「”CMA"は生徒のみならず教師の視野も広げてくれた」 団体部門 2部門で受賞! 頌栄女子学院 江目愛先生インタビュー

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

「”CMA"は生徒のみならず教師の視野も広げてくれた」
団体部門 2部門で受賞! 頌栄女子学院 江目愛先生インタビュー

2020.04.24

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

「”CMA"は生徒のみならず教師の視野も広げてくれた」
団体部門 2部門で受賞! 頌栄女子学院 江目愛先生インタビュー

中高生のための英語プレゼンコンテスト「Change Maker Awards」。第2回大会のチーム部門でGlobal Link賞と銅賞を獲得した頌栄女子学院は、高校1年の帰国生の英語クラス内でこの大会へ取り組みました。同じ学校から2チームが受賞するという快挙を支えた英語教師の江目(ごうのめ)愛先生は、「生徒のみならず教師たちの視野も広げてくれた」と、学校としても初の試みを振り返り、その経緯と挑戦の意義を語ってくださいました。

この記事をまとめると

  • 英語力に頼りがちな帰国生にも最適な「内容重視のコンテスト」
  • 高校生ならではの視点があり、人の心や行動を動かせるプレゼンを求めた
  • 欧米偏重ではなくアジアに目を向けている点でも新しいコンテスト

昨年大会のプレゼン風景を観て、大きな刺激を受けた生徒たち

―― 生徒さんがChange Maker Awardsに参加された経緯を教えてください。

本校は中高一貫校で、生徒の2割が帰国生。高校1年までは、英語は帰国生と一般生は別クラスで学びます。今回Change Maker Awardsに挑戦したのは、高校1年の帰国生の英語クラス。中学2年で校内英語スピーチコンテスト、中学3年で卒業論文として探究学習に取り組んでいるので、「英語発信力+探究学習」の集大成として、彼女たちがこのコンテストに挑戦するのは良いタイミングだと考えました。
またSDGsなど世界的な社会問題の解決をテーマにしていることも魅力でした。スピーチよりも内容が重要視されること、資料作成からプレゼンテーションまでを生徒自身が行うことなど、内容よりも、英語の流暢さに頼りがちな帰国生にとっても多くの学びが得られるきっかけになると思い、私から学校へ提案し、授業に組み込ませてもらいました。


―― テーマはどのように設定されたのですか?

大会から提示されたテーマは、個人部門は「世界に伝えたい私の探究」、チーム部門は「私たち×◯◯」または「私たち×SDGs」でしたが、私がテーマを絞ると高校生らしい自由な発想を阻んでしまうので、具体的な内容は生徒たちに任せました。Global Link賞にチャンレンジしたい人たちは「私たち×SDGs」を選ぶと良いのでは、とだけアドバイスしました。Global Link賞は、アジア太平洋における中高生の課題研究コンテスト「Global Link Singapore」へ無料招待される賞で、私も生徒たちも特に興味を惹かれました。


―― 先生はどのような指導をされましたか?

生徒たちには大会の審査基準を説明し、「内容の薄さを英語力でカバーすることは不可能」であることは強調しました。また「高校生ならではの視点と経験を入れる」「人の心を動かし、人の行動にChangeを起こせる内容」の2点は必須であることを伝えたくらいです。
あとは昨年のプレゼンテーション映像を生徒たちと一緒に見て、「一般生でもこんなに英語を話せるんだ!すごい!」「英語力があっても内容が薄いと評価されないんだ…」など、生徒たち自身でいろいろ気づきを得る機会をつくりました。
そこから約1カ月間で、プレゼンテーションのIntroduction(導入)・Body(主文)・Conclusion(結論)を作り、タブレットなどでスライドを作成し、クラス内でプレゼンテーションして、Change Maker Awards基準で教員が採点・フィードバックする、ということを行いました。

普段の英語の授業でも「視野を広げる体験」を意識

―― 本番のプレゼンテーションを行うにあたり、生徒たちはどんなことを意識したのでしょうか?

観客や審査員に内容がしっかり伝わるように、とにかく「ゆっくり・はっきり・わかりやすく話すこと」は意識してもらいました。また「ここに参加できただけでも十分名誉なこと。他の出場者の発表をしっかり聞いて、視野を広げる機会にしよう」と、生徒たちと確認しました。


―― 帰国生の英語の授業では、普段はどのようなことを行っていますか?

私自身も帰国子女で、本校の卒業生です。その経験から帰国生の文法力などの弱点を克服して強みを伸ばす授業を心がけています。一方で、受験対策ばかりでは味気ないので、中学では『7つの習慣』ティーンズ版のような、人生を豊かにするための示唆に富んだベストセラー本を副教材に使うことも。
英語の楽しさをすでに知っていて、道具としても使えている帰国生に、自分自身を見つめなおし英語をつかって「どのように社会に貢献できるのか」を模索する機会を授業でつくっていきたいと考えています。Change Maker Awardsへの挑戦はその点でもぴったりでした。

教師はコーチと同じ。練習を重ねて自信をつけさせ試合に臨ませる

―― Change Maker Awardsの社会的意義についてお聞かせください。

これまでのコンテストは、英語を流暢に話すことに目が行きがちで、欧米に照準を合わせたものが多いと感じていました。Change Maker Awardsは高校生が考える課題解決方法を英語でプレゼンテーションするという、高度な内容が求められるコンテストで、「英語4技能」×「探究学習」を磨く最適な機会だったと思います。
特にGlobal Link賞は、アジア太平洋の中高生がシンガポールに集まり、第二言語である英語でプレゼンテーションし合う経験が得られる賞。アジアに目を向け、多様な英語を認め合うことは、日本の英語教育が追いついていない部分であり、Global Link賞の大きな魅力でもあります。アジアの中高生が何を考え、どんな教育を受けているのか、生徒のみならず私もこの目で確かめる貴重な機会をいただいたことに感謝しています。


―― Change Maker Awardsへの参加を考えている生徒や先生方へのアドバイスをお願いします。

私は「英語は実技」だと思っています。スポーツのように練習を重ねて自信をつけさせ、試合に臨ませる。まさに教師はコーチと同じです。大学入試が全国大会だとしたら、Change Maker Awardsは国際大会。実力がある生徒たちには、より大きな試合を見つけてあげ、挑戦をサポートするのが教師の役割だと日々考えています。
Change Maker AwardsのWebサイトには大会当日の様子や過去のプレゼンテーション内容が紹介されているので、まずはそれをじっくり見ることをオススメします。きっと生徒たちの中から「これについてもっと調べたい!」「伝えたい!」という思いが湧いてくるはずです。その気持ちを大切にしてプレゼンテーションに臨めば、生徒も教師も、これまで意識していなかった多くの気づきが生まれると思います。
そのきっかけを与えてくれるのがChange Maker Awardsです。


「英語が堪能な帰国生だからこそ、日本人としてのアイデンティティを大事にしてほしい」と話してくださった江目先生。卒業生だからこその視点で、時に温かく、時に厳しい気持ちで指導されているようです。シンガポールでは指導者同士の交流も行われるとのこと。これからのアジアの英語教育について、現地でも熱い意見交換がされることでしょう。


▼「Change Maker Awards」第3回応募要項
https://esibla.or.jp/change-maker-awards/entry

【取材協力】
頌栄女子学院 江目 愛

(参考)
一般社団法人英語4技能・探究学習推進協会 Change Maker Awards
https://esibla.or.jp/change-maker-awards/

この記事のテーマ
語学・国際」を解説

外国語を自在に使い、コミュニケーションを図る表現力を実践的に学びます。国際情勢などの知識、情報を収集する好奇心、語学力向上の努力が常に求められます。資格取得を目指すカリキュラムもあります。将来の仕事としては、日本語と外国語を翻訳・通訳することで双方の意志疎通の手伝いをするなど、海外との橋渡しをする職業が考えられます。

「語学・国際」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける