それは人間らしいか? ~2045年、人工知能は人類の能力を超える!?~

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

それは人間らしいか?
~2045年、人工知能は人類の能力を超える!?~

2020.04.15

提供:追手門学院大学

それは人間らしいか?
~2045年、人工知能は人類の能力を超える!?~

すでに私たちの生活の中に溶け込んできている人工知能(AI)。
日々進化を続けていますが、2045年には人間の知性を超え、私たちの生活は大きく変わると言われています。
マンガで見たような、映画で見たような未来は意外とすぐそこまで来ているのです。

人工知能(AI)をどう運用すれば人間に貢献させられるのか・・・
人間のように判断し,行動できる、ということを実現したい・・・

今後の人工知能(AI)の進化に欠かせないものとはなんでしょう?

この記事をまとめると

  • 2045年、人工知能(AI)が発達し、人間の知性を超えることによって、 人間の生活に大きな変化が起こると言われています。
  • ”人間のように”判断し,行動できるロボットの実現。「人間を超える」のではなく、「人間に貢献できる」人工知能にも”人間らしさ”は必要。
  • 今後、ロボットや人工知能について研究していくには認知科学が欠かせません。人工知能(工学系)と認知科学(心理学系)を学ぶことができる最先端の専攻が追手門学院大学にはあります。

2045年にむかえるといわれる技術特異点とは?

お掃除ロボット、家庭用ロボット(ペット)、シェフロボット、医療ロボット、最近ではビル警備ロボットなんかも現れて、人工知能(AI)はすっかり私たちの生活の中に溶け込んできています。

マンガの世界では、コンピュータが人類を管理し、コンピュータによって将来の仕事まで決められている、なんて話もありますよね。
その世界では、人工知能(AI)が人間を超えて地球上でもっとも賢い存在になり、人工知能(AI)がより賢い人工知能を生み出す世界が描かれているのです。

そんな未来が実際に来るのでしょうか。
実は2045年にはそのような未来を迎えるという予測がされています。
技術特異点(シンギュラリティ)といって、人工知能(AI)が発達し、人間の知性を超えることによって、人間の生活に大きな変化が起こるタイミングが2045年だと提唱する学者がいます。

「コンピュータは人間が作ったものだから人間に勝てるわけがないだろ!」
と思ったりしませんでした?
将棋や囲碁のプロ棋士がコンピュータに負けたことを知りませんか?
すでに私たちよりもはるかに賢いコンピュータは生まれているのです。
機械が機械を作り出している工場もたくさんありますよね?
人工知能が進化し、人工知能が自らを改良し、人工知能が人工知能を生み出すことを可能にする未来は、すぐそこまで来ているのです。

人工知能(AI)の進化。人工知能にもとめる”人間らしさ”とは。

こんな映画がありました。
ある科学者が、彼の死後、妻によってスーパーコンピュータにアップロードされ、想像もしなかった進化を遂げていくという映画です。
彼は死後も、デジタルとして生き続け、頭脳や意識が進化していくのです。そうして、“神の領域”へと近づき、暴走を始めるという内容で、デジタル上では「人間は死なない」だけでなく「進化さえ遂げる」という表現がされていました。

近い将来、人工知能(AI)は私たち人間の能力を超えてしまいます。
マンガや映画のように人工知能に人類が支配されるということも考えられなくもないですが、人工知能の研究をしている学者や開発者たちは”人工知能をどう運用すれば人間に貢献させられるのか”という部分に重点をおいて研究を進めているはずです。

例えば「自分の判断に従って行動でき家事や介護の手助けをしてくれる自立型ロボット」というような、人間のために、人間のように判断し,行動できる、ということを実現したいという思いが必ずあるはずです。

根本にあるのは人間であり、その完成モデルも人間ですね。
ということは、「人間」を知ることが重要だと思いませんか?

「私たち(人間)」は何だろう。最先端の人工知能とは何だろう。

人間を対象とする学問は様々あります。
その中でも、今回お話しした人工知能(AI)と大きく関係しているのが【認知科学】です。
あまり聞きなれないかもしれませんが、【認知科学】は「私たち(人間)は何だろう」と考え、この問題を「知性」に注目して考えていこうとする学問のことを言います。

「知性」って皆さん、何かわかります?
「知性」とは『今までの知識を使って何かをする能力』のことです。

分かりやすい部分でいうと、私たちは、歩く,走る,投げる,など様々な行動を意識せずに行っていますよね?
歩いている道に障害物があったら避けて歩いたりしますよね?
「意識して」知性を使っている場合もあるけれど、「意識せずとも」知性を使っている場合もあると思います。

もちろんこのような行動に関する知性の他にも感情や情動、人と人とが協調し合うというような社会性においても知性が働いています。
より、人間らしい、最先端の人工知能の開発を目指していくという点においては【認知科学】は切り離せないものなのです。

2020年4月、追手門学院大学心理学部に【人工知能・認知科学専攻】が誕生しました。
コンピュータ上でモデルを構築し、人間の知的機能を再現したり、実験したりというような現代のロボット研究の柱ともなるような学びを中心に、心理学で用いられる実験機材なども活用して学んでいきます。

AI領域の最先端ともいえる⼼理学と⼈⼯知能を【認知科学】で繋ぐ学びが待っています。
新たな可能性へ、皆さんも挑戦してみませんか?

【広告企画】提供 : 追手門学院大学

この記事のテーマ
人間・心理」を解説

人を研究対象として、人間の心理や身体、人間が作る社会集団、生活の特徴やあり方を研究します。人間科学は、人間という存在や関係性そのものを研究し、学習範囲は栄養学から文化人類学、スポーツ科学まで広範囲にわたります。心理学は人間の心や行動の特徴を分析・解明します。ストレス社会と呼ばれ、心の病に苦しむ人が増加している現代では、なかでも臨床心理学の重要性が注目されています。人間の存在意義の基礎となる学問です。

「人間・心理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「心理学」
はこんな学問です

人間の心理や行動がどのような原理で動いているのかを研究する学問である。それにはさまざまなアプローチがある。たとえば、認知心理学では対象を知覚してから言語化するまでの作用を情報処理のプロセスとして理解する。発達心理学は人間が誕生してから死ぬまでの心の変化が何によるのかを探究する。臨床心理学は心のバランスを崩してしまった人の状態の改善をめざす。志望校に自分の本当に学びたい心理学があるかどうかを必ず確認することが大切だ。

「心理学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「人間科学」
はこんな学問です

人間とは何者なのかという根本的な問い掛けから始まったのが人間科学。人間について研究するには生物学や医学だけではなく、心理学や社会学、哲学、教育学などの知識も必要になる。環境汚染や遺伝子組み換えの問題は、自然科学の価値観だけでは解決できない。ここでは人間の持つ倫理観や社会性が問題になってくるからである。人文・社会科学的な考え方を、自然科学における合理的判断と対話させることで、やっと人間らしい解決法を見出すことができる。

「人間科学」について詳しく見る

この記事のテーマ
工学・建築」を解説

工業技術や建築技術の発達は、私たちの生活を画期的に快適で安全なものに変えてきました。先人たちの生み出した知恵に新しい技術をプラスすることで、その進歩はいまも日々、進んでいます。インフラの整備や災害に強い街作り、エネルギー効率の高い動力機械や高い知能を持ったロボットの開発など、工学や建築に求められるものはますます増えるでしょう。自然との共生も大きなテーマです。理系の中でもより実地的な分野だと言えます。

「工学・建築」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「機械工学」
はこんな学問です

生活と産業に使われる機械類の仕組みを研究し、新しい機械を創造するための学問。目的に適した原理を力学的に研究する「設計工学」のほか、機械の安全・安定性を研究する「計測・制御工学」、空気や水の中で働く力について研究する「流体力学」、材料加工をテーマに研究する「加工工学」「材料工学」など研究分野はさまざま。このほかにも「精密工学」「熱力学」など、機械工学といっても、その研究範囲は多岐にわたっている。

「機械工学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける