人々の “心の豊かさ” を高めて地域社会を活性化 プロスポーツチームを通じた課題への取り組み

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

人々の “心の豊かさ” を高めて地域社会を活性化
プロスポーツチームを通じた課題への取り組み

2020.05.01

提供:新潟経営大学

人々の “心の豊かさ” を高めて地域社会を活性化
プロスポーツチームを通じた課題への取り組み

新潟県内には、サッカーJリーグに加盟するアルビレックス新潟、男子プロバスケットリーグ・Bリーグの新潟アルビレックスBBと2つのプロスポーツチームがあります。そのような環境において、スポーツは人々にどう根付き、人々にとってどれほどの満足度を上げられているのでしょうか? 新潟経営大学の本間崇教ゼミでは、プロスポーツチームを通して県内のまちづくり発展の行方を追究しています。

この記事をまとめると

  • スポーツを活用した施策を展開し “心の豊かさ” を高める
  • スポーツの価値が明確になれば、より豊かな生活になる可能性も
  • 媒介機能を持つスポーツはまちづくり事業に最適

人々を地域に根付かせ、活性化させる一番の要因は“心の豊かさ”

「豊かに暮らす人々が多い=地域に活力がある」と捉えた場合、人々の日常の暮らしにおいて“豊かな暮らし”とは何によって成り立つのか…本間先生(スポーツマネジメント学科講師)は豊かさにおけるカテゴリーの中でも“心の豊かさ”が人々を地域に根付かせていると考えています。少子高齢化、人口減少に歯止めがきかない地方の現状を改革する一つには、東京一極集中の社会構造を見直し、国内全体を活性化させる地域創生が求められます。

昨今、スポーツを活用したまちづくり事業や社会連携の取り組みが各地で注目を集めており、地域振興に寄与するスポーツ活動に対して国からの補助金も準備されています。では、スポーツの力を活用し、どのように心の豊かさを高めていけばよいのでしょうか?

ファンやチーム関係者の意見から、スポーツによるまちづくりを追究

本間ゼミでは「スポーツによるまちづくり~スポーツは地域を元気に、豊かにするか?~」というテーマを掲げ、地域社会を豊かにする上での人々の心の豊かさに着目しています。多様なスポーツとの関わり(スポーツをする・みる・ささえる)を通じた人々の行動の変化・心の変化について、多角的な視点から捉え、考察しています。

例えば「地元のプロスポーツチームを応援することで地域への愛着や誇りは高まるのか?」といった問いに対し、チームのファンにアンケートやインタビューなどの調査を実施し、その情報を基に統計的なデータ分析を進めながら議論を深めていきます。また、プロスポーツチームと地域社会の双方にメリットのある、持続可能な取り組みは何なのか?という点について、チームのスタッフ、職員らの意見も伺いながら、さらに実践的な議論を展開していきます。

重要なことは、スポーツの価値を明確にすることで、私たちの生活にどのように取り込めるかを十分に考え、探ることです。まちづくりの視点において、一人ひとりが豊かに暮らすためにスポーツが寄与する可能性は多分にあります。

多岐にわたるスポーツの役割。ゴールを見据えて研究

今日では、海や山など地域の観光資源を活用したスポーツイベント(マラソン大会やアウトドアスポーツほか)が各地で企画され、食やアートなど他産業との連携による取り組みが広がっています。それらを視野に入れつつ、地域社会の活力を強めていくことをゴールに据えた研究の積み重ねが重要となります。ただし、世の中には「スポーツに興味がない」「スポーツが嫌い」という人も少なくないため、批判的な視点にも目を向けて議論を重ねていく必要があります。

スポーツは社会との親和性が高く、スポーツからビジネスが生み出されたり、異文化理解へとつながったり、地域コミュニティが強化されたりする媒介的機能を持ち合わせています。スポーツを通じて社会を観察することは、様々な視点を持つことへとつながります。

また、これまで体育会の部活動に打ち込んできた学生が、スポーツの価値について本質から学ぶケースがもっと増えていいのかもしれません。競技者としてスポーツにかかわる以上に、スポーツ産業の大きさ、多様性を理解できるからです。

スポーツによるまちづくりにおいて、スポーツが暮らしにもたらす良い影響や、スポーツが地域に溶け込むことで人々の心を豊かにしていることを多角的な視点から捉え、社会におけるスポーツの価値を見出すことが求められています。

【広告企画】提供 : 新潟経営大学

この記事のテーマ
社会学・マスコミ・観光」を解説

あまり共通性のないように思われる3分野ですが、じつは密接な関係があります。観光業界にとってマスコミは「広報」そのものです。マスコミの存在なくして観光業界の発展はないでしょう。もともとマスコミは商品を情報化するために社会学を重視しています。社会が求めている漠然としたニーズを精査し、わかりやすいイメージとして変換して提供するのです。今後、観光業などにおけるマスコミの存在はますます大きくなるはずです。

「社会学・マスコミ・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「観光学」
はこんな学問です

観光学とは旅行業の実務を学ぶだけではなく、観光を通して地域と観光客の交流を生み、地域の活性化にもつなげるための学問である。その目的を達成するために、新しい観光事業の開発プロジェクトを成功させる手法や、観光企業の経営ノウハウ、事業計画の作成方法を研究する。また、観光客として見てまわるだけの観光から、積極的に参加して体験できる観光へと旅行者のニーズは変化している。ニーズを先取りする商品開発も重要である。

「観光学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける