高齢者が自分らしく暮らせるまちの医療・看護をめざして…地域で育ち、活躍する看護職が増える時代へ

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

高齢者が自分らしく暮らせるまちの医療・看護をめざして…地域で育ち、活躍する看護職が増える時代へ

2020.05.01

提供:秀明大学

高齢者が自分らしく暮らせるまちの医療・看護をめざして…地域で育ち、活躍する看護職が増える時代へ

少子高齢化が進む今日。高齢者が健康と向き合い、安心して暮らせる地域の仕組みづくりが進められています。実際にどのようなシステムなのか、また看護師はどのような役割を担うのか、注目してみましょう。

この記事をまとめると

  • 高齢者をまち全体が支える地域医療・看護が重要に。
  • 地域に根差した看護師養成プロジェクトが進行中。
  • 高齢者の生活を疑似体験する演習で、相手の立場を考える。

高齢化社会の今、地域での医療・看護はとても重要

高齢者が、身体が不自由な要介護状態となっても、住み慣れたまちで自分らしく過ごせる、一生を穏やかに終えられるまちづくりが、今、日本で進められています。
それは、まちで暮らす人々の住まいや医療、介護、予防、生活支援が一体となって提供される「地域包括ケアシステム」という社会の仕組みです。今後、介助の必要な高齢者が増えることが予想されており、地域での生活を支えるためにも、この地域包括ケアシステムの構築がとても重要です。
そのシステムにおける看護の役割は、病気のお年寄りだけではなく、乳幼児を育てる親や子ども、障がい者など、あらゆる人々を地域で支えることです。
また看護は、医療の支援に加えて、病気の予防の観点に立ち、人々の健康状態に合わせたサポートや自立した生活、医療や福祉などへとつなぐ役割も担います。人々の命と暮らしを安定させるという大きな役割を担っているのです。

医師と連携し、地域に根差した看護師養成の取り組み

団塊の世代が75歳以上となる2025年を目前に地域包括ケアシステムの必要性が叫ばれる今、地域と連携した看護師養成プロジェクトが秀明大学看護学部で進められています。
このプロジェクトは、八千代市と市医師会が、高齢者をはじめとした市民の医療環境を守るために、同校に看護学部の設置をお願いしたことに始まります。この看護師養成事業は、現在は大学、行政、医師会が一体となって取り組んでいます。
地域包括ケアシステムにおいて、看護職は、患者の病気や治療内容を理解し、身体の状態などを的確に観察、評価し、医師と相談するといった医師との連携はもちろん、薬剤師や介護福祉士など、ほかの医療・介護職と協働して地域の人々の健康や生活を守る重要な役割を担います。
秀明大学看護学部においても、市の看護師等修学資金を優先的に受給できる制度を確立するなど、地域に根差した看護師を育成する環境を官学一体となって手厚く支援しています。

高齢化社会への取り組みとして、相手の立場になる授業を展開

『老年看護の方法Ⅰ』高齢者疑似体験演習

『老年看護の方法Ⅰ』高齢者疑似体験演習

秀明大学看護学部では、高齢者の看護を想定した実践的な授業も充実しています。
「老年看護の方法Ⅰ」という必須科目では、老年期の人々の健やかな老いとその支援について学修し、日常生活に焦点をあてた看護の方法と技術を修得します。
その中で、「高齢者疑似体験演習」では、お年寄り体験スーツを装着して老年期にある人の身体となり、日常生活動作を体験することで、加齢による心身の変化が生活行為に及ぼす影響を体験的に学びます。
また人々が、どんな疾病や障がいがあっても、できるだけ自立して「生活の質」 を保ち、その人らしく生活できるように支えることも大切です。相手の立場になって、「生活の質」の観点から支援の内容を具体的に考える素養が、この授業を通して学ぶことができます。
新しい時代の地域医療・看護を見据えたカリキュラムを、今後も秀明大学看護学部は追究していきます。

【広告企画】提供 : 秀明大学

この記事のテーマ
医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」を解説

病気やケガなどによる身体機能や生理機能の変化を治療し、健康な生活が送れるようにするのが、医療の役割です。今日のように高齢化が進んだ社会では、健康で長生きできるようなサポートも重要です。これらの役割を担うのが、医師、薬剤師、看護師、理学療法士などの専門家です。医師であれば解剖学や病理学、薬剤師であれば薬学など、それぞれが専門的な知識と技術を身につけ、連携することで医療の質を向上させる方法も学びます。

「医学・歯学・薬学・看護・リハビリ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「看護学」
はこんな学問です

看護学は、看護師などを養成するための学問である。具体的には、専門科目は「基礎看護学」「臨床看護学」「地域看護学」の3つの科目から構成されている。「基礎看護学」はすべての学習の基本となる看護理論と看護技術を学ぶ。「臨床看護学」では実際に患者と接する臨床という場を視野に入れた看護理論を扱う。「地域看護学」はさまざまな生活スタイルや病状の患者が混在する地域社会の中で患者の生活の質を上げていく看護理論を学ぶ。

「看護学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける