実はたくさんある、「音楽の仕事」をめざす方法。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

実はたくさんある、「音楽の仕事」をめざす方法。

2020.03.01

提供:名古屋音楽大学

メイン
テーマ

実はたくさんある、「音楽の仕事」をめざす方法。

「音楽の仕事」と聞いて、皆さんは何を思うでしょうか。「ごく一部の選ばれた人だけでしょ?」「そんなに甘い世界じゃない!」「結局フリーターなの?」「才能が必要でしょ?」といった厳しい声も聞こえてきそうですが、そんなことはありません。そもそも音楽業界には、演奏家や指導者のほかにも、皆さんの知らない職業がまだまだたくさん存在します。めざすのは、芸術家ではなく専門家。音楽業界で就職するのは、それほど特殊なことではないのです。「音楽が好き」という気持ちがあれば、今から目指すことができます。

この記事をまとめると

  • 演奏家だけではなく、幅広い選択肢がある「音楽の仕事」
  • 教育、治療、ビジネスなど、社会で生きる「音楽のチカラ」
  • 15のコースで道を究める、音楽の総合大学「名古屋音楽大学」

「演奏をしない音楽家」も。音楽の仕事はバラエティに富んでいる!

音楽を仕事にする方法は、「プレイヤー」になるだけではありません。そして、「演奏をしない音楽家」だって存在します。音楽に関わる仕事として、例えば次のような領域や職業が挙げられます。

音響、照明、舞台、映像、MA、音響効果、特殊効果など(主に機材の操作をする仕事)。メイク、衣装、振り付け、ローディなど(アーティストのアシスタントをする仕事)。プロダクション、プロモータなど(コンサートを企画する仕事)。他にも、出版や教育、楽器の販売など……。音楽業界と一口に言ってもこんなにも幅が広く、選択肢はたくさんあります。

1976年に開学した名古屋音楽大学は、まさに音楽を仕事にするための、音楽の総合大学です。演奏家、音楽教員をはじめ、舞台裏から音楽業界を支えるプロフェッショナルなど、多くの卒業生を輩出しています。さらに、音楽を学ぶことで養える視点は、社会のさまざまなフィールドで生きるものです。

社会で生きる、「音楽教育」「音楽療法」「音楽ビジネス」の学び。

名古屋音楽大学には、実技系以外に次の3コースがあります。

<音楽教育コース>
奏でる喜びと学ぶ楽しさを伝えていく教育者をめざすコースです。音楽教員としての知識・技術、指導力を身につけながら、「教えるとは何か」「伝えるとは何か」について深く研究していきます。知見を広げ、技能を磨き、豊かな人間性を育成する力を養います。

<音楽療法コース>
理論と実践のバランスのとれた、即戦力となる音楽療法士をめざします。それは、音楽で人を“元気”にする専門家です。音楽療法には、2つの視点があります。一つ目は、歩けなくなった人を歩けるようにしたり、話せなくなった人を話せるようにしたりする、音楽を使って「治す視点」です。二つ目は、生まれつき障がいのある人の生き辛さを、音楽を使って「和らげる視点」です。名古屋音楽大学の大学院では、上級音楽療法の技法と研究を学ぶことができるほか、キャンパスを共有する同朋大学との単位互換により、福祉系科目の履修も可能です。

<音楽ビジネスコース>
舞台、音響、照明、企画、制作、運営、プロデュース、マネジメントなど、音楽ビジネスに必要なカリキュラムを体系的・専門的に学びます。在学中から、さまざまな演奏会などの豊富な実践・実習を通して、プレイヤーとリスナーの架け橋となれる音楽力やマネジメント術を習得します。バックスステージの主人公をめざしましょう!

将来の可能性を広げる15コースと、独自に展開する吹奏楽指導者養成プログラム。

名古屋音楽大学は、音楽学科1学科の15コースと大学院からなります。総合的に音楽に接する場、音楽や音楽を愛する人たちとの出会いの場として開かれた、伝統ある大学です。

<それぞれの専門性に特化した、将来の可能性を広げる15のコース>
ピアノ演奏家コース/ピアノコース/管楽コース/弦楽コース/打楽コース/邦楽コース/声楽コース/舞踊・演劇・ミュージカルコース/作曲・音楽クリエイションコース/電子オルガンコース/ジャズ・ポピュラーコース/音楽教育コース/音楽療法コース/音楽ビジネスコース/音楽総合コース

また、吹奏楽の指導法について考え、指導する技術を学ぶ「吹奏楽指導者養成プログラム」も充実しています。これは、教員自身が「学生時代に、こんな授業があってほしかった」という思いを具体化したもの。学生の目標ごとに専門性を究めながら、音楽家として向上していくことで、指導のクオリティーを高めていける授業です。


名古屋音楽大学で学び、あなたも音楽の仕事に就くことをめざしませんか?

【広告企画】提供 : 名古屋音楽大学

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける