数式だけじゃない!数学を学ぶことで身に付くチカラとは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

数式だけじゃない!数学を学ぶことで身に付くチカラとは?

2020.07.22

提供:奈良学園大学

数式だけじゃない!数学を学ぶことで身に付くチカラとは?

みなさんは「数学」と聞いて、なにを思い浮かべますか? IT、金融、天才数学者といったキーワードでしょうか。なかには、苦手意識のある人もいるかもしれません。では、数学を学ぶことで得られるメリットは知っていますか? 実は数学には、他の学問や日常生活の基盤にもなる「論理的思考」を養う力があるのです。今回は、数学を学ぶ魅力と、数学の教員をめざせる大学についての話。保幼小接続や小中高接続に強い先生になりたい、そんな人も必読です。

この記事をまとめると

  • 学問全般やコミュニケーションにも役立つ、数学的な見方・考え方
  • 数学の教職課程があり、保幼小接続や小中高接続にも強い
  • 夢の実現をバックアップする、奈良学園大学の教育環境

主張(結論)と根拠(理由)はセットでなければならない

数学の問題を解くとき、重要になってくるのが「数学的な見方・考え方」です。数学的な見方・考え方について、学習指導要領解説(文部科学省)には「事象を、数量や図形及びそれらの関係などに着目して捉え、論理的、統合的・発展的に考えること」とあります。それは、物事を整理し筋道を立てて考えることであり、「論理的思考(ロジカルシンキング)」と言い換えられます。

では、「論理的思考」とは具体的にどんなものでしょうか。そもそも論理とは、「主張」とそれを支える「根拠」によって成立するものです。したがって、論理的であるためには、主張(結論)と根拠(理由)がセットになっていなければなりません。「論理的(ロジカル)な構造」で考え、表現し、聞くことは、あらゆる学問分野で役立つスキルですし、人間関係においては説得力や納得感の高いコミュニケーションにつながります。数学で身につく論理的思考は、人として基盤となるものです。

「数学の教員」をめざせる、奈良学園大学

数学が他の学問と異なるのは、「唯一の答え」が存在すること。そのため、問題に挑戦しているときのワクワク感や夢中になっている感覚、そして解いたときの「できた!」という達成感は、数学ならではの面白さといえます。数学に苦手意識のある人も、ゲームやクイズを楽しむように取り組むことをおすすめします。

奈良学園大学の人間教育学部・人間教育学科は、小学校教諭を中心に、保育士、幼稚園教諭、中・高教諭(国語、数学、音楽)、図書館司書教諭など、複数の免許・資格がめざせる学科です。なかでも注目は、国公立大学や私立大学の理系学部以外で「数学の教職」をめざすことができる点。数学は教える側の力が、学ぶ側の理解度にダイレクトに作用する科目といわれますが、同学では教育現場を知り尽くした教員陣が心強い味方になってくれます。そして、幼稚園から小学校、小学校から中学校へのスムーズな接続が課題とされる時代において、「複数の免許所有」は大きな強みです。

奈良学園大学の人間教育学科で、どんな先生になれる?

奈良学園大学の人間教育学部・人間教育学科では、3つの力(豊かな人間力、柔軟な教育力、高度な実践力)をバランスよく身につけると同時に、学級経営力やチーム力まで養います。そこにあるのは、「子どもたちの役に立つ先生」になるための、理論と実践を結びつけた学びです。

学内には、幼児教育から小学校教育へのスムーズな接続を演習する「幼小接続教室」があります。小学校の入学時に起こる「子どものとまどい」を解決できる能力は、今の教育現場から求められている力のひとつです。さらに、母体となる奈良学園の幼稚園・小・中・高8校のほか、100を超える教育機関との協力によって実習環境も充実。しかも、実習先は大学近隣なので大学教員が訪問しやすく、実習生をきめ細かくフォローできます。

先生になることは、あくまでもスタートです。「カリキュラム」「教員」「サポート体制」「施設」が一体となった学びのもと、子どもたちを長く支え続けられる先生になってください。

【広告企画】提供 : 奈良学園大学

この記事のテーマ
教育・保育」を解説

保育所や幼稚園、小中高等学校や大学などで、子どもたちを健康に成長させ、学習能力を向上させるための教育方法を学び、研究します。教育の歴史や基本概念などの理論のほかに、教育や保育に携わる専門職(教員や保育士など)になるためには、指導技術や保育の実践的な手法などを、実習を通して学びます。このほか、生涯教育や教育に関わる地域活動など、教育と社会の結びつきや意義についても学びます。

「教育・保育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「教員養成」
はこんな学問です

学校の教員を養成するための学問で、幼稚園、小学校、中学校、高校、特別支援学校などで教員を務めるための免許取得を目的とする。教える教科である国語、数学、社会などの専門科目と併せて、教育心理学や生徒指導、発達に関する教職科目を学ぶ。なお、教員養成課程以外の学校でも、中学校・高校・幼稚園教諭の資格を取得できる場合があるほか、コンピュータ教育を専門に行う「情報教育」や「生涯教育」など専門特化された教員を養成する学校もある。

「教員養成」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「教育学」
はこんな学問です

教員養成のための学問ではなく、教育のあり方を追究する学問。具体的には、教育の歴史、目的、手法、制度などを対象としている。「教育学分野」は、教育行政や現場を調査・分析し、教育環境はどうあるべきかを研究。「教育心理学分野」は、発達心理学の視点から人間形成がどのようなものかを解明し、教育の本質を追究する。また、「メディア・コミュニケーション分野」では、教育現場での情報伝達はどのようにあるべきかを探るなど、多岐にわたる。

「教育学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける