「CTS」「HKD」……これってどういう意味かわかる? 空港を支えるグランドスタッフを目指そう!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

「CTS」「HKD」……これってどういう意味かわかる?
空港を支えるグランドスタッフを目指そう!

2020.05.01

提供:札幌ブライダル&ホテル観光専門学校

「CTS」「HKD」……これってどういう意味かわかる?
空港を支えるグランドスタッフを目指そう!

国内外問わず、日々多くの人が利用する空港。航空業界への就職というとCA(キャビンアテンダント)をイメージしがちですが、空港ではほかにも多くのスタッフが働いています。
そのうちの1つが空港での接客業務を担当するグランド(=地上)スタッフという仕事。カウンターでのチケット発行やゲートでの搭乗補助、アナウンスなど、さまざまな業務をこなします。
グランドスタッフの存在がなければ、スムーズな運航は実現できないと言っても過言ではないでしょう。そんなグランドスタッフの仕事と、必要なスキルをチェックしてみましょう!

この記事をまとめると

  • 空港でいつも手助けをしてくれる人たちは、『グランドスタッフ(GS)』という職業の人
  • 時間通りのフライトはグランドスタッフにかかってる!空港を支えるのに必要なスキルは?
  • 語学はもちろん、実践も学べる専門学校で空港の顔になろう!

空港関連の仕事は、CAだけじゃない!グランドスタッフってどういう仕事?

グランドスタッフは“空港の顔”!私たちが空港で発券してから飛行機に乗るまで、必ずお世話になる存在です。空の便に関わる仕事というと華やかなCAをイメージしがちですが、スムーズな飛行機の発着はグランドスタッフのサポートのおかげ。グランドスタッフは、まさに空港にとって必要不可欠な存在です。

では、具体的にどんな業務内容なのでしょうか。接客業務は主に4つに分けられ、1つはカウンターでの発券サポート。スムーズに搭乗券を発券するのはもちろん、荷物超過確認なども担当します。次にチェックイン業務。パスポートやVISAの確認、身体の不自由な人のための車いすの手配などのほか、乗り継ぎについての説明なども担当します。3つめはゲートでの搭乗の案内。特に外国の方へのサポートは重要視されているので、語学力も必要です。そして最後は、手荷物の紛失や破損についての接客業務。ロストバゲージなどはどんなに注意しても起こりかねる事故。お客さまと捜索や修理、補償のサポートをする役割です。

このように、グランドスタッフはフライトに間に合うようアナウンスしたり、車いすを押したり荷物を探したりと、お客さまに寄り添う存在。少しも遅らせることなく飛行機を安全に出発させられるかを常に考えて行動しています。

グランドスタッフを目指すのに、必要な専門知識は?

そんな空港の顔ともいえるグランドスタッフですが、目指すためには身につけるべきスキルがたくさんあります。勤務先が国内線であってもさまざまな国の人に対して接客しなければいけないので、英語はもちろん、語学力は必須。中国圏のお客さまが多いエアラインであれば、中国語の能力が求められます。
このように、さまざまな国のお客さまをお迎えするための英会話のほか、世界情勢・宗教などを知ることはもちろん、空港ならではの専門用語も修得する必要があります。たとえば、空港の電光掲示板でよく見かける3つの英字(スリーレター)はそれぞれ空港の名前を表しており、「CTS=新千歳空港」「HKD=函館空港」という意味。このスリーレター、日本国内だけでも80種類以上があり、空港で働くスタッフは全部覚えているそうです!
もちろん円滑にご案内するための対応力やコミュニケーション能力、迅速な判断力も求められます。飛行機を時間通りに発着させるのは、簡単なことではありません。お客さまがかかわるトラブルや天候、世界情勢などで、遅延や欠航はすぐに起こってしまいます。
そんな時に乗客の方の不安を最小限に抑えることは、グランドスタッフに期待される能力です。どんな状況下でも円滑なコミュニケーションが取れるよう、さまざまなスキルを身につけておきましょう。

憧れの空港で働くために、必要なスキルをしっかりと身につけよう!

札幌ブライダル&ホテル観光専門学校のホテルエアトラベル科では、空港で働くための専門知識を高めることができます。1年次前期に観光業界に関する基礎知識を学び、後期から希望する職種に合わせた分野を深く学びます。
グランドスタッフを目指すなら、1年次後期~2年次からホテルエアトラベル科の「グランドスタッフコース」を選択し、チェックインなどのカウンター業務や搭乗ゲートでの業務、ラウンジでの接客などが身につけられます。
また、業界研究や観光知識を高めながら、実際のグランドスタッフの業務をイメージした「空港カウンター演習」や、空港で働く上でかかせない業界の知識を、日々変わる国内外情勢・業界のトレンドに合わせて学ぶ「エアライン業界総合」の授業も用意。
もちろんおもてなしに必須となる英会話をはじめ、接客中国語や手話など、幅広い言語スキルを学べるので、多岐にわたる業務をこなす空港案内のプロを目指せるのです。
TOEICやインバウンド接客中国語・英語検定などの資格はもちろん、サービス介助士や、国家資格である「国内旅行業務取扱管理者」も目指すことができます。

【広告企画】提供 : 札幌ブライダル&ホテル観光専門学校

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「空港業務スタッフ(グランドスタッフ)」
はこんな仕事です

空港内で、搭乗客の案内やサービスにあたる仕事。具体的には、搭乗手続きや発券業務、搭乗客の誘導や、勤務先の会社や空港によっては空港ラウンジでの接客、空港内のアナウンスや案内業務なども行う。スムーズで正確な接客・応対は、利用者に快適な旅を提供するためのサービスであると同時に、航空機を定時運航するためにも欠かせない機能の一つ。空港内のさまざまな施設やサービスについても熟知する必要があり、覚えるべきことは数多い。搭乗客を最初に迎える航空会社の「顔」として、重要な役割を担っている。

「空港業務スタッフ(グランドスタッフ)」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける