バスケでも世界記録!? 「AI×ロボット」が未来を切り拓く!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

バスケでも世界記録!? 「AI×ロボット」が未来を切り拓く!

2020.03.17

提供:大阪電子専門学校

バスケでも世界記録!? 「AI×ロボット」が未来を切り拓く!

男子プロバスケットボール「Bリーグ」、日本人史上初のNBAドラフト1巡目指名、国際的スポーツイベントでの3人制バスケ採用など、バスケ熱が上昇中!ではトヨタが開発したAIバスケットボールロボット「CUE 3(キュースリー)」はご存じですか? その実力は「ヒューマノイドロボットによる連続フリースロー最多成功数」2020本を達成し、ギネス世界記録に認定されるほど。ゴールまでの距離が変わっても、計算によってシュートを決めます。そして、そのカギを握る『AI画像認識技術』について学べるのが、大阪電子専門学校です。

この記事をまとめると

  • AIとロボットの仕組みや動作のポイントがわかる!
  • ロボットの仕組みやパーツについて、関連ワードがわかる!
  • 大阪電子専門学校「電子工学科」の幅広い学びがわかる!

バスケットボールロボットの秘密「AI画像認識技術」について知ろう。

ヒジやヒザの関節を曲げ、右手にボールを載せて、手首のスナップをきかせたシュートを放つ。AIバスケットボールロボット「CUE 3(キュースリー)」のカギは、胸部にあるカメラとAI(人工知能)にあります。まず、カメラでゴールを認識して距離を計算。どう動くとボールが入るかを処理して、プレーを再現する仕組みです。

大阪電子専門学校の電子工学科では、AIの基本やAIの導入部分(画像認識の初歩など)の原理・仕組みのほか、「ロボットアーム」や「関節の仕組み」など、ロボット製作の先端技術を学ぶことができます。「メカトロニクス」の授業では、電気・電子のみならず機械分野(材料・機構)の基礎知識を習得。「ロボット工学実習」では機構、ソフトウェア、マイコンについて学び、自分たちでロボットを設計・製作します。

テーマは「AI×ロボット」。ロボットを滑らかに動かすには?

ロボットの動きの滑らかさのカギを握るのは、「アクチュエータ」と呼ばれる部分です。コンピュータの出力した電気信号を、物理的運動に変化させる主要パーツになります。大阪電子専門学校では、ロボットを動かすために不可欠な電気・電子回路の知識、「ラインセンサー」「モーター」「ギア」など、ロボットの全身の関節に使用するパーツについても学びます。

近年、AIの進化は凄まじく、2045年にはシンギュラリティ(技術的特異点)に到達するといわれています。大阪電子専門学校では「AI×ロボット」をテーマに掲げ、「人工知能とともに、これからのIT社会を切り拓く人材を育成します!」をスローガンに理想の教育を追求。2年間の座学と実習を通して、「AI×ロボット」の基礎知識・技術を身につけます。

ロボットから家電、音響まで。大阪電子専門学校「電子工学科」の5コースを紹介!

【ロボットコース】
世界で大きく評価される日本のロボット技術。どんな最先端のロボットにも、動作のために最低限必要となる基礎があります。本コースでは、ロボット技術の基礎となるモーター制御やマイコンのプログラミング知識、機械工学、AIなどについて、一から専門的に学ぶことができます。また、2年次には自分で設計したロボットを製作します。

【電子コース】
身近な電子機器の仕組みの基本となる電子工学を、基礎から応用まで学びます。電子回路の基礎学習からマイコンの製作などの実習を通して、身近な電子機器から自動車などのマイクロコンピュータ応用機器の回路設計、デザインに必要となる知識と技術を修得します。

【情報通信コース】
携帯電話、インターネットなど多様化が進み、また情報伝達の高速化、大容量化が求められる情報通信の世界。その最新のデータ伝送やネットワーク技術を基礎から学び、実習を通して施工技術を身につけ、ますます多様化する情報通信手段に対応できる即戦力のネットワークエンジニアやIT技術者を目指します。

【家電サービスコース】
エアコン、テレビ、冷蔵庫といった生活に欠かせない家電製品のサービス技術を学びます。例えばエアコンの場合は、「取り付け」「移設工事」「冷媒の充填方法」「配管のフレア加工から工事・検査まで」、実習を通して修得していきます。

【オーディオコース】
音響は「音」の一部であり、すべての音楽は音響技術によって支えられています。このコースでは、電子および電気回路、音響技術の知識を基礎から学び、音響機器製作や音響専門実習を通じて音響設備のプランニングなど、確かな技術力のあるサウンドエンジニアを育てます。

また、オープンキャンパスでもAI講座の時間があり、画像認識技術について知ることができます。

今は知識ゼロだとしても、最先端の授業でスペシャリストへ。あなたと世界の未来を切り拓きましょう!

【広告企画】提供 : 大阪電子専門学校

この記事のテーマ
機械・電気・化学」を解説

製品を効率よく大量に生産する機械の製造・操作・保守に関わったり、電気、石油やガスなどのエネルギーを安定かつ安全に供給する設備を運営・管理したりするための知識や技術を身につけます。機械や電気、化学物質を取り扱う資格取得を目指すカリキュラムが中心。危険物を扱うことも多いため、仕事への注意力や慎重さも身につける必要があります。

「機械・電気・化学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「電子・電気系研究・技術者」
はこんな仕事です

日常生活をより便利にする電子機器・電気製品は、電気が供給されなければ稼働できないものが多数ある。そんな電子・電気機器を企業や一般家庭などに分配し、供給するシステムを構築するのがこの仕事。研究を続けながら新製品の開発も行う。品質の高さはもちろんのこと、耐久性やエコなど、時代のニーズに合った製品を次々と開発していかなければならない。電子・電機メーカーに所属することが多いが、大学や公的機関で研究をする人もいる。

「電子・電気系研究・技術者」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける