リハビリテーションのプロフェッショナル! 理学療法士と作業療法士の仕事とやりがいとは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

リハビリテーションのプロフェッショナル!
理学療法士と作業療法士の仕事とやりがいとは?

2021.03.01

提供:日本医療科学大学

リハビリテーションのプロフェッショナル!
理学療法士と作業療法士の仕事とやりがいとは?

ケガや病気などで体の自由が利かなくなる……。もし、それが自分の身に降りかかったらどうなるか、想像したことはありますか? そんな苦しい時期の患者さんに寄り添って、社会生活への復帰をサポートするのが”リハビリテーション”という仕事。この仕事に関わっているのは、「理学療法士」や「作業療法士」といったプロフェッショナルたちです。「理学療法士」と「作業療法士」の仕事はどう違うのか、また、どんなやりがいがあるのかを見てみましょう。

この記事をまとめると

  • 患者さんが日常の動作を回復し、社会復帰を目指すお手伝いをするのがリハビリの仕事
  • ケガや病気で悩む患者さんはもちろん、スポーツの現場でもリハビリの仕事は不可欠
  • リハビリの仕事は、病院や施設との連携、療法士同士のチームワークも大事

立つ、歩くなど、基本的な身体的能力の回復をサポートする「理学療法士」

私たちが日常的に行っている動作のなかでも、立つ、歩く、座るといった基本的な動作ができるようにサポートするのが「理学療法士」です。理学療法士は、病気やケガなどで体の機能が失われた患者さんの筋肉や関節の状態などを正確に把握し、その人に合った回復プランを組み立てます。そして、患者さんが体を動かす練習を支え、時には温熱や電気を使った物理的な治療を施します。最終的には、患者さんの失われた体の機能を回復し、日常生活を取り戻すこと。それが理学療法士の仕事のゴールです。
リハビリは長い時間をかけて、患者さんと一緒にやり遂げていくものです。病院でのリハビリはもちろん、その後の通院に至るまで、多くの時間をともに過ごします。患者さんを支えるパートナーとして、辛い時期を一緒に乗り越え、「できた」という感動を共有できることは、理学療法士ならではの喜びといえます。
また、近頃では理学療法士が活躍できる分野が広がっています。スポーツチームに所属して、ケガや故障で悩む選手の運動機能の回復のお手伝いや、普段のトレーニングをより効果的に行うためのサポートなどを専門に行う理学療法士も増えています。

心と体の機能の回復をサポートし、社会復帰を目指す「作業療法士」

患者さんが、理学療法士のサポートによって、立つ、歩く、座るなどの基本的な動作ができるようになったら、そこから一歩進んで、食事、入浴、仕事、勉強、趣味など、普段の生活が送れるようにサポートするのが「作業療法士」です。理学療法士との大きな違いは、その治療が体の障がいだけではなく、精神的な障がいや、加齢が原因で起きる認知機能の障がいなど、対象の幅が広い点です。食事や料理などの日常的な生活を送る練習、細かい作業が必要な手工芸などの訓練を通して、より複雑な運動・作業ができるようにサポートするのが作業療法士の主な仕事です。
時間を要するリハビリ生活の中では、回復を実感できず前向きな気持ちを失ってしまう患者さんも多くいます。そんな時こそ、作業療法士の力が試されます。カウンセリングの技術を生かして心のケアを行ったり、患者さんが関心を持てそうな作業を訓練に取り入れたりすることで、患者さんの笑顔と意欲を引き出すことができた際には、作業療法士として大きなやりがいを感じることができます。時には、訓練で行っていた手芸などが新しい趣味になったなど、患者さんの生きがいを見つける手助けができます。

病院や福祉施設など、各分野との連携がリハビリの成功の鍵

リハビリの仕事は、ひとりの患者さんに対して、理学療法士と作業療法士がチームを組んで向き合ったり、医療機関や福祉施設と連携したりすることで、大きな成果を生みだします。将来、リハビリの仕事に就くことを考えているなら、多職種との連携を学べる教育施設を選ぶと、より広い視野を身につけることができ、将来的に役立つことが多くなるでしょう。日本医療科学大学のリハビリテーション学科は、理学療法、作業療法で専攻が分かれており、その他に診療放射線学科、看護学科、臨床工学科、臨床検査学科といった医療の分野で重要な役割を果たす仕事について学ぶ学科があります。学科の壁を越えて学ぶ授業も多く設けられ、より総合的な実力をつけることができます。超高齢社会において、なくてはならないリハビリの仕事。向き合うのは、生身の人間です。だからこそ責任は重大ですが、その分、患者さんから喜ばれ感謝されることも多く、それが確かなやりがいにつながります。他者や地域社会に貢献することで、充実した人生を送りたい方は、リハビリの仕事を目指してみてはいかがですか。

【広告企画】提供 : 日本医療科学大学

この記事のテーマ
医療・歯科・看護・リハビリ」を解説

医療の高度化に伴い、呼吸器や透析装置、放射線治療などを取り扱う医療・検査機器の技師がますます求められています。この分野の仕事は、高度な知識と技術をもって患者に医療技術を施すスペシャリスト。めざすには、基礎知識から医療現場での実践能力に至る段階的学びが必要となります。

「医療・歯科・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「理学療法士」
はこんな仕事です

理学療法士は、医療や福祉の施設でリハビリテーションの指導をする職業。対象者は病気やけが、高齢化などが原因で、歩く・立つ・座るといった日常の動作が難しくなった人である。医師の指示の下で行う治療法は、関節や筋力を改善する運動療法、電気刺激や温熱療法などで、痛みを和らげる物理療法、歩行などの日常生活動作の訓練などさまざま。義手や車いすなどを使用する訓練も含まれ、患者一人ひとりに合った治療計画を立てて実施する。

「理学療法士」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「作業療法士」
はこんな仕事です

作業療法士は、病気やけが、高齢化などで身体に障がいがある人の社会復帰をサポートする仕事。工芸・手芸・玩具操作などの作業を通して、機能回復を目指す。医師の指示の下に、患者に適したプログラムを作成し、治療を進める。作業療法士がサポートする患者には、障がいが治りきらない人もいる。そのため、心理面や精神面での社会復帰のサポートも重要である。活躍する場は、総合病院やリハビリテーション施設、高齢者や障がい者向けの福祉施設などが多い。

「作業療法士」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける