イライラした場面を何度も思い出しリピートする、あの現象って?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

イライラした場面を何度も思い出しリピートする、あの現象って?

2020.05.01

提供:埼玉学園大学

メイン
テーマ

イライラした場面を何度も思い出しリピートする、あの現象って?

あなたは友達や親など、身の回りの人に対して怒りの感情をぶつけて、たとえ正論でも後で後悔したことはありませんか?誰でも一度や二度は経験があると思います。そんな怒りの感情を「制御」する方法があったらどうでしょう?例えば今なら「クラス」や「部活」、将来は「会社」と、人は集団に所属し続けます。その中で、むやみな衝突を抑えることは重要です。そんな、怒りについての研究をご紹介します。

この記事をまとめると

  • イライラした事があると、お風呂や布団の中で思い出してまたイライラ。
  • 怒りを忘れようとすることは逆効果!埼玉学園大学の遠藤先生に聞きました!
  • 書くことでの解消法。小さな子どももできるプログラムを開発中です。

怒りだすと、その場面をやたら思い出すあの現象って?

コンビニで買って後で食べようとしていたプリンを兄弟に食べられた。マラソンの授業で一緒に走ろうって言っていた友達が先に行ってしまった。両親が顔を見るたびに勉強しろと言ってくる、、。身の回りには怒りの原因がいっぱいあります。そしてそんな時に少なからず、相手に対して怒ってしまった事があると思います。また、その場では抑えても、お風呂や寝る前に思い出して怒りがわきあがる事もあります。さらに、次の日に怒りの原因になった人に会ってイライラ…という事もありますね。
怒りは、一旦は忘れることもありますが、何かのきっかけでぶり返されてしまい、長引く感情でもあります。もやもやと怒りが長引くのは、過去の出来事が自分自身の描くイメージに沿って「解決されていない」という感覚が残っているためです。このような、怒りの感情を研究しているのが、埼玉学園の人間学部心理学科の遠藤寛子准教授のゼミナールです。

埼玉学園大学の心理学科、遠藤先生にお伺いした「怒り」のコントロール

遠藤先生は前述の状態を、こう語ります。
「これを思考の未統合感といいます。この感覚があると、過去のある場面を堂々巡りする思考が生まれ、怒りが維持されてしまいます。また、この感覚を持つことは不快なので、忘れようとして別の対象に注意を向けようとしますが、かえって堂々巡りの思考が増えてしまい、逆に怒りが長引くことも分かっています。これまでの研究から言えることは、思考を未統合(未整理)のままにしないことです。」
さらに怒りのコントロールについてこう続けます。
「実は、「書く」=「過去の怒りに向き合うこと」が有効であると分かってきました。しかし、ただ書けばよいというものではなく、怒りの言葉から新たな視点に気づくことが必要になります。過去と現在の気持ちと向き合うこと、自身の信念に気づくこと、経験からの意味を見出すという過程を踏むことで、自身について冷静に考えられるようになります。」

心理学の視点から「怒り」をコントロールできる人、社会へ

この手法は青年期後期から成人を対象としたもので、遠藤ゼミでは、小学生でも適用可能な心理教育プログラムを検討しており、将来的には、小中学生にも適用できる手法を考案しているそうです。「心理学のみならず国語の専門家や小学校の現職教員のご協力を得ながら進めている」とのことでした。

今回ご紹介した研究は、心理学的視点で怒りを解釈し、制御方法を明らかにしています。心理学を切り口に人の感情を捉えてみることで、自身の感情を俯瞰して眺めることができ、怒りの制御方法も身につくかもしれません。昨今、社会は働き方改革に取り組んでおり、内容に不公平感を感じたり、社会の急速な変化にストレスを感じたりと、怒りを抱きやすい環境といえます。怒りをどのように制御するかについては、働きやすさのヒントになりそうです。
心理学を学ぶ事で別の観点から知り得なかった自分自身を発見し、働きやすい社会を目指してみませんか?

【広告企画】提供 : 埼玉学園大学

この記事のテーマ
人間・心理」を解説

人を研究対象として、人間の心理や身体、人間が作る社会集団、生活の特徴やあり方を研究します。人間科学は、人間という存在や関係性そのものを研究し、学習範囲は栄養学から文化人類学、スポーツ科学まで広範囲にわたります。心理学は人間の心や行動の特徴を分析・解明します。ストレス社会と呼ばれ、心の病に苦しむ人が増加している現代では、なかでも臨床心理学の重要性が注目されています。人間の存在意義の基礎となる学問です。

「人間・心理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「心理学」
はこんな学問です

人間の心理や行動がどのような原理で動いているのかを研究する学問である。それにはさまざまなアプローチがある。たとえば、認知心理学では対象を知覚してから言語化するまでの作用を情報処理のプロセスとして理解する。発達心理学は人間が誕生してから死ぬまでの心の変化が何によるのかを探究する。臨床心理学は心のバランスを崩してしまった人の状態の改善をめざす。志望校に自分の本当に学びたい心理学があるかどうかを必ず確認することが大切だ。

「心理学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける