2020年4月から小学校の英語授業必修化がスタート! 『夢は小学校の先生です!でも英語教育は不安です…』

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大20校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

2020年4月から小学校の英語授業必修化がスタート!
『夢は小学校の先生です!でも英語教育は不安です…』

2021.03.01

提供:平安女学院大学

メイン
テーマ

2020年4月から小学校の英語授業必修化がスタート!
『夢は小学校の先生です!でも英語教育は不安です…』

2019年、英語を「教科」として教えることに『自信がない』と回答した現役小学校教員が約7割もいたことが、ある英会話教室の調査結果で出ていました。
『小学校の先生になりたいけど英語を教えられるかな?』
あると思います、そんな不安!
だからこそ!これから小学校の先生を目指すそこのあなた!小学校の英語教育がどうなっているのか、ちょっと学んでいきませんか?

この記事をまとめると

  • 3、4年生は「外国語活動」。まずは「聞く」「話す」
  • 5、6年生は、「外国語」「聞く」「話す」「読む」「書く」を教科として学ぶ。
  • 付加価値のある小学校教員を目指すなら、平安女学院大学へ!

3年生から始まる「外国語活動」。それは「活動型」学習!

2020年の教育改革によって小学校の英語授業が必修化され、もともと5年生から行っていた「外国語活動」が3年生から行われることになりました。
みなさんが小学校の時にはこの「外国語活動」は何年生の時にありましたか?

2020年から小学校3,4年生に外国語活動が導入された意図としては
・「聞くこと」「話すこと」を中心とした外国語活動を通じて、外国語に慣れ親しむ。
・コミュニケーションを想定した活動を通した外国語学習によって小学校高学年の「読むこと」「書くこと」に関する外国語学習に備え、さらに中学校への接続をスムーズにする。
の2つに分けられます。

「外国語活動」の内容は、クイズや歌、ダンスなどを通して外国語つまり英語に親しんでいくという内容になっています。日常的なあいさつや簡単な会話なども教わり、初歩的な英会話を学びます。
「聞くこと」「話すこと」といった音声を中心とした活動を通じてコミュニケーション能力の下地を作るのが目的となっています。

それほど高度な内容ではないので、授業は学級担任が担当します。
実際、どれくらいの時間がこの授業にさかれるのかというと、年間35時間、週に1~2コマ程度の頻度で授業があります。

5年生からは「外国語」。教科になり成績表にも記載されます。

5年生からは英語が正式に教科に格上げされます。つまり、国語や算数と同じように時間割の中に入って45分の授業として扱われることになります。
もちろん教科として認められるので成績表に記載されます。

5、6年生の「外国語」の目標は3、4年生で学んだことに加えて、「読むこと」「書くこと」を教科として学び、コミュニケーションを図る能力を基礎のレベルまであげることが目的とされています。
また、外国語を通して言語やその背景にある文化への理解を深め、主体的にコミュニケーションを図ろうとする態度や、国際感覚の基盤を養う、という意図もあります。

「外国語活動」との違いは
・語彙の把握だけでなく発信できるようになること。
・自分以外のことについても表現できるようになること。
・自分なりの考えをもって気持ちを表現する工夫をすること。
・書き写すだけではなく、英語の語順の大切さを意識して書くこと。
のようになっており、3、4年生の内容と比べかなり本格的な内容になってきます。

より実践的な英語を学ぶことになるので、学級担任に加えて専任教員が授業を行うことが多くなります。
単位数は年間70単位。4年生で年間35単位、週に1~2回程度の頻度、ということは週に3コマ程度は授業があるということになります。

英語だけでなく心理についても学べる!付加価値のある先生を目指すなら平安女学院大学!

みなさんは「9歳の壁」「10歳の壁」「小4の壁」という言葉を聞いたことがありますか?
9~10歳の時期になると、道徳性や社会性、感情や友人関係等にも大きな変化が生まれてきます。
2009年に放送されたNHKの報道番組『クローズアップ現在+』の「10歳の壁」特集では、
9~10歳で小学校の勉強についていけなくなる子どもが急激に増えたのだそうです。

文部科学省はこの時期の子どもの発達段階の特徴を以下のように説明しています。
゛9歳以降の小学校高学年の時期には、幼児期を離れ、物事をある程度対象化して認識することができるようになる。対象との間に距離をおいた分析ができるようになり、知的な活動においてもより分化した追求が可能となる。自分のことも客観的にとらえられるようになるが、一方、発達の個人差も顕著になる(いわゆる「9歳の壁」)。身体も大きく成長し、自己肯定感を持ちはじめる時期であるが、反面、発達の個人差も大きく見られることから、自己に対する肯定的な意識を持てず、劣等感を持ちやすくなる時期でもある。”
(引用元:文部科学省|3.子どもの発達段階ごとの特徴と重視すべき課題)

この時期子どもの学習には発達心理も重要なポイントになっているようですね。

平安⼥学院⼤学 ⼦ども教育学部 ⼦ども教育学科 子ども教育コースでは、小学校で英語を教えるのに必要な英語力・指導力を身に付けるための【英語専修】を用意しています。
中学校教諭免許[英語]も目指せる充実の授業内容となっているので、現場で活かせる実践力が身につきます。
それだけではなく、「発達心理」・「幼児理解」・「教育相談」などに加え、より専門的な心理学を学ぶことのできる【心理専修】もあり、それぞれの段階に応じた子どもの発達心理を学ぶことができます。

英語に不安のある人でも平安女学院大学で学べば付加価値の高い小学校教諭を目指すことができます。
『夢は小学校の先生です!』
その夢、平安女学院大学で叶えませんか?

【広告企画】提供 : 平安女学院大学

この記事のテーマ
教育」を解説

教育機関や子ども向けの施設で、教育指導に関わる仕事です。小・中学校や高等学校の教員をめざす場合、大学や短期大学の教職課程で学ぶ必要があります。提携する大学や短期大学の通信教育を受けて、教員免許状を取得できる専門学校もあります。希望する職種により、必要な資格や免許が異なります。

「教育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「小学校教師」
はこんな仕事です

小学校1年生から6年生の子どもを対象に、勉強や生活全般について指導するのが小学校教師。国語や算数などを含むほぼ全教科を、教師一人で教えるケースがほとんどだ。6年間の小学校生活は子どもの人格形成にもつながる大切な時期なので、一人ひとりの個性を理解して指導しなければならない。優しさと厳しさの両方を備え、常に公平な立場で接することが望まれる。学校の授業以外にも、運動会や遠足といった学校行事やPTA、家庭訪問など仕事の幅は広いため、多忙な職業といえる。

「小学校教師」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける