将来が想像しにくい、とお悩みの高校生へ。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

将来が想像しにくい、とお悩みの高校生へ。

2020.05.01

提供:埼玉学園大学

メイン
テーマ

将来が想像しにくい、とお悩みの高校生へ。

よりよい未来を見据えた際、必要になるのが、過去。過去にどのような成功、失敗を重ねたかという経験は、これからを見据える際に、貴重なヒントになります。10年後というスパンで区切った時の、その時間の考え方、見方について、紹介します。

この記事をまとめると

  • 人は、「10年後」を2万回も繰り返して現在に至っている。
  • 仏教美術の研究を通し、過去が今に繋がる事を意識する、埼玉学園大学の湯浅ゼミ。
  • 歴史のたすきをつないでいる、役割の重さに気づく。

「10年後の未来」、その長さを計りましょう

「10年後、あなたはどんなことをしていますか?」
現在高校生の方の10年後というと、20歳代の後半。就職して数年が経ち、仕事にもだいぶ慣れてきて中堅と呼ばれ始める頃です。その人の活躍ぶりや、会社の体制によっては主任や課長といった役職についているかもしれません。また私生活でも、結婚をする人や子供が生まれている人も、家を建てている人もいるでしょう。ざっと考えただけでもこれだけのイベントが控えており、人生の重大な転機がたくさん詰まっています。実際、今後の10年は「想像もつかない」と考えている人も多いのではないでしょうか?では、10年を人類の歴史レベルで考えるとどうでしょう。ホモ・サピエンスの誕生は約20万年前といわれており、この10年が2万回も繰り返されて今に至っている事がわかります。一人ひとりにとっては重大な10年でも、歴史レベルで考えるととても短いあっという間の期間なのです。

美術史を紐解き、歴史の流れを探る、埼玉学園大学の湯浅ゼミ。

埼玉学園大学の人間学部 人間文化学科で開講している湯浅ゼミは、日本の国宝(古代・中世)を美術史的に鑑賞、研究を行うゼミナールです。文化財の写真を見ながら、一点一点の特徴や見どころ、その時代の作品に共通する要素、ほかの時代の作品との違いなどを理解したり、仏教美術(仏像、仏画、寺院建築)だけではなく、世俗の作品(物語的な絵巻物や書道芸術など)も扱ったりしています。その中で、似たような作品でありながら、国宝と重要文化財とがあるとして、その境目はどのような点か、などを理解していきます。
このゼミでの学びで先生が気を付けている事をお伺いすると、
「指定文化財にはそれぞれに意味や価値があることを理解することが第一ですが、指定されていないものにはそれがないと考えるような感覚や態度は、重大な誤りであることを理解してもらいたいですね。」とのお言葉を頂きました。

史学に触れることは、過去を振り返るのみならず、現在、未来を見渡すこと。

この言葉の真意を問うと、
「直接的に、あるいは、短絡的に、「この学問は、こういう役に立つ」ということでなしに、ある学問それ自体が独立した目標となって受け容れられるような、そういう「ひとづくり」に資したいし、無批判に古いものを守るのではなく、「伝統を守る」「過去の遺産を活かす」とはどうあるべきか、反面、現状を維持し未来に手渡すことの大切さと難しさを、学生と共に考えていきたいですね。また、先に話したように、いわゆる「お宝」的なものばかりが意味や価値をもつのではなく、生きているということは、たとえ年表に残るような出来事には関わらなくとも、それだけで正に今、あなたも「歴史」を紡ぎつつある、その真っ只中にいるのだということを胸に刻んでもらいたいのです。」
美術を通して価値観や想いを紐解き、見えてくる長い歴史の流れ。未来を切り拓くために、過去を知る。こんな学問、とても面白いと思いませんか?

【広告企画】提供 : 埼玉学園大学

この記事のテーマ
文学・歴史・地理」を解説

文学は、長い歴史のなかで変遷してきた人間の生活や社会、人々の考え方や感情の変化などを、文章表現をもとに考える学問です。文献を読み解いて比較検討し、過去から現在、さらには未来に至る人間のあり方や社会について研究します。地理学や歴史学は、今日の私たちの生活や文化、経済活動などについて、基盤となった地形や気候、史実やさまざまな事象、最新の研究結果や歴史的な遺構をもとに、その成り立ちから考える分野です。

「文学・歴史・地理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「歴史学」
はこんな学問です

歴史学とは、対象とする大陸・国・地域などにおいて、過去に起こった物事を取り上げ、当時それがどのような意味を持っていたのかを、残された物や建造物、文書などから研究する学問である。ただ、資料を正確に読み取るだけではなく、事実かどうかを疑い、踏み込んで検証する批判的視点も重要である。歴史学の基本的なラインナップには、日本史、東洋史、西洋史、考古学がある。また、政治制度・経済活動・芸術文化・信仰宗教などに特化した考察も行う。

「歴史学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける