第2回審査委員長・吉田研作先生に聞く!Change Maker Awardsの魅力

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

第2回審査委員長・吉田研作先生に聞く!Change Maker Awardsの魅力

2020.04.24

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

第2回審査委員長・吉田研作先生に聞く!Change Maker Awardsの魅力

中高生のための英語プレゼンコンテスト「Change Maker Awards」。第2回審査委員長の上智大学特別招聘教授言語教育研究センター長 吉田研作先生に、このコンテストの意義や魅力、これから参加する高校生へのアドバイスを伺いました。英語4技能の効果的な習得方法や、言語上達の鍵についても教えていただきました。

この記事をまとめると

  • 英語力よりも内容の面白さ・素晴らしさが重視されるコンテスト
  • 伝えたいという気持ちがあれば、言葉は自然と身についていく
  • 英語4技能は統合して使うことで初めてそれぞれの技能が定着する

きれいな英語を話すことよりも、通じること・伝わることのほうが大切

―― 「Change Maker Awards」の魅力や社会的意義はどんなところにあるのでしょうか?

単なるスピーチコンテストではなく、自分たちで何かを作り出していくところですね。英語はみんな完璧ではないんです。でも自分たちが思っていることを一生懸命相手に伝えようとしてくる。自分たちの興味や関心を「知ってもらいたい!」「同じ気持ちになってほしい!」と訴えかけてくる。言葉だけじゃなく、ビジュアルや身振り手振りも使いながら必死に説得しようとしてくる。そこがおもしろい。積極的にプレゼンテーションしていく経験が得られる、非常に良い大会だと思います。


―― 「Change Maker Awards」を審査するにおいて、先生が最も重きを置いたポイントは?

やはり説得力ですよね。内容の面白さ。しかもそれが論理的に構成されていれば、我々も「なるほどね」と納得させられる。そういうプレゼンテーションが一番評価されます。何より見ていて楽しいですね。「そりゃそうだろうね」という内容じゃ面白くない。
英語力はそれほど重視していません。日本人的な英語であってもいいんです。通じるかどうかのほうがずっと大切。まずは内容の面白さ、素晴らしさ。それがあるプレゼンテーションが高得点を得ます。

「言葉は道具でしかない」という意識から出発しよう

―― 審査をする中で印象的だった出来事を教えてください。

昨年の第2回大会で初めて審査員を務めましたが、全体的に明るくてエネルギーに満ちあふれていた印象です。特に印象に残っている発表は、団体部門銅賞を受賞した高志高等学校(福井県)の「昆布が貢献する持続可能な社会」。昆布は彼らの地域の特産品。それをどうしたら世の中に広められるかを探り、彼らは昆布と塩を混ぜた調味料を開発しました。郷土を大切にし、かつ持続可能な社会への貢献という点においても成果を挙げている。英語力が飛び抜けてよかったというよりも、内容がすごく良かった。思い入れの強さが伝わってきましたね。


―― これからの時代に求められるのは、どんな英語力でしょうか?

英語力よりもまずは気持ちが大切です。
最近中国を訪れた知人から、翻訳機がすごく便利だったという話を聞きました。買い物も日常生活も何でもできたと。でも「一つだけできなかったことがある」と彼は言いました。何だと思います? 友達ができなかったんです。人間関係は機械ではつくれない。きれいな発音や文法を習得することが英語を学ぶ目的なら、今の時代、機械に頼ればいいということになる。まずは気持ちです。誰かとコミュニケーションしたいという気持ち。あるいは何かを学びたいという気持ち。その気持ちに突き動かされていたら自然と言葉がわかるようになっていた。それが理想です。言葉は道具でしかないという意識をまずは持ってほしいと思います。

英語が上手い人はみんな、目的がはっきりしている

―― 実際に英語を使えるようになるには、4技能(読む・書く・聞く・話す)の全てが必要になるでしょうか?

全部必要ですね。どんなに英語を上手く話せても、内容がないと誰も聞いてくれない。内容があるためには、ものを読んで語彙力を増やさないといけない。自分の興味分野について書かれたものなら何でもいいんです。でもそこで終わってもダメ。今度はそれをどう自分の言葉にして表現していくかが大切。聞いた内容や読んだ内容を自分の言葉でまとめ直し、それを話してみる。あるいは書いてみる。それができて初めて「聞き取れた」「読み取れた」と言えます。4つの技能を統合して初めて、それぞれの技能が定着するというわけです。実際にそのように学習している生徒の英語力がやはり一番高いですね。


―― 「Change Maker Awards」への挑戦を考えている高校生へメッセージをお願いします!

繰り返しますが言葉は道具でしかありません。自分が思っていることを相手に伝えるための道具です。大切なのは「伝えたい」という気持ち。海外で活躍するサッカー選手や研究者を見ていても思いますが、英語が上手い人って結局、目的がはっきりしているんです。自分は何を伝えたいのか、どんな思いで伝えたいのか。コミュニケーションの目的やその延長にある目標がはっきりしている人は、話し方も言葉の選び方もどんどん上手くなる。どうすればもっと伝えられるか、興味を持ってもらえるか、説得できるかと考えるようになるからです。
まずは目的や目標を持つこと。それがつかめれば、どんな英語を使えれば良いのか、どんな練習をすれば良いのか、自ずと分かってくると思いますよ。


自分のやりたいことがあり、人に伝えたいことがあるならば、言葉は自然と身につくはずだと吉田先生はおっしゃいます。「Change Maker Awards」は、まさにそのプロセスを経験できるコンテスト。「伝えたい!」「知ってほしい!」という強い気持ちがある人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?


▼「Change Maker Awards」第3回応募要項
https://esibla.or.jp/change-maker-awards/entry

【取材協力】
上智大学特別招聘教授 言語教育研究センター長 吉田研作

(参考)
一般社団法人英語4技能・探究学習推進協会 Change Maker Awards
https://esibla.or.jp/change-maker-awards/

この記事のテーマ
語学・国際」を解説

外国語を自在に使い、コミュニケーションを図る表現力を実践的に学びます。国際情勢などの知識、情報を収集する好奇心、語学力向上の努力が常に求められます。資格取得を目指すカリキュラムもあります。将来の仕事としては、日本語と外国語を翻訳・通訳することで双方の意志疎通の手伝いをするなど、海外との橋渡しをする職業が考えられます。

「語学・国際」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける