結婚式をメルヘンにしてしまう、インパクト大の「花」って何?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

結婚式をメルヘンにしてしまう、インパクト大の「花」って何?

2015.12.24

提供元:マイナビ進学編集部

結婚式をメルヘンにしてしまう、インパクト大の「花」って何?

結婚式などのお祝いごとのインテリアとして人気を集める、あるお花があります。トレンドや簡単なつくり方をご紹介します。

この記事をまとめると

  • 海外では大きなお花「ジャイアントフラワー」を使った結婚式がトレンドになっている
  • ジャイアントフラワーは自分の好きなように、簡単につくることができる
  • 結婚式の会場装飾などを相談するのはブライダルコーディネーター

結婚式の次のトレンドは「ジャイアントフラワー」!?

みなさんは、「将来こんな結婚式を挙げたい!」という憧れのようなものはありますか? まだ結婚式に参列したことがないという人も多いと思いますが、CMやドラマで花嫁がウエディングドレスを着ているのをみると、いつかあんなすてきなドレスが着たいなと思うことはあるのではないでしょうか。

私たちが普段着る洋服にトレンドがあるように、ウエディングドレスや結婚式場の飾りつけにもトレンドがあります。最近のウエディングドレスでは「マーメイドラインのドレス」がトレンド。人魚のように、腰回りがキュッと引き締まっていて、裾に向かってフレアが広がっているようなデザインが人気です。それから、英国のキャサリン妃が着たことで一気に注目を集めた、レースを使ったウエディングドレス。肩を大きく出さずに、腕までレースで覆ったドレスが上品だと話題になりました。

また、教会や披露宴会場を飾るお花にも、最近新たなトレンドが生まれてきています。それは「ジャイアントフラワー」。華やかに会場を彩ってくれると、国内外で話題になりつつあります。

ジャイアントフラワーを手づくりしてみよう!

チャペルや披露宴会場を華やかに見せてくれる「ジャイアントフラワー」は、人の頭よりも大きなお花です。もちろんこれは、本物のお花ではなく紙でつくったお花。普通のお花よりもかなり大きいので、ジャイアントフラワーで作ったブーケなど、とてもインパクトがありますよ。しかも、好きな色でつくれるので会場のレイアウトも思い通りに。手づくりすれば、本物のお花で飾るよりコストもかからないかもしれません。

つくり方は簡単。大きな画用紙や模造紙、クレープ紙など、ある程度硬さのある紙を用意します。まずは、茎を用意しましょう。茎の芯となる棒に、グリーンのフローラルテープを巻きつけていきます。それから用意した好きな色の紙を花びらの形に切り抜いて、花びらの下の部分を茎に巻きつけ、フローラルテープで止めていきます。花びらの上の部分を好きなように開いたり、カールをつけたりしてみると雰囲気が出てきます。お好みで葉っぱをつけてみて、完成です。

理想の結婚式を新郎新婦と一緒につくり上げる、ブライダルコーディネーター

ジャイアントフラワーは海外ではとても話題になっていて、実際に結婚式で取り入れている人もたくさんいますが、日本ではこれから流行っていきそう、といった感じでしょうか。

どんな結婚式にしたいか、どんな会場装飾にしたいかということは、ブライダルコーディネーターと話し合っていくことになります。今後はブライダルコーディネーターのもとに、「ジャイアントフラワーを使った会場装飾にしたい」という相談が多く寄せられるかもしれませんね。

ブライダルコーディネーターは、新郎新婦が希望通りの結婚式が挙げられるようにサポートしていく職業です。仕事をするのに取得が必要な資格はありませんが、せっかくの晴れ舞台、相手の要望をしっかりと引き出していくコミュニケーション能力は欠かせません。また、たくさんのゲストがいらっしゃる結婚式を取り仕切っていくので、細やかな気配りやサービス精神も必要です。もし、この職業を目指したいのなら、民間で行われている検定や資格の取得も目標の実現に役立つかもしれません。華やかなだけの仕事ではありませんが、新郎新婦の門出の瞬間に立ち会える、素晴らしい職業ですよ。

この記事のテーマ
旅行・ホテル・ブライダル・観光」を解説

目指す業界の専門知識を学び、パソコンなどのスキルを身につけます。旅行・観光では資格取得や採用試験対策、ホテル・ブライダルでは、現地実習を通して実践力を養う研修が多く含まれます。共通して求められるのは、ゲストに非日常のサービスや空間を提供する接客技術やサービス精神。不規則な勤務に対応できる体力の養成も求められます。

「旅行・ホテル・ブライダル・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ブライダルコーディネーター」
はこんな仕事です

結婚を控えるカップルに、予算や希望に沿った結婚式・披露宴をプロデュースするのがブライダルコーディネーターの仕事。ブライダルプランナーとも呼ばれる。衣装選びから式の演出、引出物、案内状の手配まで、式に関わるあらゆる相談ごとに対し、最適なアドバイスを行う。結婚式場やホテルで働くほか、経験を積めばフリーランスとしての活躍も夢ではない。ライフスタイルが多様化するなかで、自分たちらしい挙式をしたいと希望するカップルの理想をかなえ、結婚式を盛り上げることが仕事のやりがい。

「ブライダルコーディネーター」について詳しく見る