診療放射線×パソコンが治療のカギ!? 画像情報処理のスキルが生きる診療放射線技師の仕事

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

診療放射線×パソコンが治療のカギ!?
画像情報処理のスキルが生きる診療放射線技師の仕事

2021.03.01

提供:日本医療科学大学

診療放射線×パソコンが治療のカギ!?
画像情報処理のスキルが生きる診療放射線技師の仕事

診療放射線技師は、レントゲンやCT、MRI検査などで体の内部を撮影する専門家。適切に扱わないと危険な放射線を人の体に照射できるのは、医師と歯科医師以外では診療放射線技師のみで、国家資格が必要です。
しかし、診療放射線技師は「放射線の照射」だけが仕事ではありません。パソコンを駆使し、撮影した画像を見やすく加工したり、CTやMRIなどで撮った画像を立体的に表現する「画像情報処理」も大切な仕事の一つ。画像処理を行い、分かりやすい撮影画像を医師に提供することで、患者さんの適切な治療に対し大きな貢献をしています。

この記事をまとめると

  • ただ撮るだけじゃない! 診療放射線技師の仕事は多岐にわたる!
  • 撮ったあとも肝心。巧みな画像処理技術が治療のカギ!
  • 最先端技術と人間性両方を備えた技師になる!

最近の診療放射線技師には、パソコンスキルも求められる!

診療放射線技師は、放射線を駆使して治療に貢献する医療系の職種です。がんなどを患う患者さんの身体に放射線を照射して治療したり、エックス線やCT、MRIなどを用いて目に見えない臓器を撮影します。
放射線を安全に利用するために、放射線の特徴や装置、人体の仕組み、病気の基礎知識など、診療放射線技師はたくさんの知識を身につけています。そして、放射線を照射する範囲や量などを総合的に判断し、一番適した放射線の使い方を選択することで、患者さんにとって優しい診療を心がけています。また、MRIなどを使用するときは「どうすればよりよい診断につながる画像が撮れるか」を常に考えており、患者さん一人ひとりの体格や病気に応じて、撮影する角度を変えるなど、機械の微調整をしながら撮影を行います。このように、診療放射線技師は自らの知識や技術、経験を活かして医療現場で活躍しています。
しかし、こうした知識や技術による撮影の工夫に加え、いま診療放射線技師に求められる「大切なスキル」がもう一つあります。それが、「画像情報処理」を行うためのパソコンスキル。画像処理や3D化などの技術を駆使することで、撮影した画像を医師が診断・処置しやすいように加工します。
医療技術の進歩とともに、いま医療現場では様々な革新が起こっています。診療放射線技師の役割も大きく広がっており、放射線や医療機器に関する知識に加えて、こうした最新技術の知識が求められています。

処理した画像は、病原と治療法を読み解く大切な鍵

診療放射線技師が画像処理を行うことで、医師は患者さんの病気について、より適切な情報を得られます。そしてその情報は、患者さんの治療法を決めるための大切な判断材料として活用されています。
たとえば、以前はモノクロの平面画像でしか見ることができなかった体内の様子が、現在では撮影画像をもとに精密な3D画像として表現できるようになりました。血管の状態や血液の流れを調べる「血管造影」では、3D画像化することによって、様々な角度から立体的に血液を捉えられます。それによって、重なり合い見えづらかった血管の状態も、隅から隅まで調べられるようになりました。病気の原因になっている箇所をすぐに見つけられるため、血管が多い頭や心臓、足などの診断・治療に大きく貢献しています。
このように、診察放射線技師によって撮影・加工された画像は、患者さんの病原の発見や治療に大いに役立っており、非常にやりがいのある仕事です。また最近では、人工知能やIT技術を組み合わせた新しい技術を生み出す研究も行われ、診療放射線技師の役割はますます広がっていくことが予想されます。

考える力と技術を併せ持つ診療放射線技師を目指す

「報恩感謝」を医療現場で実践できる⼈材育成を⽬指す⽇本医療科学⼤学の診療放射線学科では、現代医療に不可⽋な放射線診療の担い⼿として、最先端の専⾨知識と技術を持つ診療放射線技師を育成します。
同科では放射線に関する基礎から高度な知識・技術に至るまでを自然な流れの中で修得していけるように配慮した講義・実習が行われています。学内の実習施設においては、講義で学修した内容を実技により技術として修得します。
例えば画像検査技術学実習では、医療人として不可欠な患者接遇とマナーについてはもちろん、⼈体各部の単純撮影、造影撮影、エックス線撮影、CT・MRI・超⾳波・マンモグラフィ検査などに必要な知識と技術を修得します。
さらに実際の病院での臨床実習を通して、それまで学んだ知識を確認し、高度な医療技術に触れつつ、医療人としての奉仕の心と患者接遇やコミュニケーション能力を養います。
診療放射線技師は、豊かな経験と⾃分で考える⼒が必要な仕事。同科では、長年にわたる診療放射線技師養成の経験を活かした、一人ひとりに対するきめ細かな指導が行われており、⾃分で考え⼯夫して撮影・画像処理ができる診療放射線技師を⽬指すことができます︕

【広告企画】提供 : 日本医療科学大学

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医療の高度化に伴い、呼吸器や透析装置、放射線治療などを取り扱う医療・検査機器の技師がますます求められています。この分野の仕事は、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリスト。めざすには、基礎知識から医療現場での実践能力に至る段階的学びが必要となります。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「診療放射線技師」
はこんな仕事です

医師の指示の下、放射線機器を使用し、レントゲン撮影をする仕事。診療放射線技師が扱う機器は幅広く、一般のエックス線の照射による撮影検査や、CT(コンピューター断層撮影法)検査、MRI(磁気共鳴画像装置)などがある。他に、放射線照射でがんの治療などを行うことも多い。これらの検査が、医師の診断や治療の手助けとなる。また、健康被害を出さないために、患者が浴びた放射線量の管理、機器や装置の点検などで事故を防ぐことも重要な仕事である。

「診療放射線技師」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける