これからの対人援助の現場で求められる「チーム支援」とは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

これからの対人援助の現場で求められる「チーム支援」とは?

2021.03.01

提供:大阪人間科学大学

これからの対人援助の現場で求められる「チーム支援」とは?

人を支える対人援助のあり方は日々変化しており、高齢化や地域医療へのシフトが進む現代では、対人援助の専門職が多岐にわたり、多種多様な職種のスタッフが連携することが求められています。様々な分野・職種のプロフェッショナルが連携して一人ひとりを支える「チーム支援」とは?チームを担うプロフェッショナルの一員を目指すとき、何が必要とされるのでしょうか。

この記事をまとめると

  • チーム支援の重要性とは
  • チーム支援を学ぶプログラムが充実
  • 自分が目指す専門職の役割をより明確にイメージできるように

「チーム支援」で求められる他職種への理解

高齢社会や地域医療を支える現代の対人援助の現場では、一人の患者さまに対して様々な専門職が連携しながら「チーム支援」を行っています。その現場となるのは病院や診療所、高齢者・障がい者・児童福祉施設、行政機関に学校など、幅広いものです。
そして、そこで働くプロフェッショナルは医師や看護師、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・心理カウンセラー・社会福祉士・視能訓練士・保育士や教師など、分野・職種が多種多様。現場では様々な分野のプロフェッショナルが専門力を活かし、チームを組み、助けが必要な人を支えています。

チーム支援の現場において欠かせないのが、他分野・他職種への理解。各役割に対する理解に加え、協働する力を身につけることが必要です。医療をはじめ、心理・福祉・保育・教育分野といった幅広い分野の視点を持つことが求められます。

大阪人間科学大学独自の3学部7学科のリレー講義で、1年次から生きたチーム支援を学ぶ

多彩な対人援助の専門職業人を養成する「対人援助の総合大学」としての強みを活かした本学独自の授業「対人援助演習Ⅱ」では、3学部7学科のリレー講義により、それぞれの職種の役割に関する理解に加え、多様な臨床現場において多職種で協働する力を身に付けることができます。

【広告企画】提供 : 大阪人間科学大学

この記事のテーマ
医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」を解説

高齢化社会では、長生きするだけでなく健康でいることが何よりも重要です。病気やけがなどによる身体・生理機能の変化を探り、元気に生活できるように治療するのが、医師、薬剤師、看護師、理学療法士などの専門家の役割。専門的知識と技術を身につけ、チームとして連携することで医療の質を向上させる方法を学びます。

「医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「リハビリテーション・作業療法・理学療法」
はこんな学問です

リハビリテーションには、障がいを持った人の運動能力回復のための理学療法と、心身にわたる諸機能を回復するための作業療法がある。理学療法では、立つ・歩くなどの運動療法とマッサージや電気による物理療法を用いるための知識、技術を学び、「理学療法士」をめざす。一方、作業療法は、精神疾患なども含めて用いられるもので、たとえば、園芸や工芸を通じ、患者が生活の自立性を回復するための知識、技術を学び、「作業療法士」をめざす。

「リハビリテーション・作業療法・理学療法」について詳しく見る

この記事のテーマ
人間・心理」を解説

人間科学は、人間の存在や関係性を研究し、学習範囲は広範囲にわたります。心理学は、人間の心や行動の特徴を分析・解明します。中でも臨床心理学は、ストレスの多い現代社会において注目される分野。いずれも、人間の存在意義をひもとく基礎となる学問です。

「人間・心理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「心理学」
はこんな学問です

人間の心理や行動がどのような原理で動いているのかを研究する学問である。それにはさまざまなアプローチがある。たとえば、認知心理学では対象を知覚してから言語化するまでの作用を情報処理のプロセスとして理解する。発達心理学は人間が誕生してから死ぬまでの心の変化が何によるのかを探究する。臨床心理学は心のバランスを崩してしまった人の状態の改善をめざす。志望校に自分の本当に学びたい心理学があるかどうかを必ず確認することが大切だ。

「心理学」について詳しく見る

この記事のテーマ
福祉・介護」を解説

少子高齢化が進み、医療や介護保険の費用が増えるなど問題が山積みの現代社会。福祉は、こうした社会的課題に向き合うとともに、子どもから高齢者まで、あらゆる世代の人が幸せに生きるための社会支援のあり方を探求する学問です。個人では解決できない問題をチームや組織として考える視点も学びます。

「福祉・介護」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「福祉学」
はこんな学問です

心身にハンディを背負っていても安心して暮らせる社会にするために、公的な支援がどうあるべきかを研究する学問である。地域、年齢、心身の状態も一人ひとり異なる対象者に、どのようにすれば安定した福祉サービスを提供できるのかが重要なテーマ。そのための制度設計や現場の仕組みづくりなど、研究分野は多岐にわたる。福祉の対象者に限っても、児童福祉から高齢者福祉まで幅広い。

「福祉学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける