これって山って呼んでいいの!? 日本一低い山は標高何mか知ってる?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

これって山って呼んでいいの!? 日本一低い山は標高何mか知ってる?

2015.12.22

提供元:マイナビ進学編集部

これって山って呼んでいいの!? 日本一低い山は標高何mか知ってる?

日本一低い山は、標高何mかご存じですか? その山の歴史や、低さにまつわる競争などをご紹介します。

この記事をまとめると

  • 日本一高い山は富士山、では、日本一低い山は?
  • 宮城県の日和山が、大阪府の天保山を抜いて日本一低い山に認定された
  • その土地の名所を、旅行の一環として紹介するのがツアープランナーの役目

高さなんと3m! 日本一低い山!? 

日本一高い山といえば、もちろん富士山ですよね。天気のいい日には、他県からもその姿が拝めることもあります。

では、「日本一低い山」はどこかご存じでしょうか? 実は「日本一高い山」と同じように、「日本一低い山」もきちんと記録されています。しかも、ここ数年で日本一低い山の順位は入れ替わっているのです。

まず、大阪市港区の天保山公園にある「天保山」(てんぽうざん)は、なんと、標高4.53m。2階建てのビルよりも低いくらいの高さですが、測量の基準となる三角点もしっかりあるため、立派な山として認められており、以前は国から認められていた「日本一低い山」でした。

ところが、2014年4月の国土地理院の調査によって、天保山が「日本一低い山」を名乗ることができなくなってしまいました。というのも、宮城県仙台市にある「日和山」(ひよりやま)のほうが低い山として認められたからです。その標高はなんと3m! 天保山よりも約1.5mも低いではありませんか。これでは天保山も日本一の座を明け渡すしかありません。

仙台市にある日和山が日本一低い山に認定されて天保山は2位に

もともと日和山は、1991年から1996年までのあいだ、国土地理院の地形図掲載の山として日本一低い山に認定されていました。しかし天保山が地形図に再掲載されたことでその地位を譲った経緯があり、しばらく案内看板も「元祖・日本一低い山」されていたのです。さらに、2011年の東日本大震災による津波で、山自体が消滅したと報道されていました。

しかし、2014年4月9日に標高3mの山として再び認定されたことで、18年ぶりに「日本一低い山」に返り咲いたのです。しかし、秋田県や香川県など、全国各地の山から「この山こそが日本一低い山だ!」という声もあり、まだまだこの日本一争いは続きそうです。

「町内名所ツアー」など、自分なりのツアーをプランニングしてみよう

こうした日本各地の土地にまつわる話題は、観光好きな人からすれば非常に興味深く、楽しいものです。そんな話題の場所を観光地としてお客さんに紹介するのは「ツアープランナー」の仕事です。ツアープランナーは、歴史上の史跡など観光スポットを組み込んだ旅行のスケジュールを組み、ツアー参加者がより思い出をつくれるような旅を企画する職業です。

最近では、一般的なツアーとは違う個性的なツアープランも増えています。「日本一スポットめぐり」など、日本一を体験するツアーなどがあれば人気が出るかもしれませんね。将来ツアープランナーになりたい人は、まずは身近な名所ツアーなどを自分なりに企画してみると面白いかもしれませんよ。

この記事のテーマ
旅行・ホテル・ブライダル・観光」を解説

目指す業界の専門知識を学び、パソコンなどのスキルを身につけます。旅行・観光では資格取得や採用試験対策、ホテル・ブライダルでは、現地実習を通して実践力を養う研修が多く含まれます。共通して求められるのは、ゲストに非日常のサービスや空間を提供する接客技術やサービス精神。不規則な勤務に対応できる体力の養成も求められます。

「旅行・ホテル・ブライダル・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ツアープランナー」
はこんな仕事です

国内外の旅行を計画し、実際に手配をする仕事。まさに「ツアー」の「プラン」を立てる職種である。旅行会社のパンフレットにあるようなパッケージツアーをつくるだけでなく、新婚旅行など個人からの申し込みについても対応する。ツアーの核となる観光スポット、交通機関、宿泊施設の選択だけでも無数の組み合わせが存在するが、さらに体験企画などのイベントや現地での買い物情報などを取り入れつつ、最終的にリーズナブルな価格設定を実現するためには、豊富な旅行知識と経験が必要となる。

「ツアープランナー」について詳しく見る