食をシゴトに!でも「栄養士」って理系が苦手でも大丈夫??

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

食をシゴトに!でも「栄養士」って理系が苦手でも大丈夫??

2021.03.01

提供:新渡戸文化短期大学

メイン
テーマ

食をシゴトに!でも「栄養士」って理系が苦手でも大丈夫??

食べることが大好き!そんな人って多いですよね!おいしいものを食べるのは楽しいし、満腹の時は至福の時間…。そんな方で食に携わる仕事を考えている、という方も多いのではないでしょうか?将来の職業として考えた場合、代表的なものは「栄養士」や「調理師」があります。ただ、「栄養士」は調べてみると、理系の勉強が必要になるという話もちらほら聞きます。実際はどうなのでしょうか?少しご紹介したいと思います。

この記事をまとめると

  • 食に携わる「栄養士」「調理師」をご紹介
  • 新渡戸文化短期大学の生活学科なら、初心者でも栄養士を目指せる
  • 食を通じて「おいしい」「健康」を目指す、栄養士はやりがいが大きい仕事!

「栄養士」と「調理師」の違いと、求められる素養って︖

食に関する仕事でよく耳にする、「栄養士」と「調理師」。それぞれ資格としても存在し、厚生労働省の定める養成施設(大学や専門学校)で学ぶ事により、取得することが可能です。では、それぞれの職業で食・料理への関わり方にどのような違いが出てくるのでしょうか?
まず前提として、資格が無くとも業務として調理することは可能です。調理自体は素人でもできますが、調理師資格を持つことによって、調理技術と知識を高めた人としてまわりから認められる為、より幅広い就職が可能になります。対して栄養士は、栄養指導も出来ることが強みです。例えば、美味しく栄養バランスの取れた給食で、子どもたちの好き嫌いをなくしながら健康な身体づくりをサポートしたり、病院で、内側から免疫力を高める食生活のアドバイスをしたり。プロのスポーツ選手やアスリートの活躍を食事面から支えることもできます。また、ますます「健康」というキーワードが注目される中、商品開発やフードプロデュースの現場でも、栄養士が求められています。最近ではレシピサイトなども流行していますが、「栄養士が考えた」というフレーズがあると、おいしいだけじゃない、栄養も考えられた食事として説得力がありますよね!

ただ一見、就職の幅が広い栄養士ですが、ネットなどで調べてみると、理系の素養が求められるという事も目にします。実際にはどうなのでしょう? 栄養士を目指して学ぶ内容としては例えば栄養学や食料学が挙げられます。各栄養素が持つ特徴と、その栄養素がどのように体内で消化・吸収され、人間の身体にどんな影響を与えるのかを学んだり、各食品にどのような栄養素が含まれており、組み合わせによってその栄養素が吸収されやすいか、などを学んだりします。高校の科目でいうと化学であったり、生物の領域になるといえます。またカロリー計算もあるので、この部分でも数字が関わってきます。これを見てやっぱり不安かも、、という方におすすめなのが、手厚いフォロー体制を敷く、新渡戸文化短期大学の食物栄養学科です!

新渡戸なら大丈夫! 手厚いフォローで栄養士をめざせます!

新渡戸文化短期大学 食物栄養学科では、栄養士の養成施設として、2年間の学びで栄養士を目指すことができます。料理に関する知識がない方でも大丈夫!栄養士に必要な化学の学習や国語力、計算力向上のための基礎演習などを行いつつ、わからない部分をなくす為、フォローアップも行っています。また、補習授業で高等学校までの学び直しをすることが可能(リメディアル教育※)なため、高校までの授業に自信がなくても安心して入学し、諦めずに学べる環境が整っています。1クラス40名と少人数なため、学生一人ひとりに寄り添った個別指導を実践しています。できるまで面倒を見る、手厚い教育体制です。

学生インタビュー(I.Sさん)学校案内より一部抜粋
『調理技術や栄養計算など初めて触れる内容も多く、入学当初は戸惑うこともありましたが、不安はすぐに解消。新渡戸文化には、先生、職員が親身になって、学校全体で一人ひとりをしっかり見守ってくれる安心感があり、心置きなく勉強に取り組めます。』

※基礎学力を補うために行われる教育

栄養士のやりがいは? 新渡戸文化短期大学の卒業生のお話

保育園に就職した、I.Mさんのお話をご紹介します。学校案内より一部抜粋
『調理技術をしっかり身につけたいと思っていた私にとって実習授業が多く施設・設備が充実している新渡戸文化は最適な環境でした。調理や栄養に関する知識・技術はもちろんですが、次に自分ができることを見つけて動く感覚が身についたことは、栄養士として働く今、とても大切なことだと感じています。卒業後は子どもたちに食事の楽しさや大切さを伝えたいという思いから保育園に就職。嫌いなものが食べられるようになるなど、食を通して子どもの成長を間近に感じられる仕事にやりがいを感じています。』

毎日の食事が身体をつくるという観点から、おいしいだけではなく栄養を考え、健康や病気の予防といった形でみんなを笑顔にする栄養士ってすごくやりがいがあってステキな職業だと思いませんか? 自分自身や家族の事を考えた際にも、将来にわたって役に立つ知識とスキルになります。新渡戸文化短期大学は充実した実習授業と、高い「寄り添い力」で、あなたの栄養士への道を応援します!!

【広告企画】提供 : 新渡戸文化短期大学

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術を生かしてサービスを提供したり、栄養に関する知識を生かして豊かな食生活を提供したりする仕事です。栄養に関する知識はもちろん、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、食材や飲料に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける