体育の先生になって部活を教えたい! ちょっと待って!「体育教師」の真相教えます。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

体育の先生になって部活を教えたい! ちょっと待って!「体育教師」の真相教えます。

2020.04.01

提供:国際武道大学

体育の先生になって部活を教えたい! ちょっと待って!「体育教師」の真相教えます。

運動やスポーツの楽しさを教える「体育教師」。体育教師を目指す人の中には、「部活動を教えたい!」「野球部の監督になって甲子園出場を目指したい!」という人も多いかもしれません。高校時代、部活動に打ち込んだという経験は、確かに強みの一つです。しかし、実はそれがすべてではありません。大学入学後や就職時にミスマッチを起こさないためにも、体育教師に求められること、本来の目的や意義について知っておきましょう。

この記事をまとめると

  • 体育教師の仕事とは、生徒たちに健康の素晴らしさや、スポーツの楽しさを教えること。
  • どんな体育教師になりたいかという「教師観」を自分で見つけることが大切。
  • 国際武道大学では、体育教師としてはもちろん、どんな職業でも活躍できる「社会に出るための総合的な学び」が養える。

今の時代に求められる、体育教師の目的とは?

国際武道大学陸上競技トラック。

国際武道大学陸上競技トラック。

みなさんは体育教師にどのようなイメージを抱いていますか?「熱血」「体格がいい」「規律に厳しい」…といった声が聞こえてきそうです。
そもそも体育教師とは、中学や高校で「保健体育」を専門に教え、生徒たちに健康の素晴らしさや、スポーツの楽しさを教えることが仕事です。しかし、生徒たちの中には「運動が苦手」「体育は嫌い」という人もいます。「私は体を動かすことが好きだから体育の先生に向いている!」と思う人にとっては意外かもしれませんが、運動に苦手意識を持つ生徒たちにとっては、体育教師のイメージはネガティブなものかもしれません。また、2019年にスポーツ庁が行った調査では、小中学生の体力が低下していることが判明しました(※1)。スマートフォンやゲームの普及、外遊びをする場所の制限などによって、スポーツをする機会が減ったことが理由と考えられています。
そうした背景を考えると、ただ「運動しなさい!」と教えるだけで良いのでしょうか?体育教師に求められるのは、苦手意識を持つ生徒たちにも「運動は楽しい」と伝え、「運動する習慣をつける」指導。運動が好きという気持ちだけではなかなか上手くいかなそうというのは想像できますよね。

(※1)スポーツ庁「令和元年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査結果」
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/toukei/kodomo/zencyo/1411922_00001.html

「保健体育科教育法」の山平先生に聞く、体育教師に必要なもの

国際武道大学 山平芳美准教授。「専門的な知識を横断的に学ぶことができるのも、本学の特徴です」。

国際武道大学 山平芳美准教授。「専門的な知識を横断的に学ぶことができるのも、本学の特徴です」。

では、体育教師になるためには、どのような素養が必要なのでしょうか?国際武道大学で「保健体育科教育法」の授業を行っている山平芳美准教授に話をうかがいました。

「自分が、どんな体育教師になりたいかという教師観を持つこと。教師として必要な最低限の知識は、大学で学ぶことができます。まずは、大学の講義を通して「保健体育の授業者」であるということをしっかり身につけ、自身の力量形成につなげてもらいたいと思います。教師観は人それぞれで、“こうでなければいけない”というものはありません。個性を生かし、大学の講義を通して自分の教師観を見つけてほしいです」。

「教師になったら学校にはいろいろな生徒がいて、個性も違えば目指す道も違います。そういった生徒を相手にするとき、学校のことしか知らないような先生ではなく、もっと広い視野で考えられる先生になってほしい」と山平先生は言います。そのために、先生のゼミでは、近隣の中学校や卒業生に依頼し、実際に体育授業を参観できる機会を設けるなど、学外活動に力を入れているそうです。カンボジアでの活動もその一環。現地の教員養成校の学生と国際武道大学の学生が協働で小学校で運動会を開催し、体育授業の定着を目指した活動を行っています。

「ただ、プロジェクトが成功するかどうかより、学生自身がどう成長するかが重要だと思っています。学外活動を通して、自分でどんな教師になりたいのかを考え、体験し、自分の価値観という小さな箱から外へ出てほしい。そうすると、どんな場面でも物事を自分で考えて判断し、行動できるようになっていきます。それは、体育教師に限らず、どんな職業でも役に立つ力だと思います」。

身につけるのは「総合力」。国際武道大学の学び

学生たちの模擬授業の様子。幅広い「気づき」を修得していきます。

学生たちの模擬授業の様子。幅広い「気づき」を修得していきます。

「自分で考えて行動する」。社会で広く役立つ能力ですが、身につけるのはなかなか難しいものです。山平先生は授業の中で、学生たちが自分で気づけるような工夫を行っています。

「例えば、模擬授業をした後、良い点も悪い点も含めてリフレクション(省察)をしているのですが、最初はなかなか自分たちを客観的な視点で見ることができません。それでも、まずは自分たちで取り組ませるようにしています。改善点を教えたくなるのをぐっと我慢して、学生には見えていない視点に気づけるような助言やアドバイスにとどめています。時間をかけて気づける部分を増やしていくことで、幅広い視点を持つことができ、より良い保健体育の授業ができるようになります。それはスポーツの試合でもやっていることで、試合に負けたら反省点を考えて改善し、強くなっていきます。就職して、課題にぶつかったときも同じです。そこで自分で考え、解決できる力が身につきます」。

山平ゼミをはじめ、国際武道大学では、社会の役に立つ、自身の今後の人生に役立つことを客観的視点で捉え、他者にそれを伝えるという力を身につけていきます。保健体育教師を目指していたとしても、その専門知識だけではなく、どんな職業でも活躍できる幅広い知識と視野を持って考えられる思考力を養うことができるのです。「社会に出るための総合的な学び」を通し、豊かな人間力を身につけられるからこそ、国際武道大学の卒業生はスポーツ業界だけでなく、幅広い分野で活躍しています。

【広告企画】提供 : 国際武道大学

この記事のテーマ
教育・保育」を解説

保育所や幼稚園、小中高等学校や大学などで、子どもたちを健康に成長させ、学習能力を向上させるための教育方法を学び、研究します。教育の歴史や基本概念などの理論のほかに、教育や保育に携わる専門職(教員や保育士など)になるためには、指導技術や保育の実践的な手法などを、実習を通して学びます。このほか、生涯教育や教育に関わる地域活動など、教育と社会の結びつきや意義についても学びます。

「教育・保育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「教員養成」
はこんな学問です

学校の教員を養成するための学問で、幼稚園、小学校、中学校、高校、特別支援学校などで教員を務めるための免許取得を目的とする。教える教科である国語、数学、社会などの専門科目と併せて、教育心理学や生徒指導、発達に関する教職科目を学ぶ。なお、教員養成課程以外の学校でも、中学校・高校・幼稚園教諭の資格を取得できる場合があるほか、コンピュータ教育を専門に行う「情報教育」や「生涯教育」など専門特化された教員を養成する学校もある。

「教員養成」について詳しく見る

この記事のテーマ
体育・健康・スポーツ」を解説

病気やケガの予防や予後のケアを通して、人々が健やかに暮らせるようにするのが、健康学の理念です。食生活や運動などのライフスタイルや心理状態、検査やリハビリテーションなど、学ぶ内容は多岐にわたります。体育やスポーツは、健康を維持するための身近な方法であるとともに、人生を豊かにする趣味であったり、人によっては職業になることもあります。競技技術の向上だけではなく、メンタルや栄養、指導者のスキルも学びます。

「体育・健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「体育学」
はこんな学問です

身体活動を通じて、健康管理や能力の育成・発展の実現を目的とする学問。社会科学、自然科学など関連する分野の視点も交えて研究する。「スポーツ科学分野」「トレーニング・コーチング分野」「スポーツ管理・経営分野」「生涯スポーツ分野」「武道分野」「保健体育教職課程」などがある。スポーツ選手や、選手育成者を養成することや、社会体育の立場からの指導者を養成するなど、健康管理への関心が高まる現代において重要な役割を果たす学問である。

「体育学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける