ミュージシャンの「相棒」を助ける達人 ギターリペアマンって知ってる?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

ミュージシャンの「相棒」を助ける達人
ギターリペアマンって知ってる?

2020.04.01

提供:ESPギタークラフト・アカデミー

ミュージシャンの「相棒」を助ける達人
ギターリペアマンって知ってる?

ギターは多くのミュージシャンにとって大切な相棒。でも、ほとんどのギターは木材でつくられているので、水分が蒸発したり、逆に水分を吸ってしまうことで、ネックが反ってしまったり、ボディが変形してしまうほどデリケートな楽器です。このように、置き場所や扱い方によって音色までもが変わってしまう繊細なギターには、メンテナンスや修理が付きもの。保管状態や落下などの事故のせいでほんの少しでも調子が悪いと、ミュージシャンの活動に支障がでてしまいます。そんなギターを修理する「リペアマン」という存在がいるのをご存知ですか?

この記事をまとめると

  • 直すだけじゃない!ギター全般のメンテナンスをするリペアマンという仕事
  • ギターメーカーが母体の学校で、本格的なリペア体験ができる!
  • トップミュージシャンも来校!これからの音楽シーンを担うリペアのプロになろう!

ギターのお医者さん「ギターリペアマン」。テクニックを駆使して理想の音色を生み出す

「ギターリペアマン」はギターの不調を調えたり、修理をする職業です。でも、ただ直すだけがギターリペアマンの仕事ではありません。アーティストの命ともいえる大切なギターが不調をうったえた時、本来の音色を取り戻せるのか、いい状態を保つための正しいメンテナンスを行えるのか、そして弾き手の要望にどこまで応えられるのかが要となる仕事でもあります。ギターのカウンセラー、またはかかりつけのお医者さんと言っていいでしょう。なにより、ミュージシャンの大切な「相棒」を預かるため、責任が重い仕事です。
この仕事に就くには、工具の使い方はもちろん、さまざまな修理法とギターの構造、素材、加工方法などを理解していることが必須です。ギターを製作するギタークラフトマンにも負けない技術と知識が求められます。リペアマンの腕によって音色は大きく左右されるため、経験を積んでいく必要はありますが、ミュージシャンが理想とする音色へ近づけられたときの達成感とやりがいは、大きいものです。何より、大好きなギターと常に一緒に居られるという魅力がある仕事です。

ギター製作や修理を体験できるイベントがあるってホント?

1975年に経験豊かなギタークラフトマンやリペアマンを中心とするスタッフにより創設され、カスタムギター製作と本格リペア&メンテナンス・ショップとしてスタートしたESPグループ。ESPギタークラフト・アカデミーでは、木工機械から塗装設備、治具、工具類などを完備した環境の中で、開発、設計、製作をはじめ、リペア、カスタマイズ、メンテナンス、楽器テクニシャン技術など、ギター・ベース製作に必要な技術を総合的に学ぶことができます。
本校では、ギター好きにはたまらない様々なイベントを毎月開催。授業見学はもちろん、メンテナンス体験、ギターの構造だけではなく、配線やネック調整などもしっかりと学べるほか、ビルドアップ体験などの講座も盛りだくさん。プロミュージシャンのギター製作、リペア、メンテナンスなどを手がけるESP現役リペアマンが直接指導してくれる、貴重な体験となるはずです。
40年もの間多くのミュージシャンを支え続けてきたギターメーカーESPが運営している学校だからこそ実現できるイベントを、ぜひ体感してください。

ギターリペアの技術を本格的に習得できる!ギターに携わる仕事を目指そう!

1983年に自社の技術者育成と楽器業界の人材育成を目的に開校された、ESPギタークラフト・アカデミーでは、「音楽が大好き!」「ギターが大好き!」を仕事にできる学びがあります。
東京校、大阪校ともに同じカリキュラムが学べ、1年次の「製作修理本科」では、ギター・ベース製作修理&リペア技術を習得するための基礎テクニックを学びます。学生は初心者であるという前提で授業を進めるので、ギタークラフトやリペアの知識がなくても心配ありません。
2年次以降の「研究科」ではさらに専門的な知識や技術を習得するためのカリキュラムを用意。「エレクトリックギター&ベースコース」「アコースティックギターコース」「リペア&カスタマイズコース」「クラフト&プレイヤーコース」の4つのコースが設けられているので、自分の目標に合わせて自由に選択できます。
さらに、より高い技術と知識の修得を目指すなら、3年次の「開発科」でのユニークな学びをおすすめします。カリキュラムを自由に設定し、楽器店では売られていない自分だけのオリジナルギターを製作したり、アーティストとのコラボレーションも可能です。
より高い修理技術の習得を通して、技術者をはじめ、これからのミュージックビジネスシーンのさまざまな場面で活躍するクリエイティブワーカーを目指してください。

【広告企画】提供 : ESPギタークラフト・アカデミー

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「楽器リペアスタッフ」
はこんな仕事です

壊れたり調整が必要になった楽器を修理する仕事。弦楽器、管楽器、ピアノなど自分の好きな、あるいは得意な楽器を専門に担当するケースがほとんど。修理工具の使い方をはじめ、さまざまな修理法を熟知し、各楽器の機能性や構造、素材、加工方法などを理解していること。さらに、楽器を製作するクラフトマンにも負けない技術が求められる。楽器メーカーや楽器店、専門工房などが主な仕事場。フリーランスの立場で活躍するプロもいる。楽器リペア、楽器製作コースを設ける専門学校で学べるほか、弟子入りをする方法もある。

「楽器リペアスタッフ」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける