『のぼる小寺さん』で映画初主演を飾った工藤遥さんにインタビュー

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

『のぼる小寺さん』で映画初主演を飾った工藤遥さんにインタビュー

2020.07.01

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

『のぼる小寺さん』で映画初主演を飾った工藤遥さんにインタビュー

モーニング娘。卒業後、女優として舞台やドラマなどで活躍している工藤遥さん。高校を舞台にした青春応援ムービー『のぼる小寺さん』で映画初主演を飾りました。工藤さんに撮影のエピソードや学生時代の思い出などを語っていただきました。

―― 『のぼる小寺さん』が映画初主演となりますが、初めてお話を聞いた時はどう思いましたか?

ビックリでした! うれしくて、ずっとニヤニヤしていました。最初にお話をいただいた時は、まだ誰が共演者かも分からなくて。共演者の方を聞いていくうちに、いろいろなところでお見掛けする方ばかりだから徐々に緊張してきました。


―― 相当なプレッシャーだったんですね。

主演という立場でやらせていただくなんて、光栄なことでもあるし、恐ろしいことでもあるし。焦りもありましたけど、皆さん年が近かったのもあって現場ではフランクに接してくださって、すごく助けられました。


―― 初めて台本を読んだ時、どんな感想を持ちましたか?

どのシーンにも小寺さんがいるのに、全然喋らないから役柄が想像しにくかったです。小寺さんと、伊藤健太郎さんが演じる近藤君との関係性が重要なストーリーなのに、二人が初めて会話するシーンまで、かなり時間がかかるんです。


―― 小寺さんを演じてみていかがでしたか?

あまり喋らないから、人の話も聞いていないんですよ。余計な情報が入ってこないので、役に没頭しやすかったです。ボルダリングのシーンでは、ただただ登ることに一生懸命でしたし、やりがいのある役でした。

―― 初めてボルダリングに挑戦したそうですが、どこに楽しさを感じましたか?

目の前の壁しか見えないし、誰かの顔を見て励まし合うことができない。自分の弱い心に向き合いながらも、上まで登りきるんだって気持ち、そのせめぎあいが楽しかったです。がむしゃらになれるところがボルダリングの良さですね。


―― 気が緩むと失敗することも?

ありました。体力的にしんどくなり、それを理由に心が負けてしまうと、登れなくなるんです。そういうことが何度もあったので、メンタルが重要なスポーツだなと思いました。


―― 何を考えて登っていたんですか?

余計なことを考える隙がないスポーツなので、ただただ登りきるってことですね。


―― 実際の岩場を命綱なしで登るシーンもありましたが、恐怖心はなかったですか?

登る前は命綱もないからどうなるかと思いましたし、下にマットは敷いてあったんですけど、たかが知れている厚みで、落っこちたらけがをする可能性もあるかもと思いました。でも、いざ登り始めると集中して恐怖心もなくなるんですよ。


―― 室内でやるボルダリングよりも難しく見えるのですが……。

室内でやるボルダリングはルートが決まっていますし、ホールド(突起物)をこうやって掴まなきゃいけないとか考えないといけないんですけど、岩場はどこを掴んでもいいので選択肢が多いんですよね。そうやって自分なりのルートを探るのも面白かったですね。

―― それぞれ主要キャストの印象をお伺いします。まずは共演の伊藤健太郎さんはいかがでしたか?

すごく優しい方で、健太郎さんからたくさん声をかけていただきました。映画では二人で会話するシーンが少ないので、コミュニケーションを取るのが難しいかなと思ったんですけど、普段から私のことをいじってくれるし、逆にいじらせてもらいましたし(笑)。和気あいあいとやらせていただきました。


―― すぐに距離感なく接することができたんですね。

健太郎さんがどれだけ現場の雰囲気作りを気にされていたかは分かりませんが、助けられた部分は大きいですね。いらっしゃるだけでパッと華やかになるんです。


―― 四条役の鈴木仁さん。

同じ年ということもあって、会話も弾みますし、同じクライミング部の役なので、クランクイン前から一緒に練習もしていたんです。なので仲良くなるのに時間はかからなかったです。


―― 四条はおどおどした控えめな性格なので、実際の鈴木さんとは正反対だったんですね。

そうですね。仁君はどんどんボルダリングが上達して、楽しくなってくると、挑戦的な課題を組んで、「ちょっと登ってみ?」って私にも振ってくるんですよ(笑)。ボルダリングがうまくなっていく過程はリアルに四条君でしたけど、四条君よりもガツガツしたガッツあるタイプですね。

―― 倉田梨乃役の吉川愛さん。

愛ちゃんは以前から、私が一方的に好きで。女優さんとしてももちろんなんですけど、ビジュアルも、とにかく可愛いなと思っていて、Instagramなどもチェックさせていただいていました。なので今回、共演が決まって「やったー!」と喜んでいたんです。その話を本人にしたら、愛ちゃんも私のことを見ていてくれたみたいで。しかも誕生日が一日違いという共通点もあって、親近感が湧く場面が多かったです。いっぱいお話しましたし、特に「アンパンマンを実写化するなら誰が適任?」って話ですごく盛り上がりました(笑)。


―― 田崎ありか役の小野花梨さん。

私よりも年が1個上なのもあって、お姉さんというイメージでした。リハーサルでも本番でも、すごくボルダリングを褒めてくれるんですよ。それを聞いていると、私も調子に乗ってどんどん登って。そういう花梨ちゃんの言葉に、すごく救われました。


―― 工藤さんが演じた小寺さんも含めて、一番共感できた登場人物は誰ですか?

