美的センスだけではパティシエにはなれない! 魅力的なお菓子をつくるための“2つの力”とは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

美的センスだけではパティシエにはなれない!
魅力的なお菓子をつくるための“2つの力”とは?

2020.05.01

提供:札幌スイーツ&カフェ専門学校

美的センスだけではパティシエにはなれない!
魅力的なお菓子をつくるための“2つの力”とは?

お菓子づくりのプロであるパティシエに憧れ、製菓業界で働きたいと思うものの、「どんな人がパティシエに向いているの?」「自分でもなれるのかな」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
実はパティシエには、同じものを作り続けられる“継続性”と、オリジナリティに富んだ作品を創り出す“創造性”という、一見相反する2つの能力が必要なのです。
では、具体的にはどんな力を持つことが必要なのでしょうか。

この記事をまとめると

  • 完璧に同じものを作り続けられてこそプロ。まず必要なのは、継続する力!
  • 技術を身につけたらセンスを磨く!感性を最大限に生かして創造する力を身につける!
  • 幅広いスキルと高い実践力を身につけられる専門学校でパティシエを目指そう!

まったく同じものを作り続けることがお客さまの信用をつかむ秘訣!

ショーケースに並ぶ美しいスイーツたち。華やかな外見と上品な甘さは、私たちの目や舌だけではなく心まで満たしてくれますよね。みなさんにも「○○の店の××というお菓子はいつ食べてもおいしい!」というお気に入りのお店のスイーツがあるかもしれません。
誰もがうっとりするような甘美なスイーツを創り出すパティシエですが、この職業にもっとも必要とされるのが、同じ形・味・質の商品を正確に作り続けることだと知っていましたか?
そもそもパティシエの仕事は、材料を正確に量り、温度管理や調理時間を理解・把握し、どのような状況でも同じ品質の商品をつくることです。さらに、何十キロもある重い材料を運んだり、生クリームを泡立て続けたりと、かなりの重労働。地道な作業の連続で、体力も必要とされるのです。
パティシエとしてもっとも重要なのは、いつでも同じクオリティのスイーツをつくること。毎日店頭に並ぶ商品の味や見た目にバラつきがあるわけにいきません。味も形も品質も、すべて完璧でなければ、お店の信用にも影響してしまう恐れがあります。
つまり、パティシエが大切にしなければいけないのは、“毎日まったく同じものをつくる”こと。正確に分量などを量る几帳面さと単純作業を続ける忍耐強さが求められます。なかなか難しいことですが、これができて初めて「パティシエ」を名乗ることができるのです。

一方で、斬新なアイディアを生み出せなければ、新たなお客さまは惹きつけられない

根気よく、正確にスイーツをつくる能力が求められるパティシエですが、一方で独創性も求められます。誰でも美しい形や色、ツヤ、デザインに惹きつけられますよね。そのため、技術や材料に関する知識だけではなく、スイーツもファッションのように季節やトレンドをおさえることが重要です。
世界では、毎日たくさんの新しいスイーツが誕生していて、ファッションと同じく流行がある業界。どんな材料が今後のブームになるのか、どんなラッピングが主流になるのかなど、最新の情報をキャッチする努力が求められます。また、さまざまな洋菓子の背景にある食文化を深く知る努力も必要でしょう。国内外の美術品など、美しいものに触れながら感性を磨いたり、デザイン画を描けるようにしておくのもおすすめです。
同じものを正確に作ることはもちろんですが、それしかできることがなければ、一流のパティシエとしては評価されないのがスイーツ業界。世のパティシエは新商品の開発に力を入れ、日夜研究を続けているのです。
同じものを作り続ける力と、トレンドの流れをいち早く察知し、新しい姿を生み出す力。この2つを持つことが、パティシエにとって大切と言えるでしょう。

パティシエとして大事な心と技術を磨く札幌スイーツ&カフェ専門学校

札幌スイーツ&カフェ専門学校は、パティシエ・カフェのプロを目指せます。授業の95%を実習時間にあて、しっかり実技を身につけることができます。
1年次には、スイーツ・パン・カフェ・ドリンクすべての基礎をしっかり学び、幅広い技術と知識をトータルに身につけます。1年次に身につけた知識と技術を基に、2年次からは夢や目的に合わせてコースを選択し、より実践的、専門的なテクニックを習得。
パティシエコースでは、基本の洋菓子レシピの習得だけでなく、オリジナルレシピのプランニングまで実践するので、“作れる”パティシエやブーランジェを目指せます。より高度なテクニックやセンスが必要とされるレシピにぜひ挑戦してください!
また、校内には本物のカフェ店舗と同じ設備がそろった「カフェ店舗実習室」が併設。毎月数回、この実習室を使って実際にカフェ店舗の運営実習をおこなっています。メニューの企画プランニングから店舗の装飾、実際に調理してお客さまへ提供し、接客までを経験する貴重な機会になるでしょう。
また、学生だけで開く本格店舗や、カフェやパティスリーの現場をリアルに体験できるインターンシップ実習、企業とのコラボメニューなど、授業内容も充実。
本校で身につけた、現場で即戦力となり活躍できる実力と、高い就職率を支える手厚いサポートシステムで、パティシエになるという夢をかなえてください!

【広告企画】提供 : 札幌スイーツ&カフェ専門学校

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術や、栄養や衛生などに関する基礎知識を身につけます。職種に応じた実技を段階的に学ぶほか、栄養士などの職種を希望する場合は、資格取得のための学習も必須です。飲食サービスに関わる仕事を目指す場合は、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、酒や食材に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「パティシエ」
はこんな仕事です

洋菓子やデザートを専門につくる仕事。「パティシエ」とはフランス語で菓子職人を指す言葉で、ケーキ、パイ、タルトなどの生菓子、クッキーなどの焼き菓子、その他にもアイスクリームやチョコレートなど、多種多様な洋菓子をつくる職人だ。活躍の場は洋菓子店やホテル、レストランなど店舗での洋菓子、デザートづくりだが、菓子メーカーに勤めて新商品開発など、知識や技能を生かした仕事を担当するケースもある。いずれの働き方でも、味と見た目の美しさを追求する姿勢が求められる。

「パティシエ」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける