社会で活躍できる「専門性を持った教養人」を目指す!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

社会で活躍できる「専門性を持った教養人」を目指す!

2020.04.01

提供:青森公立大学

社会で活躍できる「専門性を持った教養人」を目指す!

青森公立大学は「経営経済の専門性を持った教養人の育成」を教育目的に掲げています。
経営経済に関する専門的な知識のみではなく、国際的な視野と常識を養い、人間社会に関わる教養と経営経済の専門知識を兼ね備える人材を育成する青森公立大学についてご紹介します。

この記事をまとめると

  • 全国的にも数少ない「経営」「経済」「地域」を融合させた経営経済学部
  • 「専門知識と教養」で現代社会に求められる人材を育成
  • 全国的にも高い就職率を誇り社会で活躍できる人材を輩出

「経営」「経済」「地域」を融合させ、「多様なものの見方」で問題解決に立ち向かう力を養う

自分自身と社会に役立つ実践的な学びは、社会の実態に合わせた「生きた」もので、人々の暮らしや社会に活かせるものでなければなりません。

私たちの社会は、ヒト、モノ、カネ、情報などの限られた資源をより効果的に組み合わせ、活かしていくことで、日々の暮らしや社会が豊かになっていきます。

そうした資源の価値に着目するのが「経営」であり、資源の取引が行われる市場に着目するのが「経済」であり、経営・経済の諸活動が展開される現場に目を向けるのが「地域」です。

青森公立大学経営経済学部は、全国的にも数少ない「経営」「経済」「地域」を融合させ、多様なものの見方、問題解決に向けた実践的な姿勢、能力を養う学部です。

21世紀に求められる人材を育成 ‐カリキュラムの3つの柱‐

青森公立大学のカリキュラムは、「経営」「経済」「地域」の専門科目に加え、アカデミック・コモンベーシックス(ACB)と教養科目からなる3つの柱で編成されています。

アカデミック・コモン・ベーシックスは、社会の国際化・情報化に対応した、どんな職業に就いても役立つカリキュラムで、多くのビジネスシーンで使うことができる、より実践的な「外国語科目」、社会で役立つコミュニケーション力やプレゼンテーション力を養う「コミュニケーション・スタディーズ科目」、情報機器を効率的に使うための知識や技能の修得と、情報について科学的な見方・考え方を養う「情報科目」で構成される教育プログラムです。

教養科目は、文学・哲学・芸術・法律・文化・科学・生命など、豊かな人間性と自由な発想を育むための「知的素養」の修得を目指す科目が設定されています。

このほか、大学卒業後の自分の将来を考える「キャリア意識」を育むための「キャリア科目」も設置しています。

専門知識のみならず、自由な発想で広く人間社会に対応できる知識・教養・常識を兼ね備え、活用できる人こそが日々変化する21世紀の現代社会に求められる人材です。

充実したキャリア支援で就職決定率99.7%

さて、これまで「教育に責任を持ち、社会に対して教育の質を保証する」ことを教育理念の一つに掲げる青森公立大学の「教育」についてお話をしてきました。
次に、青森公立大学が教育以外で力を入れている「キャリア支援」についてもお話したいと思います。                    
青森公立大学を2019年3月に卒業した卒業生の就職率は99.7%。就職希望者288名のうち、287名が就職決定しました。これは全国的にも非常に高い数字です。

青森公立大学では、入学後すぐにキャリア支援のガイダンスを実施します。入学式終了後に「新入生と保護者のためのキャリアガイダンス」を開催し、これから4年間を過ごすにあたっての準備をしてもらいます。
 
また、全学年を対象としたイベントやガイダンスを定期的に開催し、就職活動を控える3年生はもちろん、1・2年生の早い段階から、キャリア形成を意識してもらいます。
 
年2回開催している「キャリア形成講座」では、社会で活躍されている方を招き、自己分析や職業観形成をはじめ、就職活動の実践的な内容などを学習する機会としています。

加えて、業界研究や志望動機を深めること、それに伴うキャリア選択の幅を広げることを目的として、「県内企業バスツアー」を毎年開催しています。昨年度も、全11コースで、公務、金融・保険、卸売・小売、製造業、サービス業と多様な業種の企業・団体計33社を訪問し、延べ239名の学生が参加しました。

そのほかにも、全学年を対象とする業務説明会や各種ガイダンスは、毎月開催され、多くの学生が参加し、将来へ向けてのビジョンをより具体的に養っています。

そういったキャリア支援の中心となるキャリアセンターには、民間企業で長年採用活動に携わってきたスタッフが配置され、特に学生と企業とのミスマッチを防ぐために、就職活動にかかわる様々な相談や模擬面接、履歴書の添削、求人の情報の紹介など、きめ細やかな就職支援を行っています。

このように、青森公立大学は社会で活躍できる専門性を持った教養人を育成し、充実したキャリア支援で多くの学生を社会に送り出している大学です。

【広告企画】提供 : 青森公立大学

この記事のテーマ
経済・経営・商学」を解説

そもそも「どうすればお互いにとって必要な物資が手に入れられるか」という極めて単純な動機から始まった商取引が、極めて高度に煩雑化してしまいました。だからといって、すでに引き返すことができないのは事実であり、現状を正確に把握して最適な選択をするのが私たちの役割でしょう。しかも、単純に取引価格だけですべてが決まる時代ではありません。国家間の争いや異常気象など、カバーしなければならない要素が目白押しです。

「経済・経営・商学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「経済学」
はこんな学問です

人間の生活に必要なものを生産して流通させる経済活動を研究対象とし、その歴史や仕組み、法則性などを明らかにする学問である。まず、経済にはマクロとミクロの視点があり、マクロ経済学では国レベルでの景気動向や経済成長について研究し、ミクロ経済学では、個人消費や企業活動の分析が中心となる。また、市場経済に焦点を当てるマクロ・ミクロの経済学だけでは経済のすべてを学ぶことはできない。たとえば、環境や福祉といった公共性の強い分野を研究する環境経済学、公共経済学などの科目もある。

「経済学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「経営学」
はこんな学問です

主に企業の経営管理について研究する学問。企業は、働く人、設備や機械、資金などで構成されているが、さらに人に役割を与えて配置した組織、資金をどういう配分で使うかという戦略、顧客ニーズをどうつかむかという情報なども重要である。また、企業活動を方向付ける経営理念の研究は欠かせない。それぞれの企業が設定した理念が、意思決定の基準となるからである。そして、株主や取引先、地域社会との関係をどう管理していくかも研究の対象となる。

「経営学」について詳しく見る

この記事のテーマ
社会学・マスコミ・観光」を解説

あまり共通性のないように思われる3分野ですが、じつは密接な関係があります。観光業界にとってマスコミは「広報」そのものです。マスコミの存在なくして観光業界の発展はないでしょう。もともとマスコミは商品を情報化するために社会学を重視しています。社会が求めている漠然としたニーズを精査し、わかりやすいイメージとして変換して提供するのです。今後、観光業などにおけるマスコミの存在はますます大きくなるはずです。

「社会学・マスコミ・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「地域社会」
はこんな学問です

国内外の都市部・農村部を問わず、地域社会の問題にアプローチし、実証的な調査・研究を行う学問。大きく分けると、2つに分けられる。一つは、地域行政のあり方を問い直し、地域住民・地元企業との連携を図って問題を解決する方法を探る地域行政学。もう一つは、グローバル化による急激な変化から地域の文化遺産を意識的に守り継承していく方法について研究する地域文化学である。2つは別々の学問ではなく、同じ問題意識を行政と文化という別の視点から考察している。

「地域社会」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける