次世代の宇宙開発を担いたいキミたちに

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

次世代の宇宙開発を担いたいキミたちに

2020.05.01

提供:九州工業大学

次世代の宇宙開発を担いたいキミたちに

私の研究室では、超小型衛星を自分たちで作り、宇宙に飛ばしています。衛星を作るというのは大変で、衛星がうちあがり、最初の信号を受け取ったときは、いつも感動します。また、衛星作りに携わる学生が、プロジェクトをやって行く中で成長するのを見るのも楽しみです。超小型衛星を使ってこんなことをやりたい、あんなことやりたい…と新しいアイデアを皆と話しているとき、この研究のやりがいを実感します。

この記事をまとめると

  • これまでの宇宙開発を経て、この10年で180度 変わってきた動きについて
  • 超小型衛星の進歩のために、挑戦 !!
  • 誰もが参加できる時代を活かして、チャレンジしよう!

宇宙開発の発想が 180度 変わった今

これまでの人工衛星のプログラムは国家事業が中心で、絶対に失敗の許されない文化に根ざしていました。そのため、保守的な設計思想により作られ、一個ずつが非常に高価でかつ作るのにも時間がかかり、宇宙空間利用の発展が制約されてきました。また、宇宙開発や宇宙を利用する仕事に携わる人の数も限られており、新たなアイデアが生まれにくくなってきました。それに対してこの10年ほど、発想を180度変えて、失敗を許し、リスクをとりながら、とにかく安く早く人工衛星を作ろうという動きがでてきました。

超小型衛星で 宇宙への扉をひらく!

私は、超小型探査機を使った月探査をやってみたいと思っています。私が学生の時には、自分で人工衛星を作って、自分で宇宙で実験をするなんて到底考えられませんでした。でも、今ではそれが努力すればできるようになりました。月はさらに向こうにあります。超小型衛星の技術の進歩をさらに進めるために、月に行くことに挑戦したいと思っています。

誰もが宇宙開発に 参加できる時代に

わずか10cm程度の超小型衛星が革命を起こしつつあります。安く早く作れる超小型衛星なら、誰もが宇宙開発に参加できて、新しい宇宙空間の使い方が生まれてきます。宇宙という厳しい環境で長期間メンテナンスなしに動き続ける衛星を作る!そんなチャレンジングなことを日々研究しています。

【広告企画】提供 : 九州工業大学

この記事のテーマ
地球・環境・エネルギー」を解説

私たちの暮らす地球では、火山噴火、地震、台風、干ばつなど、人類にとっては有害な現象がいまも続いています。こうした現象を研究・解明し、うまく折り合いをつけていくことが必要です。また、豊かな生活を求めるあまり、限りある地球資源を枯渇させてしまったり、自然環境を破壊してしまうことは、人類の絶滅を意味します。こうしたことを防ぐためには、技術系の学問だけではなく、政治や行政などに関する幅広い知識も必要な分野です。

「地球・環境・エネルギー」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「宇宙・地球学」
はこんな学問です

地球の構造から入り、太陽系の惑星、太陽、その先の宇宙へと広がる世界を研究する学問である。あらゆる観察技術を使い、地球誕生までさかのぼり、さらに宇宙の始まりと進化まで探る。研究する分野も広大であり、宇宙から降り注ぐさまざまな光線や電波をキャッチし、分析している。また、観測技術においても常に新しい技術を取り入れながら前進を続けている。

「宇宙・地球学」について詳しく見る

この記事のテーマ
工学・建築」を解説

工業技術や建築技術の発達は、私たちの生活を画期的に快適で安全なものに変えてきました。先人たちの生み出した知恵に新しい技術をプラスすることで、その進歩はいまも日々、進んでいます。インフラの整備や災害に強い街作り、エネルギー効率の高い動力機械や高い知能を持ったロボットの開発など、工学や建築に求められるものはますます増えるでしょう。自然との共生も大きなテーマです。理系の中でもより実地的な分野だと言えます。

「工学・建築」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「機械工学」
はこんな学問です

生活と産業に使われる機械類の仕組みを研究し、新しい機械を創造するための学問。目的に適した原理を力学的に研究する「設計工学」のほか、機械の安全・安定性を研究する「計測・制御工学」、空気や水の中で働く力について研究する「流体力学」、材料加工をテーマに研究する「加工工学」「材料工学」など研究分野はさまざま。このほかにも「精密工学」「熱力学」など、機械工学といっても、その研究範囲は多岐にわたっている。

「機械工学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「電気工学」
はこんな学問です

電気をエネルギーとして捉え、発生などの性質を研究して応用に結び付ける学問。電磁界や電気回路、電気システムの理論を学び、これらの応用について研究を進める。電気エネルギーの発生や変換を研究して活用方法を考える領域や、超電導応用の領域、制御・計測についての領域もある。石炭、石油に代わる新しいエネルギー資源として、地球環境に関することなども学習、研究し、これからの社会を支える学問でもある。

「電気工学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける