英語力×人間力 将来の可能性を大きく広げるためには何が必要?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

英語力×人間力
将来の可能性を大きく広げるためには何が必要?

2020.03.01

提供:国際マルチビジネス専門学校

英語力×人間力
将来の可能性を大きく広げるためには何が必要?

みなさんは、誰から英語を学びたいですか?現代のビジネス界は、英語力必須の職種が確実に増えています。また、将来、語学力を生かして国内外で活躍したい、という夢を持っている人も多いことでしょう。しかし、これからの時代は英語力にプラスして人間力も必要な時代へと移りつつあります。いま、各ビジネス業界でも同じように、英語のスキルだけでなく、マナーや心遣いといった“人間力”が備わっている人材が求められています。

この記事をまとめると

  • 大切なのは、「誰から英語を学ぶのか?」
  • 実践的かつハイレベルな英会話の必要性
  • CEP(セップ)制度でスキルを磨ける画期的なプログラム

「誰から英語を学ぶのか?」

国際イベントの開催やインバウンドの増加に伴い、あらゆる場面で英語力が問われる時代。語学力の重要性は誰もが感じていることと思います。

しかし、実際、仕事として英語は活かせるのでしょうか?

英語が活かせる仕事には、「児童英語教師」「バイヤー」「ツアーコンダクター」「通訳者」「通訳案内士」「ホテルスタッフ」「外資系企業スタッフ」「グランドスタッフ」「ランドオペレーター」などがあり、また、最近ではグローバルに展開している企業が増えていることもあり職業の幅はますます広くなってきています。そして、これらは、英語力だけでなく人間力が求められる仕事ともいえます。
その中でも、「ホテルスタッフ」は、フロント・ドアマン・ベルスタッフ・バンケットスタッフなどと様々な仕事があります。近年では外国人観光客の利用も増え、ホテル業界も、今までのありかたでは対応できないこともあり、その場に合った英語でコミュニケーションがとれる人材を求めています。
より柔軟で高度な英語を話せる人が必要とされてい今、「誰から学ぶのか?」ということがとても重要だといえます。
英語を活かした仕事にするためには、ネイティブならではの発音や言い回しがしっかりと身に付き、また、総合的な視点で国際感覚が身に付く、実戦的かつハイレベルな英会話指導を受けることが必須ともいえます。
今後、英語を学ぶための学校の選択肢として、「実際にビジネスで活躍し、活きた英語が教えられる講師」が指導を行っていることも条件となるのではないでしょうか?
また、「なりたい職業」をピックアップし、それに必要な英語を学ぶことで、より意欲的に英語を身につけることができるといえます。

実践的かつハイレベルな英会話がジシンにつながる!

国際マルチビジネス専門学校の「総合英語学科」では、高い英語力が身に付く実践的カリキュラムが組まれており、様々な英語を必要としている職業に対応できる人材を育てています。
講師陣もビジネスシーンの第一線で活躍してきた国際色豊かで、ビジネスパーソンに必要な実践的かつハイレベルな英会話を指導しています。ネイティブならではの発音や言い回しがしっかりと身に付きます。
そのように、実践的な英語を身に付けることで自分に自信が持て、コミュニケーションもより豊かになります。
さらに、「総合英語学科」では、約4ヵ月間の留学が必修。行先は、アメリカ・サンフランシスコ、イギリス・ロンドン、カナダ・バンクーバー、オーストラリア・シドニーの4か国4都市から選び語学を身に付けます。休学扱いにはならず単位認定されるので、2年間で卒業できるというのが嬉しいポイント。留学を通じて総合的な視点で国際感覚も養えるので、将来の可能性が広がります。
また、「総合英語学科」では、就職はもちろん大学編入学も可能で、さらに専門的な知識を学ぶことができます。

働きながらスキルを磨ける画期的なプログラム、CEP(セップ)制度

国際マルチビジネス専門学校は、「総合英語学科」以外にも、「国際ホテル学科」・「国際観光学科」に「外国語専攻」があり、ホテル業界・旅行業界・航空業界への就職をするための専門知識のほか、英語の学習をカリキュラムに取り入れています。また、これからの旅行業界で仕事の幅が広がることが期待される中国語も基礎から学べるのも特長です。
ホテル業務や旅行業務のノウハウをしっかりと身につけた上で、外国語でのおもてなしのできる国際的な感覚を身につけたプロフェッショナルを育成しています。

国際マルチビジネス専門学校には、社会に出て即戦力として活躍できるためのさらなるバックアップ制度があります。それは、国際ホテル学科のCEP(セップ)制度で、学校の提携ホテルでアルバイトできる、業界支援プログラムです。
学校で習った知識や技術をすぐに実践できるのがポイントです。特にホテルは、実際に働いてこそ学べることも多い仕事。それだけに早くから現場に出て経験を積めることは、大いに自信となります。アルバイト代が貰え、授業のない時間だけを利用するので、学業に支障はありません。また、実戦経験は即戦力として評価してもらえるので、就職活動にも有利になります。

英語力 + 人間力ではなく
英語力 × 人間力で将来の可能性が大きく広がります!

【広告企画】提供 : 国際マルチビジネス専門学校

この記事のテーマ
語学・国際」を解説

外国語を自在に使い、コミュニケーションを図る表現力を実践的に学びます。国際情勢などの知識、情報を収集する好奇心、語学力向上の努力が常に求められます。資格取得を目指すカリキュラムもあります。将来の仕事としては、日本語と外国語を翻訳・通訳することで双方の意志疎通の手伝いをするなど、海外との橋渡しをする職業が考えられます。

「語学・国際」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「通訳」
はこんな仕事です

異なる言語を話す人たちの会話を仲介する仕事。国際会議や国際セミナーをはじめ、放送や商談、法廷など通訳の現場はさまざま。グローバル化が進み、日本を訪れる外国人はますます増え、ビジネスの面でも海外とのやり取りが注目されている。通訳の仕事は、異なる言語を話す相手同士がビジネスを円滑に進めるには必要不可欠であり、ニーズは増えるものと考えられる。現在、通訳として活躍する人の多くがフリーランスとして派遣会社に登録している。中には正社員で通訳者を抱える企業もある。

「通訳」について詳しく見る

この記事のテーマ
旅行・ホテル・ブライダル・観光」を解説

目指す業界の専門知識を学び、パソコンなどのスキルを身につけます。旅行・観光では資格取得や採用試験対策、ホテル・ブライダルでは、現地実習を通して実践力を養う研修が多く含まれます。共通して求められるのは、ゲストに非日常のサービスや空間を提供する接客技術やサービス精神。不規則な勤務に対応できる体力の養成も求められます。

「旅行・ホテル・ブライダル・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ホテルスタッフ」
はこんな仕事です

宿泊客が心地よくホテルを利用できるようもてなすことが仕事。ホテルスタッフと一口にいっても、その職種は実にさまざま。ホテルの従業員の先頭に立って指示を出すホテル支配人をはじめ、ホテルに着いた宿泊客を迎えるドアスタッフ、チェックイン・アウトの管理や会計を行うフロントスタッフ、荷物の預かり役を担うクロークなど多岐にわたる。24時間体制でスタッフが交代しながら営業するのが基本。ホテルの規模によっては職種を兼務することもある。

「ホテルスタッフ」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける