この学びは、未来につながっている。

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

この学びは、未来につながっている。

2020.03.01

提供:九州国際大学

この学びは、未来につながっている。

インドネシアの歯ブラシは、ヘッド部分が日本のものの倍ぐらいの大きさだって知っていました? そんな、生活の中の小さな違いから、政治、経済、社会、文化といったさまざまな分野まで。国籍や人種、宗教による違いを知ることは、世界の人たちと信頼関係を築く第一歩となります。異文化を理解し、互いの価値観を認め合う。それは、グローバル社会で活躍するうえで、語学と同じくらい重要です。そして、語学力と国際教養を備えた“真の国際人”を育成する「国際社会学科」が、福岡県にあること、あなたは知っていますか?

この記事をまとめると

  • 語学だけではない、“真の国際人”になるための要素とは?
  • 世界を相手に活躍するうえで知っておきたい、日本との違い
  • グローバル人材を育成する、九州国際大学「国際社会学科」

世界の動きが、日本の経済や社会に影響する、グローバルな世の中。

アメリカの金融危機を発端とした世界規模の経済不況や、タイで起こった洪水による日本企業の生産能力の低下。ここ数年の出来事を見ても、経済や社会が国境を超えてつながっていることがわかります。イギリスのEU離脱問題(国民投票でEU離脱派が勝利)では円高が加速。投資家が円を買い、日本円の信用が高まりました。また、戦争や宗教革命などで中東情勢が不安定になればなるほど、ガソリン価格は上昇する傾向にあります。そんな、お金やモノ、人材、情報がつながるグローバルな社会で活躍するためには、単に語学力だけを高めればいいわけではありません。相手の国の文化や習慣を知ること、さらに考え方の違いを受け止めたうえで、他者を理解する豊かな人間性が必要になってきます。

違いを理解することで、本当のコミュニケーションが始まる。

文化や習慣の面では、たとえば家の中でも靴を脱がない、商品に勝手に手を触れない、チップの有無や渡し方といった違いがあげられます。ビジネス面では、欧米はどちらかというと、一人ひとりの利益を重視する個人主義です。協調を重視する集団主義の日本人には、自分勝手に思えるかもしれません。ビジネスマナーの常識もそれぞれの国で異なります。海外で働く場合も、日本にいながら海外の企業とやりとりする場合も、国による違いを理解しておくことは、相手を尊重し、信頼関係を築くうえで不可欠です。

世界の人とコミュニケーションするための、確かな国際教養と語学力を身につけることができるのが、九州国際大学の「国際社会学科」です。同学科では、充実した講義や独自の語学プログラムをはじめ、海外実習制度やプロジェクト研究など、さまざまな経験を積む機会を提供。人とつながりながら問題を見つけ、解決のために努力できる、グローバル人材を育成しています。

“真の国際人”を育成する、「国際社会学科」とは?

国際人としての教養に基づいた、国際社会に貢献するための能力を身につけます。それは、政治、経済、社会、文化といったさまざまな分野から多角的・多面的に世界を見ることができる能力です。くわえて、英語、韓国語、中国語など、外国語の運用能力を高めます。それは、単なる外国語学習にとどまりません。世界の諸地域の事情や現状を学んだり、海外留学や海外実習という体験を通して異文化理解を深めたりしつつ、「実践的な対話能力」としての外国語の運用能力を習得します。

また、授業には主体的な取り組みを促す実習や演習も多く、「社会人基礎力」(コミュニケーション能力や課題を発見する能力、課題を解決するために探求を進めていく能力)の養成をめざしています。

【広告企画】提供 : 九州国際大学

この記事のテーマ
国際・国際関係」を解説

国際問題とひと口に言っても、貧困問題や民族間紛争、資源や食料、環境問題、経済的な競争や協調など、じつにさまざまです。こうした問題を抱えた国際社会で活躍できる人材となるためには、語学力はもちろん、世界各地の文化、経済、政治、法律など、学ばなければならない範囲は多岐にわたります。実際に海外で活動するためには、異文化への理解やデリケートな国際感覚も求められます。留学生との交流や自身の留学も役立つでしょう。

「国際・国際関係」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「国際関係学」
はこんな学問です

世界各地と日本、または研究対象に選んだ地域の問題を、歴史学・社会学・経済学・政治学など幅広い学術的な視点から理解・分析する学問。国際社会のさまざまな問題を把握し、国際的な政治、経済、法律も活用して、異文化地域や利害関係を持つ国家・地域同士が共存を図る方法を見出していくために大切な学問である。外資系企業、旅行業界、海外取引のあるメーカーのほか、公務員や教員など学びを生かせる仕事の幅は広い。

「国際関係学」について詳しく見る

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける