ナイチンゲール誓詞とは? 意味を知って看護師に一歩近づきましょう!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

ナイチンゲール誓詞とは? 意味を知って看護師に一歩近づきましょう!

メイン
テーマ

ナイチンゲール誓詞とは? 意味を知って看護師に一歩近づきましょう!

戴帽式の時にろうそくの光に包まれながら、ナイチンゲール誓詞により誓いをたてる看護学生たち。ナイチンゲール誓詞には、看護師に必要な心構えや考え方が込められています。この機会に意味を知って、将来 看護師・助産師を目指しませんか。

この記事をまとめると

  • ナイチンゲール誓詞とは? 原文と現代語訳
  • 100年前の看護師・助産師は?
  • 京都府医師会看護専門学校からめざせる将来

ナイチンゲール誓詞 原文

皆さんは「ナイチンゲール誓詞(せいし)」をご存知でしょうか。誓詞とは、誓いの言葉です。
ナイチンゲール誓詞は、医学に携わる看護師としての必要な考え方、心構えを示したもので、ナイチンゲールの偉業をたたえ、その教えを基として、1893年、アメリカ・デトロイトの看護婦学校長夫人を委員長とする委員会が作成しました。


【ナイチンゲール誓詞】

われはここに集いたる人々の前に厳(おごそ)かに神に誓わんーーー

わが生涯を清く過ごし、わが任務(つとめ)を忠実に尽くさんことを。

われはすべて毒あるもの、害あるものを絶(た)ち、

悪しき薬を用いることなく、また知りつつこれをすすめざるべし。

われはわが力の限りわが任務の標準(しるし)を高くせんことを努(つと)むべし。

わが任務にあたりて、取り扱える人々の私事(しじ)のすべて、

わが知り得たる一家の内事(ないじ)のすべて、われは人に洩(も)らさざるべし。

われは心より医師を助け、わが手に託されたる人々の幸のために身を捧(ささ)げん。


いかがでしょうか?
馴染みの少ない言葉も含まれているので、現代語訳にしてみましょう。

ナイチンゲール誓詞 現代語訳

【ナイチンゲール誓詞~現代語訳の例~】

私は、ここにいる人たちの前で神に誓います。

私は、一生は清く過ごし、看護師として忠実にこの仕事に尽くします。

私は、患者さんにとって毒や害のある薬を使わず、悪いものだと知っていれば患者さんにはすすめません。

私は、看護師として日ごろから目標を高く持ち努力を惜しみません。

私は、看護を行ううえで知った個人の情報や、その家族事情の一切を、人に漏らしません。

私は、医師の手助けをし、患者さんの幸せを願い、この身を捧げます。



上記 現代語訳は、一例として読んでください。
ナイチンゲールは、現在の看護師の仕事の基礎をつくった人物。
看護師に必要な考え方や心構えが、ナイチンゲール誓詞から伝わってきますね。

看護学校では、看護師の戴帽式や卒業式の際に、ナイチンゲール誓詞により誓いをたてています。

大切にしたいもの、それは、時代を超えても変わらない「看護のこころ」

2020年は、ナイチンゲール⽣誕200年。同年、京都府医師会看護専⾨学校も創⽴100周年を迎えました。

この100年間、1万5千⼈以上の卒業⽣を准看護師・看護師・助産師として地域へ送り出し、現在も京都府内を中⼼に北海道から沖縄まで⽇本全国各地で活躍しています。
また、さらにスキルアップして認定看護師・看護管理者・看護教員として活躍している⼈も多く、中には海外で活躍している⼈もいます。
本校では、私たちの⽣活や環境が⽬まぐるしく変化し、医療技術も⼤きく進化する現代社会のニーズを踏まえ、今後の医療の在り⽅も⾒据えながら、学⽣⼀⼈ひとりに対し看護職に求められる態度や価値観を育てるとともに看護職を⽬指す者として、社会的・職業的⾃⽴に必要な基盤となる能⼒や態度の育成に重点を置いています。

ナイチンゲールは「看護婦は自分の仕事に三重の関心をもたなければならない」と説いています。つまり、看護を目指す者は「知的な関心」「技術的な関心」「人への関心」を持つことが求められます。
「人への関心」このことは、本校が百年にわたり大切に育んできた「いのちへの愛、看護のこころ」に集約されています。時代は変われど看護職者として、人としての温かみある「看護のこころ」を大切にしながら、社会の変化に応じて求められる看護職の育成に取り組んでいきます。

「京都府医療トレーニングセンター」を活用した実践教育

●京都府医師会では、全国の医師会に先駆けて「京都府医療トレーニングセンター」を京都府医師会館内に設立しました。

本校では、同センターのシミュレーション・ラボを用いた訓練等によって、看護学生に必要とされる様々な技術や新しい手技の獲得を行っています。シミュレーション教育では、静脈血採血、心音・呼吸音の聴取、救急蘇生などの技術習得を行いますが、それと同時に「状況判断」「情報共有」「問題解決能力」「チームワーク能力」など、実際の臨床現場を再現し体験を通して学ぶことが有効とされています。本校では、これらの学習の中でシナリオをもとに疑似的体験を通して学習目標に到達できるように支援しています。

●100年にわたる歴史と伝統ある教育
本校は2020年度に創立100周年を迎え、「地域社会の医療に貢献できる総合的な看護職を養成すること」を目標に、数多くの卒業生を医療現場に送り出してきました。
特に本校に期待され、目指すものは「地域医療を支える助産師・看護師の育成」であり、助産・看護学生のモチベーションやスキルを高めるための実践教育に力を入れています。

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける