入試直前・直後にやっておきたい、入試のヒケツとは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

入試直前・直後にやっておきたい、入試のヒケツとは?

2015.12.25

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

入試直前・直後にやっておきたい、入試のヒケツとは?

大学入試はすぐ目の前です! この冬は、最終的な総まとめと弱点強化の時期。勉強だけではなく体調管理をしっかり行い、交通経路を確かめたり、携行物など準備する事項を明確にしておきましょう。さらに一つの試験を終えた後の心構えや行動も大切です。本記事では試験に心を落ち着いて臨み、実力がいかんなく発揮されるとともに、その後のスタートにスムーズにつなげるための心構えや意識して実践したいことを紹介します。

この記事をまとめると

  • 過去問と復習に取り組み、新しいことに手を出さない
  • 放置科目に気を取られ過ぎず、試験時間を意識したリズム感を体得
  • 試験前・当日・後の素早い切り替えが合格への一歩

重要科目は復習と過去問中心に。新しいことに手を出さない

センター入試、私立大入試、続いて国立大2次試験……と年が明ければ入試が次々とやってきます。
「もう時間がない、できることなんて限られている!」と焦ることはありません。まだまだできることはたくさんあります。
だからといって、新しいことに手をつけるのは厳禁。大切なのは基本に充実であること。この時期なら、徹底的な復習と弱点の強化です。心がけたいのは、速く、多く、です。

例えば、最重要科目の一つである英語では、単語・熟語の復習は欠かさず行いましょう。眺めるだけではなく、必ず手を使って書くこと。また、文法では、以前間違えたところだけでもよいので、しつこいぐらいに再確認をしましょう。

受験科目に数学のある人は、基本的な問題を総点検。新しい問題集に手を付けるのではなく、これまで使った問題集を見直すことをオススメします。その後、赤本を徹底的に解き、自分の弱点克服を目指しましょう。

「放置科目」に注意! 問題を解く「リズム感」を忘れずに

国語なら古文の単語を重点的に暗記し、できれば現代文の漢字ももらさず……と言いたいところですが、全て網羅しようとすると、かえってあれもこれもと焦りが生じるもの。試験の緊張感の中では、日ごろよく目にしている簡単な漢字でさえ、書き間違えたり選び間違えてしまうことがあります。日ごろから漢字を当たり前に使う習慣をつけておくことが大切です。

理科や社会は、記憶に自信がある事項を中心に、関連事項を見直しながらざっと総点検しましょう。

ただ焦って理科・社会ばかり、かかりきりになってしまってはいけません。少しの時間だけだったとしても、英語や国語問題の復習をすることによって、試験を受けている間のリズム感や問題を解く感覚を維持し、本番に対するカンが鈍らぬようにしておきましょう。

準備、本番、直後の素早く合理的な切り替えが「その後」のカギ

・試験直前は試験の10日ぐらい前になったら、できれば毎日、本番前日のつもりになって「明日は試験」と想定して寝るようにしてみましょう。心と体を少しずつ「試験体勢」にしていくのです。

また、会場と交通経路はセットでチェックを。大学によっては、キャンパス以外の受験会場で受けることもあるでしょう。ぼんやりしていて、当日受験票を見てから、あわてて乗り換え検索をするなんていうことにならないように。筆記用具、使い捨てカイロ、チョコや飴などの携行物もしっかりチェック。筆記用具などは新品ではなく普段、使い慣れているものを持っていくのが一番です。もちろん試験直前まで復習できる愛用のノートや、参考書などもお忘れなく。

・当日は会場に到着して、自分の教室と座る座席をしっかり確かめたら、トイレの場所などを確認しましょう。また、細かいことですが、机の上は、シャーペンや鉛筆、消しゴムなどの置き方を可能な限り、自宅の机で勉強していた状態を再現。心身に不要なストレスを感じずにリラックスして問題に集中できると思います。

・試験終了後は試験を終えた帰り、よく予備校が正解を配っていたりします。また新聞紙上でも問題と正解例が発表されますね。しかし、自己採点するのはおすすめできません。配点もよく分からず採点して一喜一憂するのは意味がないからです。それよりも、気持ちをすっぱりと切り替え、次の試験に備えること。1日試験を受けるとかなり疲れます。翌日も試験がある場合は、特にゆっくり休みましょう。

また、センター試験の場合は、たとえ前期の結果が芳しくなくても、後期で合格する可能性も十分に残されています。家族や友人とのおしゃべりなどで気分転換を図り、心身状態の緩急をうまくコントロールしながら、全ての試験が終わるまであきらめずに進んでいきましょう!


■参考URL
http://allabout.co.jp/gm/gc/67825/
http://allabout.co.jp/gm/gc/67790/3/
http://matome.naver.jp/odai/2135802487572134001