案外、小寺さんかもしれないですね。実際の私は小寺さんよりもおしゃべりだし、いろいろなことに積極的なほうだと思うんですけど、負けず嫌いな部分とか、やると決めたら最後までやり遂げたいという気持ちとかは、すごく共感できるんです。小寺さんのように周りの目を気にすることなく、突き進んでいくような強さはないですけど、好きなことや、やりたいことに関して、人の意見よりも自分の気持ちを優先するところは一緒です。

―― 映画のパンフレットで、古厩監督が「思春期のモヤモヤをテーマにしている」と語っているのですが、工藤さん自身、学生時代にモヤモヤはありましたか?

友人関係でありました。通っていた小学校と中学校が隣接していたので、ほとんどクラスメートが一緒だったんですよ。だから、ずっとそのままの関係性でいられると思ったんですけど、中学生になると部活の先輩・後輩関係なども加わって距離感も変わってくるんですよね。あとテストなどで順位付けされるようになって、分かりやすく成績が明確化されることなどもあって。その時期は友達関係を難しく感じてモヤモヤしていたと思います。


―― 確かに仲の良かった友達でも、年齢とともに関係性は変化しますよね。

そうですね。ただ時間が解決するというか、年齢とともに考え方も大人になって、相手のことを受け入れたり、理解できたりするんですよ。でも学生時代ってどう相手に対して動いていいのか分からないし、自分でできることも限られているので、大変だった記憶はあります。


―― 工藤さんは小学生で芸能活動を始めましたが、他の仕事に興味を持ったことはありますか?

小さい頃から水泳をやっていて、そのまま中学・高校と続けて水泳選手になりたいって夢がありました。小学5年生で芸能界に入ったんですけど、その時は水泳選手か芸能界かの二択で迷いました。芸能界に入ってからは、それ以外の選択肢は考えたことがないです。


―― 水泳の経験が、今の仕事に生きていることはありますか?

個人戦の印象が強い水泳も、リレーだとチームで戦わないといけないですけど、そういう時ってお互いに補い合うことが大切なんです。誰かが抜かれたら、次の泳者が抜き返すみたいな。そういう意味では、今回の映画みたいに一つの作品を作るためにチームでやるとか、アイドル時代だったらグループ活動とか、いろいろな局面で水泳時代の経験が生きていますね。


―― 最後に高校生読者に向けてメッセージをお願いします。

将来を考えると、不安なことはいっぱいあります。特に高校生って、大学に行くのか、専門学校に行くのか、就職するのかと選択肢も多いので、悩むことも多いと思います。そんな中で大切なのは、自分のやりたいこと、好きなことに挑戦する気持ちです。今回の映画で私が演じた小寺さんは、好きなことを一生懸命やり続けて、その姿に同級生が影響されていきます。なので進路に迷っている方は、ぜひ小寺さんの背中を見て、一歩踏み出す勇気につながればうれしいです。

【profile】工藤遥
1999年10月27日生まれ。埼玉県出身。A型。2011年、約6000人の応募があった「モーニング娘。10期メンバー『元気印』オーディション」に合格し、モーニング娘。加入。11歳11ヶ月での加入は、モーニング娘。史上最年少。2017年12月11日をもって、モーニング娘。を卒業。現在は女優として活動中。主な出演作に『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(テレビ朝日系)など。

工藤遥公式ブログ
https://ameblo.jp/kudo--haruka/

工藤遥公式Twitter
@Haruka_Kudo1027

工藤遥公式Instagram
@haruka_kudo.official

【infomation】
『のぼる小寺さん』
7月3日(金)公開、新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
©2020「のぼる小寺さん」製作委員会 ©珈琲/講談社 配給:ビターズ・エンド
クライミング部に所属して大好きなボルダリングに一直線の小寺さん。何事にも一生懸命な小寺さんに、卓球部の近藤(伊藤健太郎)、小寺さんと同じクライミング部の四条(鈴木仁)、ネイルが趣味のギャル・梨乃(吉川愛)、写真を撮るのが好きなありか(小野花梨)が惹かれていき、やがて自らの目指す場所へ一歩を踏み出していく。人気同名漫画の実写化作品で、メガホンを取ったのは『ロボコン』『ホームレス中学生』など青春映画の名手・古厩智之監督。

映画『のぼる小寺さん』公式サイト
http://www.koterasan.jp/


ヘアメイク:市川良子(吉野事務所)
スタイリスト :鈴江英夫(H)

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける