音楽をとことん楽しみ、表現方法を追究!音楽を仕事にするために第一歩を踏み出そう。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

音楽をとことん楽しみ、表現方法を追究!音楽を仕事にするために第一歩を踏み出そう。

2020.03.01

提供:尚美学園大学

メイン
テーマ

音楽をとことん楽しみ、表現方法を追究!音楽を仕事にするために第一歩を踏み出そう。

皆さんの中には、お気に入りのアーティストや演奏家の曲を、毎日聴いたり演奏することで、その世界観や心地良いメロディに魅せられ、同じ道に進みたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
大好きな音楽を仕事にするために大切なことは、将来どんな仕事を目指せるかを知り、好きな音楽を表現する方法をとことんまで学ぶことが大事です。ここでは音楽を仕事にするにはどんな道があるのか、そのための学びにはどのようなものがあるのかを伝えていきます。

この記事をまとめると

  • 音楽に関わる仕事はアーティスト以外にもたくさんある!
  • エンターテインメントな世界でなくても夢を叶えられる
  • ポップスで表現力と演奏技術を磨いて音楽を仕事にする!

アーティストになる以外にも、音楽を仕事にする道はたくさんある!

ポップスをはじめ音楽のどんなジャンルでも、「大好きな音楽を仕事にしたい」「夢を叶えたい」と思う人はたくさんいると思います。ただ、夢を夢のままとしてあきらめてしまっている人も多いのではないでしょうか。

音楽とはまったく関係のない仕事に就き、休日を利用して趣味として続ける。それも音楽を続ける方法のひとつです。「仕事にできなくてもいいじゃないか・・・」と自分に言い聞かせている人もいるでしょう。でも、音楽で生きていく道は、誰もが一度は憧れるアーティストだけではありません。音楽の裾野は、あなたが考えている以上に大きく広がっているのです。

例えば、コンセプトに沿った曲をつくる作曲家。作曲家がつくったメロディに歌詞をのせる作詞家。音楽制作全般を指揮するプロデューサー。編曲を担当するアレンジャー。レコーディングする楽曲を選定するレコーディングディレクター。レコーディングで演奏するスタジオミュージシャン。ライブでアーティストを支えるサポートミュージシャン。

アーティストの周囲だけでも、音楽と関わることができる職種はこんなにあります。ですから、たとえアーティストになれなかったとしても、音楽を仕事にするのをあきらめてしまうことはないのです。

学びを活かせるのは、エンターテインメント業界だけじゃない

音楽を学ぶことで拡がっていくあなたの未来は、有名なアーティストたちが作り上げていく華やかで厳しいエンターテインメントな世界にとどまりません。

例えば、キーボードやギターなどの楽器演奏や、作詞・作曲、PCでの音楽制作を学び、中学・高校の教員免許を取得すれば、教師として音楽のすばらしさや、音楽を作る楽しさを伝えることができます。音楽コンクールやスポーツ部の応援で、あなたが作った曲を披露する機会があるかもしれません。
また、音楽スクールのインストラクターとして、ジュニアからシニアまであらゆる年代の方にレッスンを行いながら会員募集やスクールの運営にかかわる、という道もあります。

レコード会社では、アーティストをめざすことで培った感性や経験を生かし、音楽コンテンツの販売戦略、インストアイベントやライブの企画・立案、アーティストのメディア出演の調整など、さまざまな仕事を担うことができるでしょう。将来的には、ライブハウスやレコーディングスタジオの経営者となって音楽シーンを支えていく、という選択肢もあります。

尚美学園大学で音楽に関するさまざまなスキルを磨く!

尚美学園大学では、あらゆるジャンルのエッセンスを取り入れ無限の可能性を秘める、ポップスについてしっかりと学ぶことができます。⾳楽をやりたいという情熱や夢さえあれば、バンド経験や楽器演奏をしたことがない⼈でも大丈夫。⾳楽業界で活躍する教員が基本的にマンツーマンで親⾝な指導を行うので安心して学ぶことができます。

1・2年次には各領域におけるスキルを基礎から身につけ、3・4年次に専門性を高めていきます。楽器の演奏技術だけでなく、音楽人として自立するために不可欠なセルフ・コントロール、セルフ・マネジメントのノウハウも実践的な演習を通じて習得できます。

尚美学園大学の大きな特長である、マンツーマン指導とレッスンを担当するのは、現役のシンガー・ソングライター、ドラマー、ギタリスト、ヴォイストレーナー、ミュージシャンをはじめ、有名アーティストのプロデューサーや現役ロックバンドのキーボード奏者、ベーシストなどのスペシャリスト。
准教授・客員教授としてレッスンを行うので、高い技術をしっかりと学ぶことができます。

また、ポップスを学ぶ上で必要な音楽の3大要素「メロディ・ハーモニー・リズム」に「言葉」を加えた本格的な「ソングライティング」や、実技レッスンではポップススタンダードから多彩なジャンルの洋楽まで、幅広く取り上げたり、他の楽器やヴォーカリストと息を合わせるアンサンブルに必要なリスニング能力を高めることもできるなど、実践的なカリキュラムが豊富にあるので、初⼼者をはじめ、スペシャリストをめざしたい⼈も、すべての領域をマルチにこなせるようになりたい⼈も、安⼼して⼀歩を踏み出すことができます。

授業以外にもオーケストラやジャズのサークルやバンド活動を⾏う学⽣もおり、⾳楽を⽬⼀杯楽しむキャンパスライフを送ることができます。また、他分野の学⽣とコラボによりミュージックビデオを作成したり、⼤学祭のステージコンサートの運営にかかわる機会もあります。

4年間、大好きなポップスと全力で向き合える環境で柔軟表現力と演奏技術を磨き、音楽を仕事にする道を切り拓いてみませんか。

【広告企画】提供 : 尚美学園大学

この記事のテーマ
芸術・表現・音楽」を解説

絵画や造形、声楽や楽器演奏、演劇や芝居、マンガやアニメーションなど、さまざまな芸術分野で、表現者としての感性や技術を磨きます。近年では、活躍の場を広く海外に求め、高い評価を受けている人たちも多くいるようです。作品の制作や演習などの実技はもちろんのこと、それを裏打ちするために専門分野の歴史や理論の授業も行われます。そのため、アーティストとして作品を発表する以外に、指導者や研究者としての道もあります。

「芸術・表現・音楽」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける