって指3本分斜め下の、口を開けた時に骨が盛り上がる部分です。左右両方のツボに指をあて、ゆっくりと垂直に押します。5秒間押し、ゆっくり緩める動作を5〜10回ほど。

意外に簡単にできますので、ぜひ試してみてくださいね。

より幅広い分野で活躍できる鍼灸師を目指すなら新宿医療専門学校へ

鍼灸は美容分野、スポーツ分野など幅広く活躍できます!

鍼灸は美容分野、スポーツ分野など幅広く活躍できます!

人の美容や健康に大きな影響を与えるツボ。鍼を使って刺激することで、さまざまな悩みを解消するのが鍼灸師です。新宿医療専門学校(SSJS)の鍼灸学科は、そんな多くの人から求められる鍼灸師のプロフェッショナルを育てます。充実のプログラムで知識と技術を確実に身につけ、はり師・きゅう師国家試験合格率は91.2%(2020年3月卒業生実績 受験者数34名/合格者数31名)を達成しています。
1年生では理系科目が苦手な学生も難なく医学の基礎を学べるように指導。2年生では、それをさらに応用して鍼灸治療に役立つ学びを経て、3年制では互いにロールプレイングを行いながら実習し、より実践的な学びにつなげます。

鍼灸はこれまでお話ししたような美容・健康分野のほか、スポーツの分野では故障の予防・治療などでも注目の技術です。新宿医療専門学校では、プロのスポーツトレーナーによるセミナーを開催して卒業生がさまざまな分野で実力を発揮できるようにサポート。その結果、医療、スポーツ、美容、介護など幅広い場所で活躍しています。やりがいと喜びのある鍼灸師を目指して、新宿医療専門学校で学んでみませんか?

【広告企画】提供 : 新宿医療専門学校

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医療の高度化に伴い、呼吸器や透析装置、放射線治療などを取り扱う医療・検査機器の技師がますます求められています。この分野の仕事は、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリスト。めざすには、基礎知識から医療現場での実践能力に至る段階的学びが必要となります。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「鍼灸師(しんきゅうし)」
はこんな仕事です

鍼灸師は、鍼(はり)や灸(きゅう)を用いて人体のツボに刺激を与え、病気を治療する仕事。この治療方法は東洋医学に基づいており、金属の鍼と「もぐさ」と呼ばれる植物を燃やす灸を使って行われる。肩こりや腰痛、冷え症、アレルギーやストレスによる病気で悩む患者に対し、薬以外の方法でそれらの症状を和らげる効果がある。近年は、エステサロンなどでリラクゼーションの一環として取り入れられることも増えており、多くの女性が活躍中。鍼灸院で経験を積み、独立を目指す人も多い。

「鍼灸師(しんきゅうし)」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける