テレビで見るOLさんはなぜ美人? 理由は「会社の顔」としての仕事内容にあり!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

テレビで見るOLさんはなぜ美人? 理由は「会社の顔」としての仕事内容にあり!

2015.06.15

提供元:マイナビ進学編集部

テレビで見るOLさんはなぜ美人? 理由は「会社の顔」としての仕事内容にあり!

この記事をまとめると

  • 会社の商品やサービスをPRするのは「広報・宣伝」という職種の人たち
  • 自社の情報を取り上げてもらうために、ときには自らがメディアに出ることもある
  • 「美人広報」としてテレビや雑誌などで話題になることもある

商品や企業をPRする「広報・宣伝」という仕事

テレビや雑誌などで、新しいサービスやヒット商品について「この商品はこんなにいいところがあります!」とPRしている人を見たことはありませんか? その人はもしかすると会社の「広報・宣伝」という部署の人かもしれません。

どんなにいいサービスや商品を作り出しても、人々に認知されなければ意味がありませんし、会社の売り上げにもなりません。広報・宣伝担当者は、たくさんの人に自社のサービスや商品のよさを知ってもらい、売り上げにつなげるのが役目です。

では、広報・宣伝は具体的にどんな仕事をしているのでしょうか?

広報・宣伝は、テレビや雑誌に出演することもある!

広報・宣伝は、テレビや雑誌などのメディアに「自分の会社からこんな新しい商品が発売されました」「他にはない、こんなサービスを行っています」という情報を発信して、番組や雑誌で取り上げてもらうように働きかけるのが仕事です。

具体的には、企業やお店向けの資料を作って、各社にメールなどで配信したり、消費者がどんな情報を求めているのかリサーチをしたりします。サービスや商品によっては、メディア側から取材依頼が入ることもあり、各メディアの問い合わせや取材に対応することもあります。

ときには「○○社の広報・宣伝担当 ○○さん」として、自らがテレビや雑誌などに出てPRすることもあります。広報・宣伝としてメディアに出る人は、視聴者からすると「会社の顔」となるわけですから、場合によっては、担当者は身だしなみをきちんと整えた、清楚な見た目の人であることも大切になります。「美人広報」として話題になれば、会社のイメージアップにつながることもあるでしょう。

企業の存在を広く知ってもらうことにつながる

広報・宣伝は、「会社の顔」としてメディアに出ることもあるため、華やかな職種と思われがちですが、実際はデスクでメールや電話対応をしたり、トラブルの対応をすることも多いといわれています。

しかし、広報・宣伝は、企業のサービスや商品の魅力をたくさんの人に向けて伝えることができる、とてもやりがいのある仕事です。担当者の努力によっては、サービスや商品の売り上げアップや、企業の存在を広く知ってもらうことにつながるでしょう。

モノに込められた思いを誰かに伝えることに喜びを感じる人は、もしかしたら広報・宣伝の仕事に向いているかもしれませんね。

この記事のテーマ
ビジネス・経営」を解説

法律などの専門知識を学び、文書作成などの技能を磨くほか、資格取得や検定合格を目指すカリキュラムもあります。小売業や不動産売買、経営コンサルタントや税理士など、各ビジネス分野におけるスペシャリストも育成します。国家試験の合格が求められる高度な資格を必要とする仕事もありますが、専門学校の中には受験指導に実績を誇る学校もあります。

「ビジネス・経営」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「広報・宣伝」
はこんな仕事です

広報の仕事は、新聞や雑誌の記事、テレビニュースなどを活用し、的確な自社PRや商品PRを展開すること。企業理念を正確に把握し、マスコミからの取材の際にも対応しなければならない。また、株主・投資家へ向けて、経営状況を伝えるためのIR(投資家向け広報)活動も重要な業務だ。一方、宣伝の仕事はテレビコマーシャルや雑誌広告、新聞広告など、予算に基づいて宣伝活動を行うこと。社内外の制作スタッフと連携して広告戦略を考え、進行管理や広告効果測定などを行う。Webサイトの更新や社内報作成などの業務もある。

「広報・宣伝」について詳しく見る