進路で迷ったときの相談相手は誰?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

進路で迷ったときの相談相手は誰?

2016.01.14

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

進路で迷ったときの相談相手は誰?

進学先や受験のこと、いろいろ不安なことが多いけど、誰に相談していいか分からない……。そんな悩みを持っている人も多いことでしょう。かつて同じ経験をした先輩たちに、誰に相談していたか聞いてみました。

この記事をまとめると

  • 家族や兄弟は、いつどんなときも味方でいてくれる存在
  • 親友や恋人とは悩みを共有し、励まし合える存在
  • 客観的なアドバイスやその道のスペシャリストに相談したいときはSNSという選択肢も

やっぱり安心! 家族や兄弟が一番の相談相手に

まず、最も多かったのが両親や兄弟といった家族。

・「お母さん。子供のころから困ったときはお母さんに相談することにしている」(21歳/女性)

・「兄。3つ上の現役大学生だから、いろいろ聞きやすかった」(19歳/男性)

・「いとこ。小さいころから仲良しで、頼りになる存在。志望校のランクを下げるかどうかで悩んでいたときに『後悔しない道を選んだほうがいいよ』と背中を押してくれた」(20歳/男性)

身近な存在だからこそ何でも話せるもの。どんなときでも自分の味方でいてくれる安心感もありますよね。その一方で、距離が近すぎるからこそ本音を語るのが恥ずかしかったり、「反対されるかも」と感じる人も少なくないようです。

親にはいえないことも話せてしまう、先生や友達、恋人

続いて多かったのは、学校の先生や友人、恋人などを頼りにしたという人。

・「担任の先生の出身校が私の志望校だったので、学校の雰囲気や受験のときの様子など、とても参考になった」(18歳/女性)

・「親には恥ずかしくて話せない将来の夢の話も真剣に聞いてくれるから、友達によく相談していました」(20歳/女性)

・「彼氏。『必ず合格して、一緒に大学生活を楽しもう!』と励まし合っていました。勉強で行き詰まったときもいろいろ話を聞いてくれたから頑張れました」(20歳/女性)

両親や家族に話すのはハードルが高いという人は、友人や恋人など、普段の生活で一緒にいる時間の長い人に相談しているようです。同じ悩みを共有する者同士、励まし合えるのもいいところ。また、進路に関する情報をたくさん持っているという意味で、学校の先生に相談する人も多いようです。このほか、部活の先輩やよく行くお店の店員さんなど、比較的年齢の近い年上の人を挙げる人も見られました。

今後ますます増える!? インターネット、SNSで進路相談

そして中には、インターネットの掲示板やSNS上で進路相談するという人も。

・「Twitterの友達。会ったことはないけど、いつも的確なアドバイスをくれるし、いろんな意見を聞くことができるから」(18歳/男性)

・「同じ志望校の人たち同士情報交換できるコミュニティサイト。匿名だから、本音で話せるのが良かった」(19歳/女性)

客観的なアドバイスをもらえるという点では、不特定多数のユーザーがいるSNSは最適なツールといえそうです。自分が将来進みたい分野の人とも気軽につながることができるのもメリットです。


進路の悩みは絶えないもの。ですが、誰かに話してみると案外答えが見えてくることもあります。さまざまな人の意見に耳を傾けながら、焦らずじっくり悩みと向き合ってみてくださいね。