足し算より、掛け算の時代。 「チーム医療」は早めに意識して学ぼう!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

足し算より、掛け算の時代。
「チーム医療」は早めに意識して学ぼう!

2020.04.01

提供:兵庫医療大学

足し算より、掛け算の時代。
「チーム医療」は早めに意識して学ぼう!

ラグビー日本代表がスローガンに掲げ、「現代用語の基礎知識」選 2019ユーキャン新語・流行語大賞 年間大賞にも選ばれた「ONE TEAM」。一つのチームとなって物事に取り組む姿勢は、医療の現場でも、「チーム医療(多職種連携)」という言葉とともに求められています。足し算ではなく、掛け算による「チーム医療」とはなにか? そして、チーム医療の現場で役立つ学びとはなにか? これは、知識や技術にとどまらない、臨床や地域で活躍するための「実践力」についてのお話です。

この記事をまとめると

  • 優秀なプロフェッショナルも、「揃うだけ」では意味がない。
  • 臨床で、地域で。チーム医療における薬剤師の役割と仕事。
  • チーム医療を実践的に学べる、医療総合大学の兵庫医療大学。

すべての医療は、患者さんとその家族のためにある。

みなさんは、チーム医療という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 一人ひとりの患者さんとその家族を中心に、さまざまな医療スタッフたちが一丸となって治療・ケアを行うのが「チーム医療」です。高度化・複雑化する医療の現場では、いくら優秀なプロフェッショナルが集まっていても、チームとして機能しなければ、よりよい医療サービスは提供できません。
ただ、これまでの医療現場では、プロフェッショナル同士のつながりが薄く、優れた能力も足し算にしかなりませんでした。
今、求められているのは掛け算。プロフェッショナル同士が、同じ思いを胸につながって一つになることで、何倍もの力になります。医師や看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士など、多種多様な医療スタッフが高い専門性を前提に、相互に理解・連携・補完し協働することで、初めて最適な医療とケアは実現します。

調剤ばかりじゃない。チーム医療を推進する「薬剤師」の存在。

具体例として、チーム医療における薬剤師の役割や仕事を見ていきましょう。薬剤師といえば調剤の印象が強い職種でしたが、今はそれだけではありません。病棟で医師や看護師らとともに治療にかかわり、患者さんへの服薬指導をはじめ、他の医療専門職者への医薬品情報の提供や処方提案も行うなど、その仕事は多様化してきています。特定の専門領域のエキスパートとして、専門薬剤師や認定薬剤師も注目を集めており、薬物療法や新薬開発、治療方法の研究、医療に伴うリスク管理、医師の負担軽減といった面でも、チーム医療を推進する役割をはたします。

また、「地域」という舞台においてもチーム医療は不可欠です。地域包括ケアはまさにそうで、在宅医療でも医師、看護師、薬剤師、介護スタッフなど、さまざまな専門職者が患者さんの治療やケアに当たっています。今後は病院、診療所、調剤薬局などの情報共有や連携が進み、調剤薬局も地域医療の要となってくるでしょう。

大学・学部の垣根を超えたボーダレスな教育で、チーム医療の実践力を培う。

チーム医療を学ぶためには、各医療専門職者が集まらなければなりません。兵庫医療大学は、薬学部、看護学部、リハビリテーション学部(理学療法学科、作業療法学科)を擁し、同じ法人である兵庫医科大学医学部とも連携する医療総合大学です。4学科+医学部によるチーム医療体制での学びを通して、実際の現場でいきる実践力を培っています。

授業では、薬剤師、看護師、理学療法士、作業療法士、医師など、それぞれの医療専門職をめざす学生が、学部混成の少人数グループを形成し、意見交換しながら学びを深めます。コミュニケーション能力や考える力(クリティカルシンキング)が磨かれるほか、お互いの職域と専門性を理解し合うことで、チーム医療への意識を高めます。

実習においても当然、チームでの取り組みを重視しています。しかも、1年次の前期という早い段階から同法人の兵庫医科大学病院で体験実習を実施。はじめのうちから生の医療現場に接することで、学習へのモチベーションと医療人としての自覚を養います。

多職種連携教育と充実した現場実習によって、在学中に「チーム医療」が身につく。それが、兵庫医療大学の強みです。

〈兵庫医科大学&兵庫医療大学を統合し関西有数の医療総合大学へ〉
学校法人 兵庫医科大学は、同法人内の兵庫医科大学(西宮市)と兵庫医療大学(神戸市)を統合し、創立50周年にあたる2022年4月に、新たな医療総合大学の誕生をめざします。
※大学の統合計画は、文部科学省へ申請状況などにより変更する場合があります。

【広告企画】提供 : 兵庫医療大学

この記事のテーマ
医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」を解説

病気やケガなどによる身体機能や生理機能の変化を治療し、健康な生活が送れるようにするのが、医療の役割です。今日のように高齢化が進んだ社会では、健康で長生きできるようなサポートも重要です。これらの役割を担うのが、医師、薬剤師、看護師、理学療法士などの専門家です。医師であれば解剖学や病理学、薬剤師であれば薬学など、それぞれが専門的な知識と技術を身につけ、連携することで医療の質を向上させる方法も学びます。

「医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「薬学」
はこんな学問です

医薬品の効果・効能、製造方法、管理、供給などについて学び、研究する学問。医薬品の正しい服用方法などを指導する薬剤師、製薬会社などで創薬に携わる研究開発者、医師に対して医薬品の説明を行う医薬品情報担当者(MR)のほか、化粧品開発に関わる仕事に就くなど、進む道は広い。薬剤師をめざす場合は6年制課程を修了し、薬剤師国家資格の取得が必要となる。創薬研究をめざす場合は、4年制課程を経て、企業や研究機関に進む。

「薬学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける