人生100年時代のまちづくりに必要な「ヘルスプロモーション」とは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

人生100年時代のまちづくりに必要な「ヘルスプロモーション」とは?

2020.05.01

提供:順天堂大学 国際教養学部

人生100年時代のまちづくりに必要な「ヘルスプロモーション」とは?

超高齢社会に突入し、「人生100年時代」といわれる昨今、自立した生活を送れる「健康寿命」が重要視されるようになってきました。その健康寿命には、医療だけでなく、まちづくりが大きく影響するといいます。そんなこれからのまちづくりを考える上で必要となるのが「ヘルスプロモーション」という概念。一体どういうものなのでしょうか?今後、ますます求められる「ヘルスプロモーション」について、ご紹介します。

この記事をまとめると

  • 医学的な健康支援と環境づくり、まちづくりが、予防医学や健康に影響を与える。
  • 「ヘルスプロモーション」とは、医学的な視点だけでなく、社会学的な視点から健康を創造すること。
  • 順天堂大学国際教養学部では、多角的にヘルスサービスやまちづくりを提案・実現できる人材を育成。

医療だけじゃない!「まちづくり」が人々を健康にする!?

医療の進歩に伴い、平均寿命は年々伸び続けています。しかし、果たしてそれだけで幸せといえるのでしょうか?ただ長生きするだけでなく、いくつになってもいきいきと健康的な暮らしを送る「健康寿命」を延ばすことが、「人生100年時代」には求められています。そのためにグローバルな視点でも課題となっているのが、都市開発による医療機関の充実や、地域住民の疾患や生活習慣病を減らすといった医学的な健康支援。さらに、バリアフリーやユニバーサルデザインといった、あらゆる人々の生活の質(QOL)を高めるための環境づくりや、人々が支え合うためのコミュニティ(居場所)づくりが重要だとされています。
バリバリ働いていた人が定年退職をして急にすることがなくなり、元気がなくなったという話があるほど、人々が「居場所」を持てるまちづくりは、予防医学や健康づくりにも大きく影響するのです。

21世紀の健康戦略といわれる「ヘルスプロモーション」って?

あらゆる世代や立場の人々が「いきいきと健康で幸せに暮らせるまちづくり」のために注目されているのが「ヘルスプロモーション」です。個人のリスクファクター(危険因子)を取り除いて「病気を治す・予防する」という医学や自然科学の視点だけでなく、社会学的な視点にも着目し、人々を取り巻く環境へアプローチすることで「健康」を創造しようというものです。わかりやすい例が、近年の「たばこ問題」でしょう。保健事業や学校教育として禁煙教育を行う個人へのアプローチのみならず、都市計画として受動喫煙の防止や、すべての人々に優しい環境づくりを行ったことで、今や喫煙の健康被害は常識となりました。また、単身で生活する高齢者でも、地域で活動できる場や理解し合える仲間がいることで、身体活動の機会が増え、健康度や幸福度が高まる傾向がみられます。
まちづくりに「健康づくり」の視点を加えることは、現代の課題を解決する鍵となるのです。

多角的にまちづくりを提案できる創造力を養う、順天堂大学国際教養学部の学び

今後、企業・行政・教育機関・地域住民が協働する「分野を超えたまちづくり」の展開が重要になるはずです。そんなこれからのまちづくり・コミュニティづくりにおいて「ヘルスプロモーション」の視点はますます必要になるでしょう。
順天堂大学国際教養学部では、この「ヘルスプロモーション」をテーマにした授業を展開し、いきいきと健康で幸せに暮らせるまちづくりを提案・実現できる人材を育成。専門的な知識や視点はもちろん、幅広い視点から見つめ分析し、繋げていく構成力と、多角的にヘルスサービスやまちづくりを提案できる創造力を身につけます。また、国際教養学部グローバル・ヘルスプロモーション・リサーチセンターでは、そういった資質を持った優秀な学生を「グローバル・ヘルスプロモーター」と認定し、社会に送り出しています。
みなさんもこれからの時代に求められる、持続可能なまちづくりで活躍してみませんか?

【広告企画】提供 : 順天堂大学 国際教養学部

この記事のテーマ
体育・健康・スポーツ」を解説

病気やケガの予防や予後のケアを通して、人々が健やかに暮らせるようにするのが、健康学の理念です。食生活や運動などのライフスタイルや心理状態、検査やリハビリテーションなど、学ぶ内容は多岐にわたります。体育やスポーツは、健康を維持するための身近な方法であるとともに、人生を豊かにする趣味であったり、人によっては職業になることもあります。競技技術の向上だけではなく、メンタルや栄養、指導者のスキルも学びます。

「体育・健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「保健衛生学」
はこんな学問です

病気の予防や健康の保持増進について学び、そのための環境づくりを研究する学問である。病気の要因がどこにあるのかを、心理的要因や生活環境にまで広げて解明し、健康障害をどう防ぐのかなどを追究する。生活習慣病や環境に起因する疾病・障害、予防医学の重要性が高まっている今、必要性が高いといえる学問である。医療系、看護系、リハビリテーション系の学校・養成機関などで学ぶことができる。

「保健衛生学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける