「歌う」「演奏する」だけじゃない! 「つくる」で音楽に携われる仕事がある!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

「歌う」「演奏する」だけじゃない!
「つくる」で音楽に携われる仕事がある!

2020.04.01

提供:ESPギタークラフト・アカデミー

メイン
テーマ

「歌う」「演奏する」だけじゃない!
「つくる」で音楽に携われる仕事がある!

音楽が好き!楽器が好き!有名ミュージシャンと関わる仕事がしたい!そんな夢を持つ、大の音楽好きの方も多いのではないでしょうか?
実は、世の中には演奏するだけではなく、“つくる”ことで音楽に携われる仕事があるんです。楽器の製作はもちろん、修理や調律なども行う楽器職人の世界。世界で唯一無二のギターやバイオリンを作りあげてミュージシャンに使ってもらえる喜びは、ギタークラフトマンの特権です。メーカーや楽器工房などで活躍できる、“つくる”仕事をぜひ知っておきましょう。

この記事をまとめると

  • 憧れのミュージシャンのギターを作れる?音楽好きのための仕事がある!
  • 行って作って持ち帰る!プロにギターの作り方を教えてもらえるイベントへ行こう!
  • 学生時代からミュージシャンとコラボできる学校で、クラフト技術を徹底的に学ぶ!

ミュージシャンの「相棒」をつくる、ギタークラフトマンはどんな仕事?

よくテレビなどで、「どちらが数億円の楽器でしょう」など、音を聞き分けるコーナーがありますが、これは楽器職人のクオリティがそのまま音に反映されていることになります。それほど楽器をつくる職人(クラフトマン)の腕は音の決め手となるのです。クラフトマンの仕事は、もちろん楽器をつくることですが、単に材料を組み合わせるだけではありません。ギターであれば、ラフスケッチから製図、材質選び、削出し、組立て、研摩、塗装、音の微調整などすべての工程の細部にこだわりながら、1本のギターを作り上げていきます。
楽器は、材料の種類や形状で音に変化が出てしまうデリケートなもの。何十種類もの中から木を選び、形にこだわり、最高の音が鳴る1本を作り上げていくので、素材を判断する目と確かな音感、そして優れた技術力が必須となります。また、カスタマイズやリペアなどもギタークラフトマンの大切な仕事のひとつです。
この仕事をするにはなにより、ギターが好きであること、そして音のメカニズムを深く知ることが大切。ギターメーカーからの発注はもちろん、腕が信頼されればプロのギタリストから直接オーダーがくることも夢ではありません。奏でる音を左右するミュージシャンの「相棒」を自ら仕上げられるかもしれないこの仕事は、音楽好きにはたまらない職業と言えるでしょう。

ESPギタークラフトアカデミーのオープンキャンパスで、本格的なギター作りに挑戦!

最高にいい音を奏でるギターを作ってみたい!と思っても、どうやって作るのかわからない方も多いかと思います。ギタークラフトマンが実際にどのような仕事をしているか興味を持ったなら、 ESPギタークラフトアカデミーのオープンキャンパスがオススメです!
1975年に経験豊かなギタークラフトマンやリペアマンを中心とするスタッフにより創設され、カスタムギター製作と本格リペア&メンテナンス・ショップとしてスタートした ESPグループ。この本物のギター製作技術を東京と大阪で学ぶ事ができます。
また、ギター好きにはたまらないさまざまなイベントも毎月開催。授業見学はもちろん、エフェクター製作実習、塗装体験、ギター木工加工体験などのさまざまな実習体験など、作って持って帰ることもできる講座が充実しています。プロ・ミュージシャンのギター製作、リペア、メンテナンスなどを手がける ESP現役クラフトマンが直接指導してくれる、貴重な体験となるはずです。
さらに、東京校は楽器店が多く立ち並ぶ御茶ノ水駅にキャンパスを構えており、イベント参加後には楽器店巡りも楽しめます♪
40年もの間多くのミュージシャンを支え続けてきたギターメーカー ESPが運営している学校だからこそ実現できるイベントを、ぜひ体感してください!

アーティストとコラボレーションしてギターも製作も!?さまざまな経験がつめるプロのための学びの場!

ESPギタークラフト・アカデミーでは、ミュージシャンの「相棒」であるギター作りを仕事にできる学びがあります。決して簡単な仕事ではありませんが、国内外で高い評価を受けているギターメーカーである ESPの現役スタッフ達が直接指導してくれるため、最前線の知識を身につけられます。
1年次の「製作修理本科」では、ギター・ベース製作修理&リペア技術を習得するための基礎テクニックを学びます。2年次以降の「研究科」では、さらに専門的な知識や技術を習得するためのカリキュラムを用意。より高い技術と知識の修得を目指すなら、3年次の「開発科」でのユニークな学びをおすすめします。
カリキュラムを自由に設定し、楽器店では売られていない自分だけのオリジナルギターを製作したり、アーティストとのコラボレーション企画に参加することも可能です。さらに、希少価値が高く、高価なモデルに使われる特殊素材を使用できるのも魅力の一つです。
より高い技術と知識の修得をめざし、自身のクラフトスタイルを確立して将来の夢に近づいてください!

【広告企画】提供 : ESPギタークラフト・アカデミー

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「楽器職人」
はこんな仕事です

音楽の演奏に欠かせない楽器をつくる専門の職人。ラフスケッチから製図、材質選び、演奏してみての微調整まで、一つの楽器を仕上げるには実にたくさんの細かな工程がある。実際に自分の手で組み立てや塗装などを行う人もいる。量産モデルの原型をつくる仕事と、個人の注文に応じてオーダーメードの楽器をつくる仕事がある。また、楽器のカスタムやメンテナンス、修理などを専門にする職人もいる。職場は楽器メーカーの商品開発部門やリペア工房など。歴史的価値の高い楽器を手がける職人の技術は文化遺産といえる。

「楽器職人」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける