「ワクワクぷろじぇくと」で身につける 人を、自分を、ワクワクさせるチカラ

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

「ワクワクぷろじぇくと」で身につける
人を、自分を、ワクワクさせるチカラ

2020.03.01

提供:東北生活文化大学短期大学部

「ワクワクぷろじぇくと」で身につける
人を、自分を、ワクワクさせるチカラ

東北生活文化大学短期大学部では、地域の未来を共に創る人材を育成しています。キャンパスライフを通じて好きな学びに触れている学生が、自分の好きを発展させて提案することにより、まちの人々にも自らの暮らす環境や文化などを好きになってもらおうというのが「ワクワクぷろじぇくと」です。先生のサポートを受けながらも、各学科の学生が主体となって運営するプロジェクトで、平成24年度のスタート以降、実績は300を上回ります。この「ワクワクぷろじぇくと」について、簡単な解説とともにプロジェクトの具体的な事例を紹介します。

この記事をまとめると

  • ワクワク学んだスキルで、ワクワクをまちにつくる
  • 毎回大いに盛り上がる、貴重な体験プログラム
  • アクティブラーニングとフィールドワークを展開

平成24年度のスタート以降、300を超えるプロジェクトを展開

東北生活文化大学短期大学部は、東北生活文化大学とのコラボレーションにより、生活全般に関わる学びを実践しています。学生や教員、みんなが一体となり、地域の生活向上をめざした活動を積極的に行っており、その領域は「ファッション」「食・栄養」「アート」「保育・幼児教育」などに及びます。キャンパスで学んだ知識やスキルをフィールドでフルに活かすものです。
そんななか各学科の学生と教員がタッグを組み、専門分野の強みを活かして行われているのが「ワクワクぷろじぇくと」。学生自身がワクワクしながら考えて実践するなかで、 “まちに住む人がワクワクできるようなプロジェクト”です。平成24年度のスタート以降、300を超えるプロジェクトを展開し、バージョンアップを重ねながら、今後も積極的に推進していきます。

生活文化学科 食物栄養学専攻&子ども生活専攻の事例

【生活文化学科 食物栄養学専攻】では、虹の丘児童センターの小学生を招き「さかな丸ごと食育プログラム~丸ごとイワシ料理を作って食べよう~」を開催しました。魚を丸ごと1匹使った調理をすることで、料理の楽しさや魚料理のおいしさを感じ、魚への興味関心を高めることが目的です。挑戦したレシピは、イワシの蒲焼きとイワシのつみれ汁。学生たちからは、笹かまおろし、ずんだのムースが振る舞われました。子どもたちは最初、慣れない手つきでイワシに触れていましたが、学生たちのサポートを受けながら真剣な眼差しで取り組み、最後まで集中して調理しました。

【生活文化学科 子ども生活専攻】では、錦ヶ丘ヒルサイドモールの中庭ステージにおいて、同専攻の学生による正義のヒーロー「虹色戦隊ミシマレンジャー」による劇を開催しました。この劇は、毎年恒例、大学祭のファンタジーランドにおいて実施している学生オリジナルのショーですが、この日は、まちへ飛び出し、4回の公演を行いました。ショーの始まりを告げる曲が流れ出すと、自然にお客さんたちが集まり、子どもたちも瞳をキラキラ輝かせ、一緒に体を動かしながら、にぎやかな雰囲気の中で楽しんでいただけました。

学びを社会で活かすためのプランやアクションを考察

東北生活文化大学短期大学部では、アクティブラーニングとフィールドワークを重視しています。学生たちが主体的にまちへ飛び出し、まちの人が暮らしに求めるものを実際に聞いた声をヒントに試行錯誤を繰り返します。そのうえで、教員とアイデアを共有しながらクオリティを高めていき、「ワクワクぷろじぇくと」というカタチで発表し、まちの皆さんにお楽しみいただいているのです。
こうした活動の中から、学生時代の学びを社会で活かすためのプランやアクションについて考え、今後在学中に学ぶべきテーマに気づき、理想の実現へ向かって動く推進力となります。

ここに掲載した事例のほかにも、「ワクワクぷろじぇくと」はたくさん行われています。
「もっと詳しく知りたい」「アーカイブを見たい」という方は、ぜひ本学のサイトをチェックしてください。
https://www.mishima.ac.jp/tsb/wakuwaku-project/

【広告企画】提供 : 東北生活文化大学短期大学部

この記事のテーマ
栄養・食物」を解説

食べることから健康な生活にアプローチすることを目的としています。ただ生きるために食べるのではなく、より良く生きるために食べるという考え方です。栄養学は食物に含まれる栄養素について学び、生理学の知識を踏まえ、適切な栄養指導を行います。そのためには栄養学や病理学などの広範な知識も必要です。食物学では人によっては摂取しにくい食材を食べやすくしたり、よりおいしく食べるための調理方法の研究なども行います。

「栄養・食物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「栄養学」
はこんな学問です

栄養と健康との関わりや調理・加工方法などについて研究する学問。食を通じて人々の健康維持や医療分野に役立てることを主な目的としている。学ぶ分野には、解剖学や病理学を用いて研究を行う「医学・科学分野」、医療現場での栄養指導など臨床的な視点から栄養を学ぶ「臨床栄養学分野」、公衆衛生学など社会と栄養との関わりを学ぶ「社会環境分野」、材料化学や調理学、加工学などを学ぶ「食品品質分野」などがある。

「栄養学」について詳しく見る

この記事のテーマ
教育・保育」を解説

保育所や幼稚園、小中高等学校や大学などで、子どもたちを健康に成長させ、学習能力を向上させるための教育方法を学び、研究します。教育の歴史や基本概念などの理論のほかに、教育や保育に携わる専門職(教員や保育士など)になるためには、指導技術や保育の実践的な手法などを、実習を通して学びます。このほか、生涯教育や教育に関わる地域活動など、教育と社会の結びつきや意義についても学びます。

「教育・保育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「保育・幼児教育」
はこんな学問です

児童・幼児の発達・発育を促す保育者、教育者としての知識と技能を専門的に学ぶ。主に保育士や幼稚園教諭、小学校教諭の資格取得をめざすことが目的。保育学や心理学、教育学、保健・体育学などの理論と、教育・保育実習を通して身に付けられる実践力のどちらも大切な学問である。教育系の学校のほか、健康・体育系の一部の学校でも学ぶことができる。実習は、学校附属の幼稚園、保育園などで行われるケースが多い。

「保育・幼児教育」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける